ボーイズ・ラン・ザ・ライオット

ボーイズ・ラン・ザ・ライオット【6話】最新話ネタバレ感想|Collapse

こんにちは。2020年3月2日発売のヤングマガジンより、ボーイズ・ラン・ザ・ライオット【6話】「Collapse」を読みましたのでご紹介します。

5話では、凌と迅からブランドの写真を撮って欲しいと頼まれた東堂逸香は、初めは嫌がってはいたものの2人の熱意に心動かされ撮影を承諾しました。

やる気が出てきた逸香ですが、そんな逸香のことを面白くないと思う人物が・・・。そしていつかは少し目を離した隙に大切なカメラを壊されてしまうのでした。

➡「ヤングマガジン」の最新号を無料で読む

ボーイズ・ラン・ザ・ライオット【6話】最新話ネタバレあらすじ

壊されたカメラを手に取った逸香は完全にカメラがダメになっていることに悔しさを露わにします。そこに姿を現したのは織田です。

カメラを壊したのはどう考えても織田だと思い睨みつける逸香ですが、証拠はありません。

織田は証拠がない以上犯人は誰か分からないと言うと、凌や迅と言った変人たちと絡むから嫌われるのだと言い捨てて去って行きます。

写真の現像を楽しみにして写真部の部室にやって来た凌と迅はカメラが破壊されているのを見つけて驚きます。

フィルムもダメになってしまったと話す逸香は顔を上げません。

犯人は織田だと言うのは迅もすぐに気づきました。それでも証拠がない以上攻めることは出来ないと言う逸香に、迅は吐かせて弁償させると叫びます。

しかし逸香は諦めていました。変わったことをしたからこんな結果を招いたと言う逸香は、参加したことを後悔している、2人の恋愛に自分を巻き込むなと叫びます。

そう叫んだ逸香自身がハッとしましたが、本気でそう言っているのかと聞かれると、皆が凌と迅が付き合っていると話しているからと呟きます。

凌は椅子を蹴飛ばして教室を出ていってしまいました。残された迅は逸香に、カメラのことは可哀想だが八つ当たりはやめろと言います。

それは逸香のことをもう仲間だと思っている迅の心からの気持ちでした。

その日、雨が降っていましたが逸香は傘をささずに帰りました。

両親は逸香のことを心配します。逸香の父はカメラは大丈夫か聞きますが、逸香は壊れたと叫んで部屋に駆け込んでいきました。

部屋の中で逸香は大切なカメラが自分が弱いせいで壊されてしまったこと、折角期待してくれた友達にひどい言葉を浴びせたことを悔やみ、うずくまって泣いてしまいました。

翌日、写真部の部室に逸香が向かうと、すでに凌と迅がいました。

泣きはらして目がポンポンに腫れている逸香のことを馬鹿にする凌は、男であることの無駄遣いだと逸香に暴言を吐きます。

流石に口が悪すぎることと、中指を立てていることは迅がしました。

一通り暴言を吐いた後、凌は逸香が本気で向き合っていたカメラを壊されたことは自分も悔しいが、逃げるなら自分の弱さのせいにしろと言います。

自分が偏見や決めつけと戦ったように、凌にも大切なものを守るために戦って欲しいのです。

凌と迅はスマホでもいいからやってくれるなら写真を撮ってくれとたのみ、部室を出ていきます。

決意を固めた表情に逸香も部室を飛び出しました。そして向かった教室で、織田がカメラを壊したことを自慢げに話していました。

固まる逸香。それでも勝てないと思って逃げようとした時、凌の言葉が甦ります。逸香はカメラを返せと叫びながら織田に殴りかかりました。

すぐに織田にやり返されますが、逸香も反撃を続けます。

騒ぎに気付いた凌と迅はポカンとしていますが、迅は少し笑っています。結局、先に仕掛けた逸香は謹慎処分となりましたが、後悔はしていません。

家にいる逸香の部屋に父が入ってきました。その手には新しいカメラが握られています。

母からと言って渡す父ですが、すぐに母に背中を叩かれ自分からのプレゼントであることを告げます。

父に感謝する逸香は自宅謹慎中にもかかわらず、凌と迅に撮影すると伝えてすぐに家を飛び出していきました。止める母に父は行かせてやれと言います。父はそんな逸香を誇りに思いました。

ボーイズ・ラン・ザ・ライオット【6話】感想

これで晴れて正式に仲間が増えました。強い存在に立ち向かうことが出来ずに我慢ばかりしてきた逸香が羽ばたいた瞬間です。

織田がカメラを壊したと言うのはもう聞いているので、ちゃんと話せば織田のことも処分出来ると思うのですが、結局逸香だけが処分されることになってしまいました。

両親は普通なら心配すると思いますが、雨の日の出来事などから逸香に何か嫌なことがあり、戦った結果だと気づいたのでしょう。逸香はいい両親に恵まれ、今本当の友達が出来てよかったと思いました。

ボーイズ・ラン・ザ・ライオット【7話】考察予想

次回はブランドの写真撮影のやり直しです。屋上も良いですが、もっと街での撮影もするのではないでしょうか。

凌がトランスジェンダーであることをカミングアウトするかは分かりませんが、きっとカミングアウトしても逸香は驚いたのちにすぐに理解してくれるでしょう。

逆に心が男で無ければあそこまでの暴言は吐けないと思うからです。女に見られるのが嫌な凌ですが、逆に女らしい体つきは生かしてモデルもすると思っています。

迅の写真だけではガチムチの男が着るイメージしか湧きません。

まとめ

2020年3月2日発売のヤングマガジンより、ボーイズ・ラン・ザ・ライオット【6話】「Collapse」のネタバレと個人的感想&7話の考察予想についてまとめました。

➡「ヤングマガジン」の最新号を無料で読む