まんがグリム童話

中学校狂師~カラス女は許さない~15話ネタバレ!空木がタツロウとサキの関係に気づく!?

2022年4月28日発売のまんがグリム童話2022年6月号掲載「中学校狂師」15話についてネタバレです。

中学校狂師~カラス女は許さない~15話ネタバレ

幸雄は母のマリコに、ピアノの発表会をすっぽかしたことを叱られていました。

マリコはあの後、色んな人へお詫びに回って大変だったらしく、どれだけ恥をかいたと思っているのかと幸雄を咎めます。

しかし幸雄はなぜすっぽかしたか話を聞こうともせず、自分の心配をするマリコに反抗的な態度を見せます。

マリコが今まで一度もまともに自分の話を聞いてくれたことがないと主張する幸雄。

マリコは絵を描きたいという話なら、高級な絵画セットを買ってあげたと言いますが、幸雄は買っただけで話を聞こうとしてくれなかったと怒ります。

そんな彼の態度にマリコは憤りながら、夫のタツロウに何か言ってちょうだいと要求しました。

しかしタツロウは神妙な面持ちで、もう少し幸雄の好きにさせてやってもいいんじゃないかと言い、幸雄を庇います。

幸雄はタツロウの言葉に少し喜びますが、マリコは激怒し、幸雄の部屋に向かい、彼の絵画道具を壊してしまいました。

そしてお手伝いの空木にそれをゴミに出すよう命じるマリコ。

幸雄はやめろと止めますが、マリコはあなたは母さんの言うことを聞いていればいいの!と一蹴しました。

それから空木は幸雄の絵画道具をゴミ袋にまとめ、ゴミ捨て場に持っていきました。

そして彼女が去った後、サキはそのゴミ袋を手に取ります。

 

その後、マリコは空木に最近の幸雄の様子を報告しなさいと命じます。

すると空木は幸雄の詳細な行動を事細かに伝え、少なくともここ1週間幸雄の生活に目立った変化はないと話します。

そんな彼女に、これからも幸雄の監視を続けて逐一報告するよう指示するマリコ。

そして幸雄につく虫はどんな小さな虫でも叩き潰すのだと告げました。

一方、サキはゴミの中から幸雄の絵画道具を取り出し、不敵な笑みを浮かべていました。

 

次の日、幸雄は音を立てないようにこっそり玄関から出ようとします。

しかし空木に見つかり、彼女はどこへ行くのかと幸雄に尋ねました。

幸雄はサキに両親に内緒で来るよう言われているため、ヨシオとサッカーだと嘘をついて誤魔化します。

空木は、気を付けていってらっしゃいませと笑顔で送り出しましたが、幸雄の後をこっそり尾行します。

しかしそこへ偶然通りがかったタツロウは、空木が幸雄を尾行していることに気づきました。

昨日のこともあってマリコが監視を強化しているのだと察するタツロウ。

幸雄がまた反抗的なことをしでかすかもしれないと危惧したタツロウは、空木を呼び出し、ゴミ捨て場に連れていきます。

すると昨日捨てたゴミ袋にカラスがたかっていました。

タツロウは生ごみが少し漏れていたのではないかと言い、空木に片付けを頼みます。

空木は幸雄が後で行きそうな場所に急いで向かうしかなさそうだと考えながら、仕方なく片付けを行うことに。

 

一方、幸雄は明城東公園に来ていました。

そこではサキが海を見ながら、絵を描いていました。

サキは幸雄に、最近道具を買って始めて見た、まだ下手くそで恥ずかしいから、時々人気のないところに来て書いてるのだと話します。

幸雄は下手くそなサキの画に、海にもっと緑を足した方がいいとアドバイスしました。

幸雄の言う通り、緑を足すとサキの画が良くなりました。

実は海は青一色ではなく黄色や緑やオレンジなど、色んな色が混じっていて一色ではないのだとか。

するとサキは、幸雄もみんなが青だと決めつけていても、違った色があるんじゃないかと言います。

そして彼女は歩みたかった人生を絶たれてしまったものの、どうしてもやりたいことがあって、全てを捨ててこの道を選んだのだと打ち明けました。

さらに幸雄には力があるので夢を叶えるべきだ、あなたを操りたいだけの親の言うことなんて聞かなくていいと諭すサキ。

この公園は今は誰も使わないらしく、サキは絵画道具は遊具の下に置いておくので、絵を描きたいときはここに来て描けばいいと幸雄に話しました。

そんな彼女の言葉に喜ぶ幸雄。

そしてサキはこれは自分と幸雄だけの秘密だと約束してほしいと告げました。

 

一方、空木はようやくゴミ袋にたかるカラスを追い払いました。

しかし生ゴミの日ではないのに、どうして生ゴミがあるのか不思議に思う空木。

生ゴミは見るからにこの家で出たものですが、朝はありませんでした。

そのため、空木はタツロウが入れたのではないかと気づきます。

そして空木は昨日タツロウが幸雄を庇うようなそぶりを見せていたことを思い出し、自分の尾行に気づいて彼が邪魔しようとしたと推測します。

しかし今までマリコの考えに逆らうことはなかったタツロウに、急に何があったのかと疑問を感じた空木はここ最近の彼のことを思い返しました。

そして空木はタツロウに3日間休みをもらった次の日、掃除機を使っていた形跡があったこと、布団の畳み方がいつもと逆になっていたことを思い出します。

さらに3日前、家の近くでサキとすれ違ったことも思い出した空木は何かに気づき、マリコに報告に向かうのでした。

中学校狂師~カラス女は許さない~15話感想

恐らく空木はタツロウとサキの浮気を疑っていますね。

どんどんマリコの家庭が崩壊していっていきそうですが、この後どうなるのでしょうか?

次回の「中学校狂師~カラス女は許さない~」16話が掲載されるまんがグリム童話2022年7月号は5月27日発売です。

中学校狂師~カラス女は許さない~16話ネタバレはこちら