僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【266話】最新話ネタバレ確定&感想!トゥワイスの最後の姿

こんにちは。2020年3月30日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【266話】「Happy Life」を読みました。この記事では僕のヒーローアカデミア【266話】のネタバレと感想&267話の考察予想についてまとめました。

265話では、トゥワイスは仲間を守るために大量の分身を出してホークスに立ち向かうもホークスには敵わず、殺されそうになってしまいました。

自分がまた仲間を窮地に陥れてしまったことにトゥワイスが嘆いた時、荼毘が現れてホークスを燃やします。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメや最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【266話】最新話ネタバレあらすじ

急襲してきた荼毘に燃やされたと思われたホークスは、ボロボロになりながらもトゥワイスを抱えて炎から逃れました。

トゥワイスごと燃やそうとした荼毘は、ヒーローとしてホークスが人命救助をしてしまうという習性を利用したのです。

荼毘の皮肉を聞き、ヒーローであることがバレていたのかとホークスが聞くと、荼毘は最初から信じていなかったと答えました。

羽が焦げた上に狭い場所では圧倒的に不利なホークスは弱らせたトゥワイスを運び出して目的を最優先しようとします。

しかし、もう動けないと思っていたトゥワイスはホークスの側から逃げると荼毘に攻撃しろと言います。

炎を出した荼毘は、トゥワイスが暴れればヒーローを倒せる、みんなが待っているとトゥワイスに伝えます。

涙目で返事したトゥワイスは分身を出しながら部屋を出ようとします。

ホークスはいつの間にか部屋の外に出ており、部屋から出てくるトゥワイスを正面から叩こうとします。それでもトゥワイスは止まりません。

その時、荼毘が鷹見啓悟という名を呼びます。これはホークスの名前でした。

動揺したホークスが荼毘の炎を避けて天井の方へ行った時、さらに炎は勢いを増します。

部屋から出たトゥワイスはロビーで行われる大乱闘を見て仲間を守らなければと分身を出します。

しかし、背後まで迫っていたホークスに後ろから刺されてしまいました。

その頃、飲み込む個性を持つヒーローがトガとMr.コンプレスを確保。

ヴィラン連合は終わりだと叫んだ時、後頭部をトゥワイスに刺されました。

何度も刺してくるトゥワイスに殺られてしまったヒーロー。

ヒーローの手から逃れたコンプレスは増えて逃げようとトゥワイスに言いますが、トゥワイスはもう増えることが出来ないと伝えます。

もう体力も限界のトゥワイスは2人に謝り、ホークスに殺られたと言うとトガに近づきます。また傷つけてしまったトガの顔に借りていたハンカチを当てました。

トガがトゥワイスを包んでくれたハンカチ。トゥワイスはどろりと溶け始めます。トガはトゥワイスを抱き締めて、助けてくれたことの感謝を伝えます。

自分よりも大切な仲間に恵まれたトゥワイスは、ホークスが運が悪いと言っても、誰になんの言われようとも幸せでした。

僕のヒーローアカデミア【266話】感想

涙なしでは読むことができない話です。殺ったと思ったら生きていて、殺られたと思ったら生きていての繰り返しの末、トゥワイスが死んでしまいましたが、最後にトガとコンプレスを救うことが出来ました。

ホークスに言われた運が悪かったという言葉を否定し、自分がヴィラン連合にいたことは幸せだったと証明したトゥワイスの最後の姿はとても美しいものだったと思います。

ずっとトガが貸してくれたハンカチを持っていたのも胸が熱くなりました。違った世界なら2人は幸せになったのかなと考えてしまいました。

僕のヒーローアカデミア【267話】考察

ホークスはトゥワイスにトドメを刺したものの、荼毘を倒したわけではありません。それどころか荼毘にはダメージを与えられていないので、このまま荼毘に殺されてしまうと思っています。

ホークスが死んだ場合、その死体は晒されることになります。そうなればこの場にいないエンデヴァーの耳にも入るでしょう。

ここで場面はまた病院に戻って、ハイエンド脳無との戦いの状況がわかると思います。まだ動かないまでも現在の死柄木が登場しそうです。

➡僕のヒーローアカデミア【267話】へ

まとめ

2020年3月30日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【266話】「Happy Life」のネタバレと感想&267話の考察予想についてまとめました。