東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【220話】最新話ネタバレ確定感想|千咒が死ぬのは今日?

こんにちは。ひらりです。

2021年9月1日発売の週刊少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ【220話】「Bull’s-eye」が掲載されました。

219話では、千咒に連れられて2人で遊園地にやって来た武道は、千咒の口から三天戦争をする理由と梵への想いを聞きました。

戦いの中で武道のことを守ってくれるという千咒ですが、武道はその時また千咒が死んでしまう映像を見てしまうのでした。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ【220話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

東京卍リベンジャーズ【220話】最新話ネタバレ「千咒が死ぬのは今日?」

千咒が死ぬ映像を武道が見るのは2回目です。同じような映像でしたが、今回は観覧車があることが分かりました。

丁度今雨が降り始めたことで、武道は見えた映像の日にちが今日であると気づきます。

つまり雨が降る遊園地の条件を満たしている今が、武道の見た未来を示しているのです。

何かがあるとしたら遊園地の開園時間中だと思われるため、もう間もなく千咒の身に危険が迫ります。

それは不幸な事故なのか、それとも仕組まれたものなのか、そこに注目です。

東京卍リベンジャーズ【220話】最新話ネタバレ「六波羅単代が動いている⁉」

武道と千咒が遊園地にいる一方で、ドラケンの元に慌てた様子の乾が慌てていた理由は六波羅単代のヤバい噂を聞いたからです。

すぐに武道に連絡を取るように言った事から、武道に関することで六波羅単代が動いているということです。

六波羅単代が欲しかったのはドラケンですが、ドラケン勧誘の際に武道のことも見ている六波羅単代は武道のことも仲間に加えるか殺そうとしているのだと思います。

店ではないところにいたドラケンの元に来たこともあるため、武道の居場所などすぐに突き止めるでしょう。

こうして六波羅単代が遊園地に来ると予想します。

東京卍リベンジャーズ【220話】最新話ネタバレ「武道の身に危険が迫る」

12年前の不良でさえ喧嘩の域を越えて死者を出していたので、10年間のこの時点でもトップを争う不良たちは人を殺すことを厭わないと思います。

元東京卍會壱番隊隊長となった武道がマイキーの大切なものの1つであると分かっている以上、武道を殺せばマイキーを動揺させられるとも考えているはずです。

ナイフなど武器を持って武道の元に集団で押し寄せて来た六波羅単代から武道を守ろうとした千咒が死んでしまう未来が来てしまうのでしょうか。

東京卍リベンジャーズ【220話】最新話ネタバレ確定「Bull’s-eye」

雨はどんどんひどくなり、武道と千咒は屋根のある場所で食べ物を買って食べていました。

しかし武道はぼーっとしており、全然食べてないことを千咒に指摘されます。

ここで千咒はトイレに立ちました。

自分の見た映像が本当に未来視であるのならば今日千咒が死ぬことになると考え込んでいた武道は、そんな千咒から目を離してしまったと焦りながら千咒が向かったと思われるトイレに走ります。

しかし何をしたらいいのか、千咒の身に何が起こるのかと考えていた武道は先ほど書いた短冊に千咒が武道を守ると書いていたこと、そして見えた映像の千咒が約束を守ったと言っていたことを思い出します。

その曽木、4人の黒い服を着た男たちが息を切らしながら武道の元にやって来ました。そこで武道は狙われているのが自分であると気がつきます。

男たちは六波羅単代の下っ端のようで、武道を殺して上にのし上がろうとしているのです。サウスに認められるため、サウスには無断でやろうとしている計画。

男の1人はサウスならば分かってくれるはずだと武道に銃を向けました。

武道が千咒の言葉の意味を理解した時、千咒がこちらに走ってきました。このままでは千咒が自分を守って死んでしまうと思った武道は来るなと叫びます。

武道に向けられる銃と、止まらない千咒。武道は来てはいけないと千咒の方に走ると飛びかかりました。

驚いて思わず足を止める千咒。その瞬間男が発砲します。武道は千咒を倒しそのまま2人は地面に倒れました。

男は震えながらも、武道を殺したと笑います。しかし武道は起き上がりすぐに千咒の無事を確認します。

死んではいけないとまっすぐな目で見る武道に、千咒は思わず頬を赤くしてドキドキしてしました。

武道が生きていることで男は再び銃を向けてきます。しかしその体は大きく震えていました。それでも3発発砲。

目を固くつむる武道ですが、銃弾は飛んできません。それどころか銃が地面に落ちる音がしました。

武道が千咒を抱きしめたまま振り返ると、そこには銃を持っていた男をぶっ飛ばしたドラケンが立っていました。

東京卍リベンジャーズ【220話】感想

いきなり未来を変える出来事が発生しましたが、これで千咒が死んでしまう未来は回避できたのでしょうか。

頭から血を流していた千咒ですが、もしも千咒が頭を撃たれたのであれば武道と話すことも出来ず即死の可能性が高いと思うため、まだ未来は変えられていないと予想しています。

それにしてもかっこよすぎるドラケンの登場シーン。

梵にいることは六波羅単代にバレていないためあまり大っぴらに暴れたくないはずですが、それでも武道を助けに来てくれた姿に感動です。

▷東京卍リベンジャーズ【221話】へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ【220話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてくださいね。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する