マッシュル-MASHLE-

マッシュル-MASHLE-【46話】最新話ネタバレ確定&感想|レイン・エイムズと神に選ばれた力

こんにちは。ひらりです。

2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュルーMASHLE-【46話】『レイン・エイムズと神に選ばれた力』を読みました。

45話では、久々に実家に帰ったマッシュ。仲間たちと人生ゲームをしています。そんなマッシュの下に向かってくるのは、オルカ寮監督生のマーガレット。

そのマーガレットを足止めする為、レインが現れました。マーガレットの魔法に包囲されたレインは・・・神に選ばれし3本目の線を発現させます!!

それでは、この記事では、マッシュルーMASHLE-【46話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「マッシュル-MASHLE-」を1冊無料で読む

マッシュルーMASHLE-【46話】最新話ネタバレあらすじ

未だに人生ゲームを続けているマッシュたち。

駒を進めるマッシュは、またしてもゲームオーバーになっています。

2度目のゲームオーバーを受け、マッシュは外の空気を吸いに行ってしまいました。

動じていないように見えても、マッシュは魔法が使えないことを悩んでいる・・・。

仲間たちはそう感じます。

その頃、マッシュは全力で走っていました。

家からダッシュで離れたマッシュは・・・懐から巨大なシュークリームを取り出します。

仲間たちの前では食べられなかった限定シュークリームを手にし、食べ始めるマッシュ。

何か理由をつけて、あの場から逃れたかっただけでした。

しかし・・・茂みの向こうに誰かがいることに気が付くマッシュ。

そこでは、レインとマーガレットが戦いを繰り広げていたのです。

マーガレットの音符に囲まれ、絶体絶命のレイン。

3本線になったレインを見て、マーガレットは微笑んでいます。

自身の実力に、マーガレットは絶対の自信を持っていました。

今はなっている音符は、魔力に反応して連鎖的に爆発するもの・・・。

3本線の神覚者であっても、魔法を使わなければ何もできません。

自分の有利な状況を確信するマーガレットに・・・。

ある質問をぶつけるレイン。

彼は、マッシュを狙うようオーターに頼まれたのかと尋ねたのです。

全てを理解しているレインですが、知らないと誤魔化すマーガレット。

そこで、レインはマッシュについて語り始めました。

マーガレットが狙っているマッシュは、魔法が使えない・・・。

レインはそう話し、運命に抗う男の話を始めます。

普通なら絶望するはずが、マッシュはそうではない!!

マーガレットのような奴らには分からないというレインは、運命に抗うマッシュを評価して見せたのです。

ただ、そんな話には興味がないマーガレット。

杖を振り、攻撃を仕掛けました。

レインは連鎖爆発する魔法に囲まれており、魔法が使えない状況。

そこに攻撃を加えることで、マーガレットは勝利を確信します。

しかし・・・レインは一瞬で全ての魔法をかき消しました。

3本線になった魔導師は、杖の本来の姿を解放できる・・・。

レインの杖は、槍に代わったのです。

そのまま魔法を発動すると、現れたのは巨大な黒い剣!!?

初めて見た黒い魔法に、マーガレットは目を見開くのでした。

マッシュルーMASHLE-【46話】感想

引き続き描かれるのは、監督生の戦い。伝説の逸話を持つマーガレットが、レインを攻め続けています。

しかし、本気を出したレインは圧倒的・・・!!3本目の線には、秘密があったんですね。

杖には神が宿っており、3本線はその神を呼び出す力でした。

さらに、レインの杖は戦の神!!その強さは圧倒的です。

戦闘においてレインの右に出る者はいないと、ウォールバーグ校長は分かっていたようです。

さらに、そんなレインの言葉と戦いを見ているマッシュ。何かを感じるのでしょうか!?

マッシュルーMASHLE-【47話】考察予想

3本目の線に杖本来の姿、さらには黒い魔法迄発動したレイン。圧倒的な力を見せてくれました。

マーガレットも実力者のようですが、レインの勝利は確定したと思います。

ウォールバーグ校長は、かつて無邪気な淵源と戦った伝説の人物。

そのウォールバーグ校長が無邪気な淵源の討伐を任せたレインは、伝説級の力があったということですね。

戦の神を従えたレインが勝利し、姿を現すマッシュ。その気持ちを受けて、何かを感じると予想します。

マッシュルーMASHLE-【47話】へ

まとめ

この記事では、マッシュルーMASHLE-【46話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「マッシュル-MASHLE-」を1冊無料で読む