BE LOVE

おちたらおわり33話ネタバレ!【祓われるべき魂】孔美子の焦り!

令和4年4月1日発売のBELOVE5月号「おちたらおわり」についてネタバレをまとめました。

【前回までのあらすじ】

心菜とスズカは二人で食事をしながら待ち構えていました。

この食事会で孔美子の弱点を見つけ出すことが目的でうまく聞き出してもらわないとと録音を開始します。

航平の現在の状況の話題からお手伝いの望愛の話を振りますが、うまくかわされてしまいます。

二人のなれそめの話をしていると、孔美子は席を立ち、明日海も後を追いかけます。

心菜たちと連携しているのがバレていましたが、明日海は今回の一件で家族の絆が深まったと言い返します。

杏と陽美妃ちゃんとのやり取りを見ながら明日海は約束を破ってしまったことを詫びます。

そして孔美子の母親と会ってきたと話し出すのでした…

おちたらおわり33話ネタバレ!【祓われるべき魂】孔美子の焦り!

母親に会ってきたと言う明日海の爆弾発言に、雅純が君の母親はご存命だったのかと呟きます。

長い間連絡を取っていなかったから驚いたと言う孔美子は母は元気だったかと尋ねます。

長崎で海を見ながらいろいろと話したと言う明日海に、本当か思わず尋ねます。

その言葉にどういう意味かと聞き返すと、デザートを持ってきた店員さんが入ってきます。

小さくため息をついた孔美子に気付いた明日海は明らかに動揺していると感じます。

孔美子が落としたフォークを拾った陽美妃ちゃんがお母様のお母様に会ってみたいと伝えます。

すごく楽しみな感じで聞いてきた陽美妃ちゃんの頭を撫でて孔美子はフォークを自分の脚に突き刺します。

それを見た陽美妃ちゃんは固まってしまい、杏が心配して声を掛けます。

笑顔を作った孔美子は明日海に日を改めて母の話を聞かせてほしいと頼みます。

とっさに明日海は口を押え、楽しい夜だったありがとうとお礼を伝えました。

自宅に戻り、おつかれーと3人でハイタッチします。

足の力が抜けた明日海を航平が支え、怖かったと明日海は思わず涙目になりました。

スズカは明日海をよくやったと抱きしめて、杏ちゃんも勇敢だったと褒めます。

心菜がぐーたっちで、ゆうきがあってつよいってことと改めて伝えます。

航平が杏を抱き上げて杏は自分が寝かしつけると席を外しました。

スズカが航平君頼もしくなったじゃんと言い、ビールを頂きますと飲みだします。

そして改めて心菜がクミちゃんママはどうだったのか尋ねます。

通っていた白鶯女学院は裕福な家庭が多くて孔美子は地元の大企業の社長令嬢だったと話し出します。

庶民の自分が孔美子と仲良くしているのが気に食わないという人はたくさんいたと話します。

いじめの事実を学校に訴えたときに孔美子の名前が出たとたんに先生たちの顔色が変わったと聞いたスズカが親の権力かと呟きます。

父親と元女医でPTA役員だった母親のせいで孔美子におとがめなしだったと解釈していました。

孔美子はずっと家庭が険悪だったと言っていたというと心菜も気になると同意します。

最期まで見方をしてくれた男の先生に会いに行ってくれた弟のおかげで孔美子の母親の居場所が分かったと伝えます。

過去の話をしたら孔美子の様に激昂するかもしれないという恐怖をもって、会いに行きました。

そこにはただ、無表情の高齢の女性が居るだけでした。

中学校の時に孔美子さんと一緒のクラスだったと自己紹介をすると、反応を示します。

くみこはわたしのかわいい娘…と言いながら中学…と言って語りだしました。

あの子にとってもわるいことをしたのと呟きだして、ねえ!と叫んで明日海を掴みます。

ごめんなさい、ごめんなさいと繰り返す姿をただ見つめていました。

入所したときから記憶が混濁していて会話が成り立たないからなにも聞くことはできなかったと明日海は言いました。

心菜は生い立ちから探ってみようと提案し、明日海は引き続いて母親を調べてみてと伝えます。

望愛も気になるけど心菜と紗都の動向を追ってみるとスズカは言いました。

単独行動は控えてとスズカから言われて明日海は大きく動くとバレると思ってと謝ります。

孔美子が本気になってくるから気を付けてと言う明日海に、望むところだとスズカは応じます。

孔美子はシャワーを浴びて全裸で雅純の所へ向かいます。

そして押し倒し、雅純はいつになく激しいなと軽口をたたきますが黙っててと孔美子は睨みつけます。

そして雅純の上に跨ると快楽に身を委ねます。

そしてダーツを持ち、力強く刺しました。

次の日、音楽を鳴らしながらフルーツや野菜をシェイカーに入れていきます。

そしてママ友誓約書も入れて一緒にジュースにしてしまい飲み干します。

起きてきた陽美妃ちゃんに今から大切なことを言うから覚えておいてと言いました。

誰かに裏切られたときは容赦せずに、怒っていいし間違いだって気付かせてあげてと伝えます。

人が道を外す時には必ずそばに悪い塊があると伝えました。

穢れを祓ってあげるのよとまっすぐ陽美妃ちゃんをみつめます。

そして、そこには矢でボロボロになったさんカイの写真があるのでした…

おちたらおわり33話【祓われるべき魂】孔美子の焦り!の感想

明日海の反撃、すごかったですねー

あんなに焦った孔美子は初めて見ましたね…

スズカと心菜の気の合い方もすごかったですね。

あんなママ友が近くにいたら大変そうだと、感じてしまいました。

さて、次回はカイにも孔美子の間の手が近づいてしまうのでしょうか!?

次回のおちたらおわり第34話が掲載されるBELOVE7月号は6月1日発売です!