ダイヤのA actⅡ

ダイヤのA actⅡ【190話】最新話ネタバレあらすじ感想!同じ分量

こんにちは。2019年11月13日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【第190話】「同じ分量」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

189話では、夏の高校野球、西東京大会。準々決勝に挑む青道の先発のマウンドを任されたのは、沢村栄純です。エースナンバーを背負っての2度目の登板。

チームメイトの期待、監督の期待を受け、栄純は先発のマウンドに向かうのでした。

➡「ダイヤのA」のアニメと最新刊を無料で読む

ダイヤのA actⅡ【190話】最新話ネタバレあらすじ

先頭バッターへの初球。

バッターの打った打球は、右方向へのファールです。

その後、ボール球を重ね、結局フルカウントとなりました。

ブルペンからグラウンドを見つめるのは、1年生のキャッチャー、奥村光舟

先頭バッターを塁に出すか出さないかでは、大きな違いがあると考えています。

光舟が注目するのは・・・同じポジションの御幸のリード。

後輩から注目される正捕手のリードは・・・ど真ん中ストレート。

栄純に、思いっきり腕を振って投げることを要求したのです。

一瞬動揺した栄純ですが・・・御幸を信じ、思い切って腕を振りました。

真ん中高めに決まった直球。

バットは空を切り、先頭バッターを空振り三振に抑えました。

さらに、思いっきり腕を振れ、と同じ支指示を出す御幸。

法兼サイドは栄純の制球力を警戒しており、高めではなく低めに的を絞っています。

しかし・・・栄純の投じた球は高めのストレート。

2球続けて高めに決まり、ツーストライクと追い込みました。

3球目はアウトコースのストレート。

2者連続三振を奪うのでした。

これでリズムに乗ってきた栄純。

フォームから無駄な力みもとれています。

続く3番バッターへの初球は、緩急を使ったチェンジアップ。

2球目のストレートに振り遅れたバッターの打球は・・・力なくセカンドの頭上に上がりました。

アカンドの小湊が掴み、これでスリーアウト。

勢いよくベンチに戻るナインを見ながら、御幸のリードに圧倒される光舟。

栄純が打ち込まれた前回の登板後、悔しいと話していた御幸の姿を思い出しているのです。

その光舟が見つめる先で・・・栄純と御幸はグラブでタッチをするのでした。

ダイヤのA actⅡ【190話】の感想

今回の190話は、準々決勝の法兼戦、1回の表が描かれていました。エースナンバーを背負い、挑んだ夏の西東京予選。

大会前の練習試合で見せた投球は影を潜め、栄純は途中交代に終わります。その悔し粗を晴らす投球を、今回は見せてくれました。2三振でノーヒット、三者凡退。完璧な立ち上がりです。

また、特徴的だったのが、御幸が中心で描かれていたことです。栄純の失敗には、自分にも責任があると感じていた御幸。その悔しさを、2人で晴らしたシーンは暑くなりました。このピッチングが、最後まで続くことを期待しています!

ダイヤのA actⅡ【190話】の考察

次回は1回の裏、青道の攻撃から始まるでしょう。試合前に、バットで栄純を援護すると誓った2年生の仲間や、先輩の前園。初回から、得点シーンを演出してくれるのではないでしょうか。

キーマンとなるのは、小湊と予想します。先頭バッターの倉持が出塁。絶妙なバットコントロールで、右方向に流した小湊により、ホームに生還すると予想します。

盗塁は今まで決めすぎているので、今回は小湊のタイムリースリーベースで来てほしいです!

まとめ

ダイヤのAactⅡ【第190話】「同じ分量」のネタバレと感想&191話の考察予想についてまとめました。

➡「ダイヤのA」のアニメと最新刊を無料で読む