ハコヅメ~交番女子の逆襲~

ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜183話ネタバレ最新確定と感想は?山登って地固まる

021年1月6日発売のモーニングより、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【183話】「山登って地固まる」を読みました。

182話では、武道場に収集された5人。

そこで再発防止の検証が行われました。

検証には町山署の幹部ほか、矢吹係長、監察課、本部長などお偉い方がズラリ。

その中には術科師範もいました。

検証は山田が塩谷役、上杉が菜摘役で行われます。

そこで術科師範は検証は机上の空論だからと、覚えておいてほしい技を1つ教えてくれます。

そしてなぜ人質交換に応じたのかと聞かれ、源を信用していたことと女性に手を挙げないと思ったことを伝えます。

検証を終えた5人はその足で焼肉へ行きます。

そして源は皆にごめんと頭を下げます。

それでは、この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【183話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~183話ネタバレ最新あらすじ

朝礼に参加する藤と川合。

しかしそこにいる捜査1課と捜査2課の雰囲気が良くありません。

牧高に理由を聞きますと、防弾チョッキをごっそり持って行った捜査2課と、防弾チョッキがないために立てこもりに苦戦した捜査1課の喧嘩だと言います。

あまりの騒ぎに交通課が駆けつけて警察24時で見たことあるような現場だったと振り返ります。

その中でも特に源部長と如月部長は前歴がつく勢いでした。

藤は2人とも変なところ子供なんだからと呆れます。

朝礼が始まり、明日は山岳救助訓練があるとの知らせがあります。

山岳救助訓練?川合の頭にはハテナが浮かんでいます。

それに藤が山で遭難者が出たときは警察と消防が連携をとって救助しなくてはいけないからだと教えます。

牧高は赴任先によっては若手に山岳救助隊を兼任させ、相当ハードな救助訓練をするところや、警察署で降下訓練させるところもあると言います。

それには流石の川合も青ざめます。

朝礼はまだ続いており、警察官は不測の事態に備えて…と話している最中。

おい源今こっち見ただろ?と東岩係長が突っかかってきます。

源は顔も見ずに、見てないし防弾チョッキのこと気にしすぎだと返します。

すると、横にいた如月はこっちは不測の事態に備えて持って行っただけだと言い、それにお陰で1課は不測の事態に対応できなかったと睨みつけます。

そこからは1課と2課の睨み合い、威嚇し合いの事態に。

副署長は強制的にホイスト訓練で仲良くさせると脅し、やっと止まります。

翌日、山岳救助訓練に集まった一同。

山に入る心得を聞いてすぐ、川合は手を挙げてもう下山したいと言います。

しかし、下山することなく隊列を組み登り始めます。

細かく決まっている隊列の順番には、隊列が伸びるのは良くないから女性警察官を前に置いているのだと藤に教えてもらいます。

先頭集団には安全確保や状況判断ができそうな人。

その時山田が倒木注意と声を掛け、それをどんどん後ろに伝達していきます。

前から来た登山をしているカップルとすれ違い、皆羨ましそうに見つめます。

北条が如月に学生時代モテたでしょ?と聞くと、全くそんなことなかったと返ってきます。

その答えにイケメンは皆そう言うとつまらなさそうにされたので、今度はこの顔だから死ぬほどモテましたよと返すと感じ悪っと言われます。

正解とは?

後ろで横井係長がイケメンはブスを人としてカウントしてなさそうとボソッと言います。

それを藤が如月のカウンターはユルユルだからずっとカウントしているとフォローします。

横井係長は心の闇が深そうです。

源に対してはフランクに接する横井。

ゴツい岩の前で足届きます?と聞かれたら、短足で悪かったなと返すし、ここ滑りますと言われたらおばあちゃん扱いするなと返します。

しかし如月が横井の頭上にある枝を危ないと避けてあげると、すいませんと敬語にならります。

なぜならハンサムからの親切は1ヶ月いいことない気がするからだそうです。

それじゃあ、疫病神!!

そうこうしつつも一同山頂に到着します。

訓練といえども充実感があります。

しかし、これからの下りは背負い搬送訓練が行われます。

負傷者をおんぶして下山することです。

小柄な川合は負傷者役でモテ期が到来しますが、副署長がそれを許しません。

源が男女雇用機会均等法により平等に決めようと言うので、負傷者役を源、おぶう役を藤という妙な組み合わせが出来上がります。

藤の目はもはや血走っています。

源は俺重いからと遠慮しますが、壊したっていいからと源をおぶろうとします。

しかし如月が、源の目がこの前パクったS級の犯罪者と同じ目だから俺が代わると助け舟を出します。

流石の藤も気持ち悪いと退散し、如月と源のペアを見て一同不安になります。

副署長が出発前に想像してほしいと今日の訓練の想定を一通り話します。

すると警察官のスイッチがオン。

皆で負傷者役の源を気遣いながら協力し合い下山していきます。

最後に下山し終え、源を降ろした後に体調確認をします。

大丈夫と言われ、周りは心底安心した顔に。

それを見ていた藤はあれ元気な源だよと飽きれています。

川合はお巡りさん真面目だなぁと心底思います。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~183話感想

このノリ、適度な下ネタにハコヅメワールドが戻ってきたなぁという感じがします。

男女平等と言えども、源を背負うのはきついよ。

みんなの警察官スイッチを入れる副署長は分かっていらっしゃる。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~184話考察予想

川合の休職の話がなかなか出てきません。

川合も何となくいつものノリで仕事をしているので、もしかしたら休職せずにこのまま働くのかな?と思いました。

そろそろ藤・川合ペアでのお仕事が出てくるような気がします。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【183話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。 ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「モーニング」を1冊無料で読めちゃうのはこちら