ワンピース

ワンピース【963話】ネタバレあらすじ確定&感想|侍になる

こんにちは。2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピー【第963話】「侍になる」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

962話では、白舞を飛び出し九里へと向かったおでんはその道中、知らぬ間に仲間を増やしていきました。

しかしおでんは1人でこっそり九里へ入っていくとアシュラ童子とその他のごろつき共を倒し、九里の王となります。九里を郷へと変えたおでんは、その功績をたたえられ九里大名の称号を授けられました。

ワンピース【963話】最新話ネタバレあらすじ

はるか昔から、ゾウに住むミンク族には光月家との間に結ばれた固い約束について語り継がれていました。

どちらかに何かあれば必ず駆けつけて共に戦う。

その話を聞いていた幼き日のイヌアラシとネコマムシは海外、ワノ国に憧れを抱き、2人だけで小さな船に乗り海に出ました。

しかし荒波にもまれ船は難破してしまいます。

命からがら打ち上げられたその先は運よく目的の地、ワノ国でした。

しかし、イヌアラシとネコマムシ、さらには2人を助けたカッパの河松は化け物だと言われてワノ国の人間たちから暴力を受けて殺されそうになってしまいました。

そこにタイミングよく現れたのが漁をしていたおでんです。

おでんは異形と言って子供をいじめる人間たちをボコボコにします。

そしてそのまま帰って行こうとしますが、ネコマムシたちに突っ込まれて縛られたネコマムシたちを助けてあげます。

そうなるともちろんネコマムシたちはおでんについて九里城へとやってきました。

錦えもん達はネコマムシたちの姿を見て驚きますが、おでんはスキヤキからミンク族のことを聞いたことがあるようです。

しかしカッパのことは知らないおでん。

河松は魚人だと言いますが、差別を受けるからと自分のコトをカッパだと言い張って生きてきたと話します。

ネコマムシたち3人はご飯を貰ってお腹がいっぱいになったところで、おでんから別れを告げられますが、行く当てがないからと九里城に住み着くようになりました。

どんどん人数が増えていきます。

そんな九里城は金欠です。

なんとおでんは金がないというオロチに金を貸していたのです。

おでんの危機を救うため、錦えもん達は雷ぞうの忍び足を習って白舞へ金を盗みに行きます。

しかしすぐに捕獲されてしまいました。

康イエはおでんのために金を盗みに来たという錦えもん達に盗んだ以上の金を渡します。

そしてその金で身なりを整え、礼儀と学を身につけ、いずれ将軍となるおでんのための侍、守り神となれと言います。

そして3年後、今よりも30年前九里大名一行の歩く姿は、まるで将軍行列と例えられるほど立派になっていました。

この時おでんは立派な姿をスキヤキに褒められるが、この日が父子が言葉を交わす最後の日となったと言います。

同じ年、ワノ国の港には白ひげ海賊団が打ち上げられていました。

船も壊れて困っている白ひげのもとへいち早く駆けつけたおでんは船に乗せてくれと頼みます。

ワンピース【963話】の感想

皆ぐーんと大きく成長しました。小さい時のイヌアラシとネコマムシ、河松はびっくりするくらい可愛い見た目をしています。3人を助けたのに、自由にはしてあげないあたりおでんは豪快で不思議な男だと感じました。

そして遂に侍たちは貫禄のある本当の”侍”になりました。このころはまだイゾウも一緒にいますね。しかし、港には白ひげが到着。

ここでイゾウの運命が変わるのでしょう。突然おでんが白ひげに斬りかかるシーンはアニメで見たいです。

ワンピース【964話】の考察予想

いきなりのおでんの申し出に白ひげは困惑することでしょう。おでんがロジャーの船に乗っていたことは既に分かっているのでここではついていかないのでしょうか。

予想としてはまずおでんはイゾウを連れて白ひげの船に乗り海へ出ます。海の上でロジャーの船を見つけ、惹かれたおでんはイゾウを残してロジャーの船に飛び乗るのではないでしょうか。

イゾウは現在では刀ではなく銃を使って戦っているので、どうしてそうなったのかもとても気になります。

スキヤキの死

父が病と聞いてかけつけたおでんは元気な父の姿に一安心した、しかしこれが2人が言葉を交わす最後の日になったとあります。これはスキヤキが死んでしまうことを表しているのでしょう。

おでんがワノ国の将軍となるのは、スキヤキが死んだからのようです。ではスキヤキはいつ死んでしまうのでしょう?第963話の時点で時間は3年後の今から30年前のまで進んでいます。

その時点で、おでんは漂着した白ひげに対して、自分が将軍ということを明かしていません。しかし、生きている父親と3年間も話さないということはあるでしょうか?つまり、あの3年たった時点でスキヤキは既に死に、おでんが将軍になっていると考えられます。

スキヤキの死とオロチの関係は?

白舞ではおでんに罪を被せて金を盗んだと思われるオロチ。この後オロチは独立して康イエのところを出ていきますが、これはおそらく金を盗んでいることがばれそうになってきたからだと思います。

康イエのところを出た後、オロチはおでんに何度か金をねだります。おでんは康イエのところにいたオロチを放ってはおけないと金を与えますが、オロチは金に困っていたわけではないと思われます。

さらにおでんがスキヤキと最後に言葉を交わしたあの日、スキヤキの城にはオロチの姿がありました。光月家の家臣として仕えていたのでしょう。将軍の家臣が普通に生活していて金に困ることはまず考えられません。

オロチは嘘を重ねて汚く金を集めていたようです。それもこれも、金で使える人を集めるためではないでしょうか?

おでん出航!?

白ひげを見つけたおでんは即効声をかけました。既にわかっている情報として、おでんはロジャーの船にのってラフテルにたどり着いたと言うことです。それではこの時、船におでんは乗らないのでしょうか。

おでんはわかりませんが確実に乗るのがイゾウです。イゾウはここで白ひげの船にのり、そのまま白ひげ海賊団の一員となるのでしょう。

自分の力で海に出ることは叶わなかったおでん。この機会は絶対に逃したくないはずです。となればこのタイミングで、ロジャーもワノ国へと来るのではないかと予想しています。

➡ワンピース【964話】へ

まとめ

ワンピース【963話】「侍になる」のネタバレと感想と964話の考察予想についてまとめました。