来世は他人がいい

来世は他人がいい26話ネタバレ!泥の中の住人たち

2021年12月25日発売のアフタヌーンより、来世は他人がいい26話「泥の中の住人たち」のネタバレをまとめました。

25話(後編)では、

大阪での一件で吉乃の逆鱗に触れてしまった霧島は、東京に戻ってから吉乃に無視され続けてしまいます。

三日後、反省した霧島は何かがあっても巻き込んでいいのは吉乃だけ、と約束します。

友達も幼なじみもいなかった霧島にとって、吉乃は後にも先にもいない特別な存在なのでした。

その頃、大阪で桐ケ谷組系事務所にダンプカーが突っ込んだというニュースが流れていました。

来世は他人がいい26話ネタバレ最新あらすじ

桐ヶ谷組で起きたダンプカー事故。

ニュースを見た吉乃は翔真に電話をかけましたが、なかなか繋がりません。

霧島はあの人なら大丈夫だと思う、と吉乃に笑いかけますが、警戒した吉乃に距離とられてしまいます。

そこへ、翔真からの連絡がありました。

事故を心配して連絡した吉乃に対し、その件を調べるために一晩中出かけていた翔真はそこまで大したことにならんと思う、と気怠げに言います。

霧島は吉乃のスマホをスピーカーフォンにすると、2人の会話を割って入るようにもう手打ちになりそうですか、と問いかけました。

翔真は霧島の声に舌打ちし電話を切ろうとしますが、吉乃に止められて続きを促されます。

 

翔真によると、事故は組内の枝同士の些細な諍いから発展したものでした。

当事者自体は上で手打ちに入っているため心配ないものの、桐ヶ谷組内部はゴタゴタしているとのことでした。

桐ヶ谷組ではトップの八手輝蔵(やつで ようぞう)組長が先月収監される事件がありました。

組内でのゴタつきにピンときていなかった吉乃も、それはニュースでしょっちゅうやっていたから知ってる、と言います。

トップの不在に荒れる組内で起こった事件。

心配する吉乃に、翔真は詳細はわからないが蓮二がここ最近忙しくしていると言うのでした。

 

一方、桐ヶ谷組では内輪のゴタゴタの手打ちについて話し合うため、若頭の空木万作(うつぎ まんさく)が補佐役の吾妻鳴己(あづま なるみ)と染井蓮二(そめい れんじ)を召集していました。

空木は吾妻に下の者をよく見張るように喝を入れ、蓮二にはくだらないことで揉めてしまった労をねぎらいました。

三人の話し合いの席を解散すると、蓮二は軽い調子で吾妻を飲みに誘いました。

しかし、吾妻はガキとちゃうぞ、と腕を振り払います。

きつく断られた蓮二は気にする風もなく軽口を叩きながら去りますが、吾妻はやかましいわと暗く呟くのでした。

 

その後、迎えの車に乗り込んだ吾妻はタバコに火をつけてもらうと電話をするから一人にしてほしい、と運転手を下ろします。

電話の相手は竜舌一家の総長・秋目日志波(あきめ ひしば)でした。

吾妻は声を潜めながら、内輪揉めはなんとか週末までには手打ちで片付きそうだと報告します。

秋目は自分の言う通りにしていれば問題はないとゆったりと言います。

しかし吾妻は蓮二が邪魔で仕方なく、仕掛けた方がいいのではと追い詰められたように提案します。

まだ待て、蓮二は俺がどうにかする。

秋目は穏やかな調子を崩さず言い、困惑する吾妻をよそに半ば一方的に電話を切ってしまうのでした。

秋目が通話を終了すると、ちょうど部下が迎えにきました。

部下は秋目の着ているシャツの袖口に赤い染みがついていたため、クリーニングに出すことを申し出ました。

しかし、秋目はワインのシミだ、丁度いいから捨てようと思っていたと言うのでした。

左の袖口についたシミは、赤く、まるで飛沫が飛び散ったようなものでした。

 

場面は変わって、あるマンションの一室。

夕暮れ時に部屋に入る影がありました。

入ってきたのは以前霧島と吉乃が揉めた大阪の半グレ集団に手を貸していた天然パーマの男です。

そして部屋の中央に倒れていたもう一人の男にむかって全力で殴られたなぁと平然と言いました。

家具も何もない部屋で倒れていたのは、なんと大阪で霧島とやりあったアザミという男でした。

鼻血で汚れた顔もそのままに生気なく倒れているアザミに、天然パーマの男はヤクザの孫娘に手を出すからだと苦言を呈します。

まあ金を払ってくれるならどうでもいいと言いながら、一枚の紙をアザミの眼前にひらめかします。

拉致れそうな日を目星つけたんだから感謝しろ。

男が持ってきたのは高校三年生を対象とした全国模試の案内。

吉乃が受験対象となる模試のチラシでした。

来世は他人がいい26話の感想

桐ヶ谷組の内部で何やら不穏な空気が出てきました。

そして大阪で霧島とやりあった謎の男・アザミも再登場し、吉乃の身に危機が訪れそうです。

次回からさらに物語が加速していく気配がしますね。

来世は他人がいい27話考察予想

全国高校模試の会場が次の波乱の場になりそうです。

なにがあっても巻き込んで良いのは吉乃だけ、と約束した霧島の行動が変わるのか2人の関係性に注目していくと面白そうですね。

そして蓮二の周囲の動きがさらに不穏になってきました。

組内のゴタゴタがどう帰結するのかによってが彼の安否に関わってくる気がします。

まとめ

この記事では、来世は他人がいい26話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。