マイホームヒーロー

マイホームヒーロー【127話】最新話ネタバレ感想|戦争開始の銃声

こんにちは。ひらりです。

2021年3月1日発売のマイホームヒーロー【127話】「戦争開始の銃声」を読みました。

126話では、半グレが遂に郷一郎拉致作戦を実行に移しました。

しかし、半グレ侵入に合わせて洋二たちを呼び出しタイミングを伺っていた哲雄の作戦が一枚上手をいき、

あたかも半グレが郷一郎を手にかけたように見える現場が作り出されました。

それでは、この記事では、マイホームヒーロー【127話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

マイホームヒーロー【127話】最新話ネタバレあらすじ

奥の部屋にいた半グレと血濡れの郷一郎の姿を発見すると、洋二たち村人3人、そして半グレの2人が同時に銃を抜きました。

洋二はこうなるに至るまでに起きたことを思い出します。

零花捜索中だった洋二たちの元に、仲間が息を切らして走ってきました。

そして半グレがまだ村に居り教祖を狙っていると伝えてきます。

実際に撃たれた子供(小沢)がいるため間違いないと言われた洋二は零花捜索を中止し、武装して郷一郎の屋敷に向かいます。

そして屋敷に入った瞬間、ガラスが割れる音と胡蝶の叫び声が聞こえてきました。

部屋には頭を撃たれて死んだ郷一郎の遺体と2人の半グレがいました。

洋二はわずかな違和感を覚えます。半グレ2人が「今」銃を取り出したことと、誰も先の銃声を聞いていないことから、郷一郎が死んだのは今ではないと予想できます。

口を塞いであるのも拉致のため、半グレにとっては郷一郎を殺すことにメリットがないことから、洋二は郷一郎は半グレに殺されたのではないと考えます。

奥の部屋に、天照がやってきました。胡蝶が止めるも郷一郎の遺体を見た天照は涙を流し、天罰を下せ、殺せと命令します。

半グレは殺したことを否定しかけて止めると言う奇妙な行動をとりましたが、胡蝶と天照が半グレを犯人とした以上、半グレが郷一郎が殺したことが確定事項になりました。

洋二の中には疑問が残っていますが、それでも銃を持って乗り込んで来た敵であることは変わりない為、洋二は銃を向け続けます。

哲雄自身、調べられれば半グレの仕業でないことはばれると思っていました。

しかし調べる余裕も、話合う余裕もないことを見越していたのです。状況こそが全てでした。

その時、窪が無線を2回たたきます。異変が起きてから30秒、状況を確認するための合図です。

返事がないことから、窪は2人が見つかったことを察して撤退します。

同時に洋二の部下も辺りを捜索するために屋敷を出ます。

どうにか窪たちを逃がさなければならないと思った半グレが無線機に手を伸ばした瞬間、洋二たちは発砲。2人の半グレを殺害しました。

哲雄の殺害を知る半グレを村に始末してもらう。洋二は郷一郎の遺体を調べたい気持ちを押さえ、村に潜む半グレを探し始めます。

哲雄の狙いは順調に進んでいます。

マイホームヒーロー【127話】感想

以前哲雄の頭に浮かんだ最悪の選択肢が現実のものとなり実行されました。

思いついた時は絶対にしてはいけないことだと思い悩んでいた哲雄ですが、歌仙が苦しめられている姿から郷一郎殺害を決め、そして最悪の選択肢を実行することに決めました。

この村に来てからそんなに長い時間は立っていませんが、その短期間で哲雄の心は大きく変化の時を迎えたと言えます。

この戦いの最後に笑っているのは一体どのグループになるのか、わくわくします。

マイホームヒーロー【128話】考察予想

哲雄の次の行動が気になるところです。

洋二の中で郷一郎殺害の真犯人に対する疑問が浮かぶ今の状態で、哲雄、歌仙、零花が村からの逃亡を計れば一気に疑いの目は哲雄に向けられます。

直前まで歌仙が一緒にいたことも哲雄を容疑者だと考える要素になるでしょう。

となれば村から逃げないことが賢明かもしれませんが、そもそも哲雄は監視下から逃げ出しているので既に疑わしい存在です。

半グレたちとのつぶし合いが終わるまでの間の哲雄の行動に注目です。

マイホームヒーロー【128話】へ

まとめ

この記事では、マイホームヒーロー【127話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングマガジン」を1冊無料で読む