賭博堕天録カイジ

賭博堕天録カイジ【375話】最新話ネタバレあらすじ感想|猜疑

こんにちは。ひらりです。

2021年1月18日発売のヤングマガジンより、賭博堕天録カイジ【375話】『猜疑』を読みました。

374話では、カイジの鞄の中身から、ある性癖を推測する石高。それは・・・獣好き!!?

羊が表紙に載っているエロ本を見つけた石高は、カイジが獣との行為に興奮を覚えると勘違いをしてしまいました。木崎にもそのことを伝え、2人は眠れない夜を過ごします。

それでは、この記事では、賭博堕天録カイジ【375話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「カイジ」を1冊無料で読む

賭博堕天録カイジ【375話】最新話ネタバレあらすじ

いつの間にか眠りについた石高。

悪夢にうなされています。

彼の頭の中では・・・獣と一緒に、全裸で走り回るカイジ・・・。

あまりの衝撃に、石高は目を覚ましました。

その悪夢を思い出し、石高は目を閉じます。

本来、動物とカイジが戯れる夢は悪夢ではありません。

むしろ、極めて平和的な世界観。

しかし・・・カイジの性癖を勘違いしている石高にとって、それは悪夢でしかありませんでした。

時計を見ると、時刻は7時過ぎ・・・。

起き上がった石高は顔を洗い、眼鏡をかけて1階に降りて行きます。

フラフラと1階にある部屋に入ると・・・そこには、カイジたちの姿がありません。

木崎も起床し、石高の背後から現れました。

3人が既に起きていると知り、戸惑う2人。

外に出ると、倉庫から母親の声が聞こえてきます。

母親が話しているのは、マリオとチャン。2人に対し、寝汗をかいたと言っておねしょをしていたと話していました。

笑い声を上げるマリオとチャンを見て、不機嫌になる石高。

必死にひていしますが、母親は息子をイジります。

さらに笑い声を上げるマリオとチャン。

ただ、石高はそこで異変を感じました。

カイジがいない・・・。

行き先を尋ねると、母親は犬小屋を指します。

もう5日も散歩に行っていないポチを、散歩に連れて行ったカイジ。

石高家の愛犬と、散歩中でした。

その言葉を聞き、顔を青くする石高。

このなんでもない報告を受け、彼は激しく動揺したのです。

それは心臓の鼓動が高鳴り、苦しさを覚える程・・・。

遂には・・・愛犬が凌辱される妄想まで辿り着きました。

彼の脳裏に浮かんだのは、ポチの危機・・・!!

石高はカイジが向かった方角を尋ね、走り始めます。

小さなころのポチを思い出し、必死に走る石高。

近くの公園に辿り着き、ポチの名前を叫び始めました。

すると、人の声と犬の鳴き声が・・・。

恐る恐る石高が向かうと、そこではカイジがポチに抱き着いています。

嬉しそうなポチを奪い返し、臀部を見つめる石高。

まだ何もされていないと、安心した様子を見せました。

ただ、カイジに向ける視線は強烈です。

カイジの足元には、ポチの来ていた服・・・。

服を嫌がっていたポチのために脱がせたものの、石高は完全に勘違い!

何も知らないカイジに対し・・・石高はモンスターだと言い、去って行くのでした。

賭博堕天録カイジ【375話】感想

石高の勘違いは、どんどんエスカレート・・・。帝愛に捕まるよりはマシだと思いますが、最悪の別れとなりそうですね!!

鞄に入っていたエロ本から、カイジが動物に性欲を覚える本だと勘違いした石高。

そのタイミングで、カイジがポチを散歩に連れて行ってしまいました。

ここであり得ない勘違いをし、石高はポチを奪い返します。

カイジの闇には踏み込めないと感じていた石高ですが、踏み込むどころか軽蔑する始末・・・。

次回の展開が気になりますね!!

賭博堕天録カイジ【376話】考察予想

カイジの性癖について、大きな勘違いをする石高。これにより、思わぬ事態が発生すると予想します。

それは、キャンピングカーの交換拒否・・・。

カイジたちは今、書類が届くのを待っている状態。つまり、石高が書類にサインしなければ高官は成立しません。

ただ、この状況で石高がサインをするでしょうか!?

もしかすると、自分のキャンピングカーが動物を凌辱する場所になるかもしれない・・・。そう考えるはずです。

つまり、キャンピングカー交換の拒否に繋がるわけですね!子の誤解を、カイジはどうやって解くのでしょうか・・・!?

賭博堕天録カイジ【376話】へ

まとめ

この記事では、賭博堕天録カイジ【375話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧下さりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

最新の「ヤングマガジン」を無料で読む