ハイキュー!!

ハイキュー!!【375話】ネタバレあらすじ確定&感想|磨く

こんにちは。2019年12月2日発売の週刊少年ジャンプより、ハイキュー!!【375話】「磨く」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

374話では、及川と共にリベンジに燃えたビール奢らせブラザーズとの試合は無事に勝利しました。

その後、及川と一緒に試合をした後から現在までの日向の成長が猛スピードで描かれ、日向が日本の忍者と呼ばれるところまで来ました。

➡「ハイキュー!!」の最新刊を試し読む

ハイキュー!!【375話】最新話ネタバレあらすじ

ソルカードカップにてサンタナ・日向ペアは順調に勝ち進んでいき、次の競技会に出られるまであと一勝というところまで来ました。

エイトールはずっと気になっていた日向のパンツについている企業について聞きます。

日向のスポンサーについてくれている企業、それはなんと孤爪研磨の経営するです。

大学生・株式トレーダー・プロゲーマー・YouTuber・株式会社バウンシング・ボール代表取締役である孤爪はつまらなくなったらやめるという前提で、特に理由もなく日向のスポンサーになってくれたのです。

エイトールは日向にとある宣言をしました。

次の試合に勝ったら彼女、ニーナにプロポーズすると言うのです。

自分に発破をかける意味で宣言したエイトールでしたが、日向もエイトールのために頑張ります。

エイトールは前祝いで飲みに行こうと日向を誘いますが、日向はトレーニングがあると言って断りました。

エイトールはきっちりやって疲れないのか、と尋ねます。

エイトールが言っているのは肉体的ではなく精神的な意味です。

よく分からない日向を見て、エイトールは日向にとってのバレーは生活の一部であって、そのためにやることは努力ではないと認識しました。

ソルカードカップ最終日。

ニーナに応援されながら、日向たちの試合が始まります。

日向は試合に勝ってエイトールの結婚を見届けたら日本に帰る予定です。

この試合、こっそり日向のルームメイトも見に来ていました。試合が始まり相手の狙いは小さな日向に打たせることだとわかります。

しかし日向は砂の上でもしっかりと飛ぶ方法を熟知していました。高く飛ぶ日向の強烈な一打が決まります。

ハイキュー!!【375話】感想

もうバレーは続けていなさそうですが、研磨の今の状況はイメージにぴったり合っていました。現役の大学生なのにいろいろやっている人はすごいですね。

徐々に皆が何をしているのかわかってくると、木兎や黒尾が何をしているのか早く知りたくなります。

木兎は今もバレーを続けていそうですが、もしかすると全然違ったスポーツをしているかもしれません。日向はこの試合を最後に帰国する予定です。リオの地に名前をとどろかせて来るでしょう。

ハイキュー!!【376話】考察予想

今始まった試合に決着がつくところまでが次回の話で描かれるでしょう。日向が本当にやりたいことはビーチではなくバレーなので、ビーチの試合はそんなに深く掘り下げないと思います。

ニーナにプロポーズをすると言っていたエイトール、成功するといいですね。1つだけ解決してほしい問題があって、日向の失くなった財布が帰国前に出てきてくれることを願います。

妹から貰った大事な財布、日向のことだからリュックのどこかに入っている可能性もありますが、どこでもいいから見つかってほしいです。

➡ハイキュー【376話】へ

まとめ

ハイキュー!!【375話】「磨く」のネタバレと感想&376話の考察予想についてまとめました。