ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【238話】最新話ネタバレ感想|気迫のこもった天久の球は金丸を…?

こんにちは。ひらりです。

2021年1月6日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【238話】「Beyond the limit」を読みました。

237話では、1点を先制され、追いかける青道。白洲が四球を選び、ノーアウトランナー1・2塁とチャンスを広げます。

さらに、打席に立つのは4番の御幸!!チームを背負う立場になった2人の戦いは、天久の渾身の球を御幸が捉えました。

ただ、打球はファースト方向のゴロ・・・。打球の行方は!!?

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【238話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「週刊少年マガジン」を無料で読む

ダイヤのAactⅡ【238話】最新話ネタバレあらすじ

御幸が食らいつき、ファースト方向に転がった打球。

その打球は・・・星田がキャッチします!!

まずは2塁に送り、白洲を刺してワンアウト。

天久がカバーに走る1塁への送球は・・・御幸より早くゲッツーになりました・・・。

御幸を3-6-1の併殺打に打ち取り、雄叫びを上げる天久。

ランナーは3塁に進むも、ツーアウトとなります。

続く5番の前園はサードゴロに倒れ、青道の攻撃はここで終了。

先制点の後にピンチを迎えるも、天久は粘り強く抑えて見せたのです。

マウンドに向かう栄純に対し、もう少し我慢してくれと頼む御幸。

大丈夫だと笑う栄純は、まだ折り返しだと叫ぶのでした。

ただ、少し気負った栄純は先頭バッターへのボールが高めに浮いてしまいます。

しかし、その後はしぶとく投げた栄純。

3人の打者を全てゴロで打ち取り、5回表の守備を終えました。

守備に向かう天久は、薬師との試合を振り返っています。

敵同士であっても、薬師のエースである真田と高め合えた・・・。

そんな真田の意志を受け継いだと感じている天久は、より強い意志を秘めているのでした。

どうしても1点が欲しいのは、青道打線。

右バッターは外のスライダーを捨て、インコースの球を積極的に狙って行きます。

しぶとく粘り、先頭の東条は出塁。続く結城が転がし、進塁だとなりました。

ワンアウトランナー2塁の場面で、打席に入ったのは金丸。栄純を援護したい金丸ですが、天久は調子を上げています。

未だに、チームを背負う実感がない天久。

ただ、市大三高というチームはもっと上で戦うべきチームだと確信していました。

ここで勝利し、まだまだ先へ・・・。

気迫のこもった天久の球は、金丸を三振に打ち取ったのです!!

続く栄純からも三振を奪い、天久はマウンド上で雄叫びを上げました。

ダイヤのAactⅡ【238話】感想

チャンスの場面で打席に入った御幸。ここはやってくれると思いましたが、結果はゲッツーでしたね・・・。

栄純は追い込まれるとろもに、天久は調子を上げてきています。

ここで青道が負けることはないと思いますが、手が付けられなくなってきていることは事実ですね。

2年生の夏も甲子園に届かなければ、御幸たちの代は引退となります。1・2年生の突き上げはあるものの、まだまだ3年生頼りのチーム。

今の青道が甲子園で戦う姿を見たいですね!

ダイヤのAactⅡ【239話】考察予想

5回裏の攻撃は、栄純の三振で終わりました。次回は、6回表から始まります。

守備は青道で攻撃が市大三高。5回裏は下位打線だったので、再び上位打線に回ることになりますね!

ここを凌ぎきれば栄純は一安心。

ただ、追加点を許すことがあれば非常に不利となります。

栄純にとっては、この試合最大の山場となるかもしれません。攻撃に関しては、前園が怪我で足を引っ張る形に・・・。

御幸もここまでは振るっていませんし、誰が主役になるのか分かりません。

ダイヤのAactⅡ【239話】へ

まとめ

この記事では、ダイヤのAactⅡ【238話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ダイヤのAactⅡ」を1冊無料で読む