エデンズゼロ

エデンズゼロEDENS ZERO【126話】最新話ネタバレ感想|その博士、狂暴につき

こんにちは。ひらりです。

2021年1月20日発売の週刊少年マガジンより、EDENS ZERO【126話】「その博士、狂暴につき」を読みました。

125話では、惑星フォレスタでぶつかり合うのは、エルシーとジャスティス。上空の衛星内では、ワイズとミュラー博士が対峙しています。

そんな中、シキは謎の機械と出会っていました。魔械流重術を使うその機械は・・・魔械流重術の創始者であるゼノリス!!?ジギーの師匠だったのです!!

それでは、この記事では、エデンズゼロ【126話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「週刊少年マガジン」を無料で読む

エデンズゼロ【126話】最新話ネタバレあらすじ

シキの前に現れたロボットは、魔械流重術創始者のゼノリスと名乗ります。

ジギーの師匠だと言うゼノリスを見て、唖然とするシキ。

そんなシキに、ゼノリスはジギーのことを話し始めました。。

かつてゼノリスの技を簡単に体得し、その天才ぶりを発揮したジギー。

話を聞きながら、シキはハーミットから聞いた情報を思い出しています。

以前、ゼノリスは千年以上前に亡くなったと語っていたハーミット。

疑問を感じるシキに対し、ゼノリスはロボットの体を得て生きながらえたと話します。

かつて桜舞星騎士団の1人として、暗黒時代を生きたゼノリス。

そのゼノリスは、シキの魔械流重術について尋ねます。

シキがエーテルをジギーから授かったことを知ったゼノリスは、ジギーの現状について語り始めました。

ジギーは、闇の重力に落ちてしまった・・・。

威圧的な態度に変わり、ゼノリスはシキに尋ねます。

闇の方へ落ちることはないのか・・・!?一方、激しい戦いを継続しているエルシーとジャスティス。

互いに勝負を決めようと放った一撃は、ゼノリスの重力によって的を外していました。

部下に呼ばれ、その場から離脱しようとするエルシー。

ホムラの無事を確認し、退却を選択します。

そのホムラは、エルシーの部下によって助けられていました。

ゼノリスの重力により、体制を崩したのは巨人のヴィクトリー。

ヴィクトリーはホムラの檻を踏みつぶしそうになり、拘束を解除されていたのです。

そこにレベッカが現れ、ホムラを救出!!

ジャスティスもネロに動きがあったとの連絡を受け、そっちに気を取られることに・・・。

それを受けて、地上での争いは終息に向かおうとしていました。

ただ、緊急事態が続いているのはエデンスゼロの内部・・・。

クリーネの感情が不安定となり、危険な状態にあるのです。

シスターはクリーネの治療に急ぎ、助けてくれと頭を下げるジン。

船内にいる誰も、クリーネの異常の理由がわかっていません。

そんな中、ある事実を知ったのはワイズとハーミット。

アーセナルを装着したにもかかわらず、ワイズはミュラー博士に苦戦していました。

体内を改造し、強さを得たミュラー博士。

自身の体を改造する前、多くの人間で実験を行ってきたと言います。

特に印象に残っているのは、ラザフォード兄妹!!?

ジンを使った実験をクリーネに見せ、感情を破壊したのはミュラー博士だったのです!!

エデンズゼロ【126話】感想

ゼノリスの登場が状況を好転させ、地上の戦いは終息に向かっています。エルシーと互角の力を持っていたジャスティス。

ただ、銀河六魔将の中でもエルシーは力がない方だと感じました。千年以上前に亡くなったゼノリスより、2人の方は弱そうですね。

そのゼノリスより、ジギーは力が上・・・。そう考えると、ネロや他の六魔将は強敵揃いのはずです!!

力関係が少し見えた分、シキの敵の強大さが明らかとなりました。ゼノリスとの出会いが、シキを強くするのでしょうか!?

エデンズゼロ【127話】考察予想

次回描かれるのは。ミュラー博士とのバトル!!クリーネとジンを闇に落としたのは、ミュラー博士だったのです。

自分を強くする実験のため、ジンの体を切りきざんだミュラー博士。さらに、その様子をクリーネに見せるという狂人ぶりを発揮しました。

そんなミュラー博士の餌食になったのは、ハーミットも同じ・・・。過去の記憶に支配され、ミュラー博士に恐怖を感じています。

しかし、幼い兄弟を弄んだ事実に怒りを感じるハーミット。ハーミットの力によって、逆襲が始まると予想します!!

まとめ

この記事では、エデンズゼロ【126話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「EDENS ZERO」を1冊無料で読む