DLsite

dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~ネタバレ!切なく優しい魔法

DLsiteに掲載の「dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~」についてのネタバレをまとめました。

dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~のネタバレ!

強い魔法の力を持つジェーンドゥ(名無し)の魔女は、前世で孤独な死を遂げ、異世界に転生していました。

曖昧ながらも、少しだけこの異世界の記憶も持ち合わせています。

自分の抗えない運命を変えるために、市場で竜人族の双子の奴隷を買い、小さかったセオドアとテオを、奴隷ではなく家族のように育てました。

ジェーンドゥが二人に隠し事をしていることを、とても寂しく感じる二人。

セオドアとテオは、ジェーンドゥに催眠魔法をかけ白状させようとしましたが、ジェーンドゥは決して口を割りませんでした。

許婚の魔法騎士オーウェンは、ゲームの中盤で、国からの名誉のためにジェーンドゥを殺す展開が用意されています。

ジェーンドゥは、オーウェンから逃れるために都会で身を隠していました。

したたかな表情をたずさえオーウェンはやってきます。

たじろぐジェーンドゥ。

オーウェンは、つれない態度をとるジェーンドゥに、何もかもをしゃべらせるための催眠魔法をかけます。

突然、ジェーンドゥの身ぐるみは剥がされ、たわわなおっばいも露わにされます。

奴隷たちにジェーンドゥの本当の名を教えたのか、どこまで契約したのかと、口を割らせようと、ジェーンドゥの乳首を強くつまみ上げます。

敏感に感じ、声を漏らしてしまうジェーンドゥ。

意識はあるのに、身体を動かすことがことができません。

抵抗できないジェーンドゥの乳首を執拗に弄び、しこしことしごくオーウェンの指だけで達してしまうジェーンドゥ。

熱をまとった乳首は桃色につやめいています。

オーウェンは長椅子にジェーンドゥを押し倒し、陰部のはき物をたくし上げ、強引に自分の顔をうずめます。

割れ目から溢れる汁を吸い、とろりとした舌を陰部の襞に沿わせ、奥へと這わせていきます。

オーウェンの舌は秘部深くまでずぶずぶと分け入っていきます。

一方、学園では、セオドアは、家を出る前に見かけた王室関係の見知らぬ男のことが気になって仕方ありません。

ララという幼い女の子が、二人に話しかけてきました。

セオドアは、さっき見かけたあの男が連れていた女の子だと気が付きます。

あの男は今、ジェーンドゥと一緒にいるのではないかと不安が走るセオドアとテオ。

急いで家に戻る二人。

ジェーンドゥはオーウェンに抵抗もできず、されるがままにされていました。

くちゅくちゅとオーウェンの指はジェーンドゥの割れ目に挿入され、気持ち良さに、意識も息も絶え絶えになりながらも、一切口を割らないジェーンドゥ。

テオの明るい元気な声と玄関の扉が開く音がします。

二人は、犯されているジェーンドゥを目の当たりにします。

オーウェンはほくそ笑みます。

ジェーンドゥは自分の行方をくらますために、常に魔法を使っていたため、魔法の力が弱まっていたこと。

セオドアとテオがいなければ、自分がジェーンドゥを見つけることもなかったと、二人に宣言します。

怒り狂うセオドア。

テオの鼻から血が溢れてきます。

同じようにセオドアからも。

血を流しながら、その場に倒れ込む二人。

オーウェンはにたりと笑い、ジェーンドゥに優しく触れるのでした。

自分の不幸な運命は自分だけで背負いこもうと、昔からそう思って生きてきたことを後悔するジェーンドゥ。

その強い思いと共に、ジェーンドゥの魔法が発動されます!

三人が今住んでいる建物ごとすべて爆発するのでした。

まざまざとその驚異的な魔法の力を目の当たりにさせられたオーウェンは、ひとまず去っていきます。

木々の間に見上げる空は青く、小鳥のさえずりが聞こえました。

木陰で眠っていたセオドアとテオはパチリと目を覚まします。

家はなく、林立する大樹の傍らで眠るジェーンドゥ。

ジェーンドゥは魔力の大量消耗により、昏睡状態に陥っているのでした。

二人は、ジェーンドゥを目覚めさせる主従契約の逆転の準備を始めます。

セオドアはツノの一部を対価とし、魔法式を展開します。

テオの契約は一度消え、セオドアとの契約印がジェーンドゥに刻まれました。

目を開くジェーンドゥ。

しかし、ジェーンドゥは、セオドアとテオの名を呼んではくれません。

セオドアは落ち込んでしまいます。

魔力不足が原因なら、魔力を返せばいいとテオが提案します。

二人は、座り込んでいるジェーンドゥに催淫の魔法を施します。

命令に従い服を脱ぐジェーンドゥに、セオドアは唇を重ねていきます。

テオはジェーンドゥの陰部に指を挿れていきます。

ジェーンドゥは気持ち良くなっていき、テオの指も滑らかに入っていきます。

あまり気乗りしない二人。

くったりしているジェーンドゥを犯すだけのようなこの方法。

とにかくやらなければと、バッグから挿入していきます。

今までの楽しかった三人の生活、優しいジェーンドゥを思い出し切なくなってくるセオドア。

テオもれろれろと舌を絡ませ、激しく出し入れします。

テオが激しくゆさゆさと子宮の奥まではめていき、奥まで突くのを見ていられないセオドア。

三人で、ゆっくりと、ジェーンドゥの二つの穴に挿入し、中は満々になります。

何度も達せられるジェーンドゥ。

森全体に結界が張られ、出ることも叶わない三人。

ジェーンドゥはされるがままに、セオドアとテオは魔力をひたすら注入するために続けていきます…。

やがて、何度目かの夜を迎えます。

昔のように三人で寝ようと、上気した顔のジェーンドゥを間に挟み、寄り添って眠る三人。

セオドアもテオも、ジェーンドゥが早く目を覚ますことを望みながら。

自分たちを残していかないでと望みながら。

…必死に、自分たちの名前を呼ぶ声が聞こえます。

セオドア!テオ!と大粒の涙をたくわえて、寝ている二人の顔をのぞきこむジェーンドゥ。

言葉が出ず、ジェーンドゥを抱き締める二人。

dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~の感想!

切なくて、双子もかわいくて、愛しくなります!

それぞれ思いやる心が優しくて、癒されて、お話もとても好き!