逃げ上手の若君

逃げ上手の若君51話ネタバレ!心理戦と思いきや

2022年2月21日発売の少年ジャンプより、「逃げ上手の若君」51話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

やっとたどり着いた京都の街。

そこは鎌倉と違って今までにも見たこともない華やかな世界だった。

そしてどうやらこの京都の街にはサイコロがものすごく得意な女の子がいるようだ。

 

逃げ上手の若君50話のネタバレはこちら

逃げ上手の若君51話ネタバレ!

どうやらこのサイコロが強い女性はすごろくでものすごい強さを発揮しているようです。

このすごろくは柳と言うルールで行われるようです。

基本的な最高度のルールと同じようでゴールにたどり着いた時点で余ったサイコロの数の分だけ戻されてしまうと言うようです。

若君たちはサイコロを2個振りました。

出た目の数は10。

雫が駒を10個進めます。

どうやら雫もある程度はこういうラックを引き寄せる力を持っているようでした。

しかし目の前の女の子もそういったことに対しては別格の強さを持っています。

相手が出したサイコロは6が2つ。

その後もお互いに2人はサイコロの目を出し合ってゲームはものすごい速さで進んでいきます。

しかしやはりそのサイコロの出す目の数は相手の方が少し上回っているようです。

しずくはここであることを思いつきました。

それは若君に膝枕をしながらすごろくをプレイすると言うことでした。

 

逃げ上手の若君51話の感想

これは人気回復のために確実にテコ入れしてるよね。

ただこういうテコ入れで今まで成功した例を見たことがない。

このサイコロに対してどうやって策を講じていくのかとワクワクしながら読んでいたので少し期待はずれでした。

それとイカサマっていうのもあまり印象が良くないですね。

読んでない人にはネタバレで申し訳ないけど、あのカイジですらEカードのエピソードでイカサマを使った時は賛否両論だったのですから。

さらに向こうが正々堂々やってるのに、こっちがいかさまをしてはなぁ。

心理戦は作者が今まで得意としていたジャンルのはずです。

だから余計失望も大きかったですね。

せめてコミックボンボンでやっていたロックンゲームボーイが、ロックマンをやったことで急激に人気が上がったように、そのくらいの新しい可能性を見せてほしいと思います。

実際にPPPPPPも打ち切り寸前のところからAdoさんのフックアップがあったとは言え、ちゃんと面白い漫画が描けるようになっているからね。

池原しげと先生も長生きしてほしい漫画家の1人だよなぁ。