マーガレット

神様のえこひいき実写ドラマ最終回ネタバレは原作漫画通りの結末?

ドラマ「神様のえこひいき」が3/19よりHuluオリジナルドラマとして配信スタートします。

集英社の雑誌『マーガレット』とHuluがタッグを組んだ「マーガレット Love Stories」の第3弾ですね。

主演は藤原大祐と桜田ひより、共演は初めてながら文字通り2人で表裏一体となって、1人の主人公を演じることになります。

共演に窪塚愛流・新井舞良、そして古川雄輝を迎え、若々しさがはじける純愛かつちょっとTL風味アリのラブコメディが展開します。

そんなドラマ「神様のえこひいき」について、原作チェックやドラマのあらすじ・キャスト、関連ドラマなどをご紹介します!

「神様のえこひいき」はBLにあらず、徹底したラブコメ?原作の魅力は?

ドラマ「神様のえこひいき」の原作は小村あゆみ著のマンガで、雑誌『マーガレット』にて連載され、コミックは全5巻で完結しています。

『マーガレット』というと王道のラブストーリーのイメージが強いですが、「神様のえこひいき」には“主人公が1人2役”という不思議なヒネリが効いています。

また、小村あゆみ自身が時々解説的にぼやく通り、LGBTを意識している展開でもあり、なかなか深いラブコメなんですね。

主人公・天野弥白(男子)は登場して早々に事故に遭ってしまい、大好きな幼なじみ・七原ケンタへの心残りが強すぎたため、神様の気まぐれで天堂神楽(女子)として第二の人生を歩むことになります。

ただ弥白は「ケンタを女子にすら取られたくない!」と告白したものの、触れ合いたい・キスしたい…などと具体的に考えていたわけではないので、神楽に転生後の事態がややこしくなります。

普通にケンタの彼女の座を狙えばいいのに、慣れない女子としての生活やケンタの元カノ・鳥居鈴の接近に翻弄されたり、あげく弥白としての本音が神楽にすら嫉妬したりと、BLは放り出して純愛ラブコメ全開で盛り上がっていきます。

スパイスとしてマンガを盛り上げるのは神様とお付きの神獣・右近ちゃんです。

弥白の女子転生のプロデューサーとして、あるいはただのヤジ馬として応援したりちょっかいを出したりしてくるので、読み手も神様と一緒につい弥白たちの傍観者として盛り上がってしまいます。

ドラマ「神様のえこひいき」のあらすじ・キャスト紹介

「神様のえこひいき」あらすじ

天野弥白(藤原大祐)は一大決心で親友・七原ケンタ(窪塚)に告白するもフラれ、直後に交通事故で命を落としてしまう。
ところが神様(古川雄輝)の“えこひいき”により、なんと弥白はケンタ好みの女の子・天堂神楽(桜田ひより)に生まれ変わることになる。
「今度こそ、オレはケンタと恋をする!」と、盛り上がる弥白もとい神楽。
ところが男女が入れ替わったことで“それぞれの愛のカタチ”が交錯し、ケンタの元カノ・鳥居鈴(新井舞良)も交えて3人(?)の葛藤が幕を開ける…。

「神様のえこひいき」主要キャスト

天野弥白(藤原大祐)主人公、ケンタに恋する
天堂神楽(桜田ひより)弥白の転生した姿

七原ケンタ(窪塚愛流)弥白の幼なじみで親友
鳥居鈴(新井舞良) ケンタの元カノ
由起彦(春本ヒロ) 鈴に告白する男

天堂咲耶(森下ひさえ) 神楽の母
天堂尊(吉田ウーロン太) 神楽の父

天野恵麻(真飛聖) 弥白の母
七原美子(大谷麻衣)ケンタの母、恵麻の友人

神様(古川雄輝) お暇で気まぐれな神様
右近(こま・チワワ)神様のお付き、腐女子キャラ

主人公・天野弥白(藤原大祐)は最初の一大事を越えると思い出の存在となってしまい、しばらくはヒロイン・天堂神楽(桜田ひより)が引き継いで活躍するという、異色のW主演でドラマ「神様のえこひいき」は進みます。

桜田ひよりが「男の心を持つ女子・神楽」を体当たりで演じるのが楽しみです。

ちなみに神楽の両親(森下ひさえ・吉田ウーロン太)は原作マンガにはいないドラマオリジナルの登場人物なので、ポッと出(?)の娘・神楽とどう絡むのか、気になるところです。

弥白&神楽の想い人である七原ケンタ(窪塚愛流)は弥白の告白を断るザ・女好きキャラながら、元カノ・鳥居鈴(新井舞良)と別れた理由が「親友の弥白を大事にしすぎるから」という、ややこしい性格の持ち主です。

さらに鈴が神楽に対し「全然抱ける!」とばかりに猛烈に百合的な秋波を繰り出す事態になり、3人(ただし4キャラ)の男女を超越する混然とした関係の結末まで目が離せない展開が続きます。

また、チワワの右近をお付きに連れた古川雄輝が、えこひいきを発動するほど気まぐれな神様をどんな風に演じるのかも興味津々です。

ドラマ「神様のえこひいき」の最終回は幸せウェディング!?

ネタバレ注意!

マンガ「神様のえこひいき」はコミック全5巻の完結作品です。

先に最終話をネタバレしてしまうと…結局、弥白はもとどおり男の姿でケンタと結ばれることになります!

実は弥白は事故死ではなく意識不明で入院している状態で、神様は弥白が神楽の姿で恋心に決着をつけたところで、弥白を健康体に戻してあげるんです。

もちろんそれまでの間にケンタが煩悶のあまり神様に「願い事」をしたり、鈴と神楽の関係にイロイロあったりと、見どころは満載ですよ!

さらに弥白とケンタが両想いに転じてからは、2人の母親と向き合う現実や神様の“えこひいきの”深い理由など、後半のエピソードも盛り上がります。

原作マンガはファン納得の素敵な結末を迎えているので、ドラマの方も是非幸せなエンディングであってほしいです。

ドラマ「神様のえこひいき」と、合わせて見たいVODは?

ドラマ「神様のえこひいき」がHuluオリジナルドラマです。

3月19日からHuluで独占配信開始、毎週土曜に全8話のエピソード2話分ずつ配信という予定なので、1ヶ月間で楽しめるというわけですね。

他での配信は今のところ予定されていませんので、ご注意ください。

今回は「神様のえこひいき」に合わせて、藤原大祐・桜田ひよりが出演しているハートフルなVODをご紹介しますね。

おじさんはカワイイものがお好き

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」は眞島秀和主演、ツトム著の同名マンガが原作の、推し愛の強いオジサン達の生活を描くコメディドラマです。

子供のころからパグ太郎のぬいぐるみを愛してやまない小路三貴が、職場では課長・自宅では甥っ子との同居という生活をいかに推しキャラ愛を隠して過ごすかというコミカルなストーリーです。

イケオジたちが自分の趣味を隠そうとしたり推そうとしたりと葛藤している様子は、なかなかハートフルかつ面白いですよ。

藤原大祐は甥っ子・仁井真純役で、小路をいろいろ慌てさせたり、小路の同僚である鳴戸課長(桐山漣)を懐柔したりと、大活躍です。

★ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」は2022年3月現在、Hulu・U-NEXT・dTVで見放題配信中です。

Huluでは「ヒミツのおじカワエピソード」と称して全3話のオリジナルストーリーも配信されていますよ。

春の呪い

ドラマ「春の呪い」は高橋ひかる主演・工藤阿須賀がお相手役、小西明日翔著のマンガが原作です(コミック全2巻)。

主人公・夏は、若くして亡くなった妹・春を好きすぎるあまり、春の元婚約者と「春の足跡をたどって語り合う」という約束で形ばかりの交際をスタートします。

ところが亡き春の知らなかった側面に触れたり婚約者の優しさを理解したりするうちに、夏の心にも変化が訪れます。

終始シリアスなトーンではありますが、亡くなった人への思いと未来への歩みが胸を打つドラマです。

桜田ひよりは妹・春役として、姉と婚約者に挟まれた複雑な心情を思い出シーンと幽霊役の両面から好演していますよ。

★ドラマ「春の呪い」は2022年3月現在、U-NEXT・TELASA・Paravi・TSUTAYA TVで見放題配信中です。

まとめ

ドラマ「神様のえこひいき」について、原作紹介やネタバレ・ドラマの見どころや合わせて見たいVOD作品などをご紹介しました。

主演の藤原大祐と桜田ひよりが、弥白→神楽→弥白とどんな演技でリレーしていくのか、BL・百合チックな恋の展開など、楽しめる要素の多いラブコメです。

また、古川雄輝がちょっとチャラくて気まぐれな神様をどう演じるのかも楽しみです。

ドラマ「神様のえこひいき」は、Huluオリジナルで3月19日・土曜より配信スタートです。