ブルーロック

ブルーロック【115話】最新話ネタバレ感想|先制点を上げたのは?

こんにちは。ひらりです。

2021年1月20日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【115話】「糸師冴」を読みました。

114話では、キックオフと同時に攻めるブルーロックチーム。しかし、U20日本代表の守備は強固です。愛空を中心とし、ブルーロックの攻撃陣を完璧にシャットアウト!!

さらにボールを奪った愛空は・・・前線にいる冴にボールを送りました。

それでは、この記事では、ブルーロック【115話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「週刊少年マガジン」を無料で読む

ブルーロック【115話】最新話ネタバレあらすじ

愛空からボールを受け取り、ドリブルを始める冴。

その動きに反応し、千切が詰めています。

蜂楽がポジションを上げた今、ディフェンシブなポジションをとっていた千切。

スピードを生かし、冴を止めるつもりでしました。

しかし・・・その決意をあざ笑うかのように、前線にパスを出す冴。

50m以上の低弾道パスを、正確な場所に蹴り込みます。

その一瞬で、驚愕のスキルを発揮!

パスを受けた、U20代表の超まで驚いていました。

そんな超についているのは蟻生。

マークされた超は、狐里にパスを出します。

狐里の対応は、反応していた鳥。

ただ、狐里は上がってきた冴にボールを戻しました。

ゴール前でフリーになった冴に、悪寒を感じる鳥。

なんとか反応した二子が詰め、時間を稼ぎます。

その隙に、千切が戻って来ました。

冴を挟み、ボールを奪いに行く千切と二子。

奪えると確信した瞬間・・・冴は逆サイドにパスを出したのです。

完璧な放物線を描くパスは、エースである閃堂の足元へ・・・。

フリーの閃堂は、脚を振り抜きました。

1対1の場面で、そのシュートに反応したのは我牙丸。

普通なら間に合わないところから、超反応でボールに触れて見せます。

こぼれた球に反応したのは千切。

しかし、既に冴はボールの近くに立っていました。

ゴールラインに近い位置でボールを持つ冴を見て、センタリングに備えるブルーロックのディフェンス陣。

そんな中・・・冴はシュートを選択したのです!!

我牙丸の頭上を越え、ゴール左のネットを揺らす冴!!!

全てにおいて別次元のプレーを見せた冴に、会場は歓声を上げました。

これが日本が待ち望んだ天才、糸師冴・・・。

その実力に、潔は圧倒されています。

この試合の主役は冴で、自分対はただの悪役。

ブルーロックのメンバーは、そう感じてしまいました。

そんな中、1人前を向いているのは凜。

潔に、自分だけを見ろと声をかけます。

90分後、この完成を悲鳴に変える・・・!!

凜は、そう宣言するのでした。

ブルーロック【115話】感想

やはり、先制点を上げたのはU20日本代表。その得点をもたらしたのは、日本が世界に誇る天才・糸師冴です。

守備のチームであるU20日本代表に入り、MFとしてゲームに参加した冴。

ポジション的には、パサーの役割ですね。

その役割通り、最初は驚異的な制度のパスを連発しました。

しかし、オフェンス陣が頼りないと見て選択を変更。自らシュートを放ち、先制点を取ってしまいます。

フリーの状態で完璧なパスを受け、決められなかったのはエースの閃堂。冴を攻略できれば、勝機が見えてきそうです。

ブルーロック【116話】考察予想

1点を先制したU20日本代表。しかし、冴は憤りを感じていると思います。

あまりに頼りなさすぎるU20日本代表のオフェンス陣。冴のパスをフリーで受けて決めれないレベルでは、彼の中では問題外のはずです。

一方、それ以上に燃えているのは凜でしょう!

次回は、凜による逆襲が始まると予想します。

一方の冴はオフェンス陣に落胆し、単独プレー。その隙を突いて、ブルーロックチームは優勢になると思います。

劣勢のU20日本代表の救世主として、士道が登場するはずですね!

ブルーロック【116話】へ

まとめ

この記事では、ブルーロック【115話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「ブルーロック」のアニメや漫画を1冊無料で読む