めちゃコミック

ワタシってサバサバしてるから11話ネタバレ!新天地でも炸裂する網浜節!新たな天敵が現る!

めちゃコミックで連載中の「ワタシってサバサバしてるから」について11話ネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

期待したスカウトメールが全く来ないため、網浜は渋々人材派遣会社へ市場調査に出向きます。

そこで現れた『GO GO CITY』の滝川社長に強引に自分を売り込もうとしますが・・・

ワタシってサバサバしてるから10話ネタバレ!はこちら

 

ワタシってサバサバしてるから11話ネタバレ!

私、絶対あなたの会社に合っていると思います!

強引に会話に割って入ってきた網浜を広瀬は慌てて止めに入ります。

まだ派遣登録もしてないのに勝手な行動は困る、と広瀬は抗議しますが、網浜は先程とは打って変わって「おたくの派遣社員になります」と言い切ります。

広瀬は網浜のような人物を紹介したらクライアント先で問題を起こすに違いない、と青ざめて穏便に網浜の派遣登録を阻止しようとします。

しかし、網浜の様子を見た滝川は面白いと評価します。

網浜はさらに自身の社交的さを猛アピールし、滝川も積極的な人間は嫌いじゃないと評価します。

広瀬の心配をよそに、コールセンターの人材を急ぎで集めたいという背景も後押しし、網浜の採用は決まったのでした。

 

その夜、いつものバーで網浜は機嫌良くお酒を飲んでいました。

中身を見てもらえれば楽勝だ、と網浜は鼻高々ですが、ママは網浜を雇う滝川は相当な変わり者だと首を傾げます。

そしてあれだけ馬鹿にしていた割にはあっさりと派遣社員になった網浜を呆れ顔で見守ります。

しかし、今の網浜は以前の会社より勢いのあるGO GO CITYに潜り込めたという優越感に酔うばかり。

まさにピンチをチャンスに変えてしまったのでした。

 

数日後、マンパワークラブではコールセンター業務の説明会が行われることになりました。

説明会には沢山の人が参加しており、網浜は空いてる一番前の席に座ります。

すると、隣の席に座っていた女性が網浜をじっと見つめてきました。

網浜がどうも、と挨拶をすると、女性はお疲れさまです、とにこやかに挨拶してきます。

説明会が始まるまでの間、網浜は周囲の人を観察していきます。

なんだかパッとしない人が多いと考えながら、逆に自分が目立つと周囲をきっちり下に見るのでした。

そこへ広瀬が入室し、説明会が始まります。

今回のコールセンター事業は滝川肝いりの施策のため、求める人物像にマッチする人材が集められたと説明します。

求める人物像とは全部で3つ。

"お客様の立場になって気配できる" "何事にも前向き""ファッションセンスがある"

広瀬は説明をしながら内心で「網浜は除く・・・」と補足しますが、網浜自身は自分のことだとますますやる気を出します。

説明会も終盤になり、質疑応答の時間。

すると網浜は即座に挙手をして「今後時給は上がるのか?」と切り込んだ質問をしてきます。

周囲はどよめきますが、網浜は「一番大事だけどみんなが聞きにくいと思って」とやってやった感を出します。

広瀬はもちろんですと答えながら、早速暴走気味な網浜の先行きに不安を滲ませるのでした。

説明会が終わると網浜に声をかけてくる女性がいました。

桜井華と名乗る彼女は、これからよろしくお願いしますと深々と頭を下げて挨拶をしてきます。

そして、大勢の前で堂々と質問してすごいと興奮したように褒めてきます。

素直な称賛の言葉に網浜の機嫌は良くなります。
新しい職場にやる気が満ち溢れるのでした。

 

出社初日、GO GO CITYの本社ビルは網浜の想像を超えたお洒落な場所でした。

美術館のような外観に、カフェのような内装を見ながら光洋出版社とは比べ物にならないと思わず呟いてしまいます。

キョロキョロとしながら受付に向かうと、受付嬢から「派遣社員の方ですね」と確認されます。

ただの派遣社員とは違うと思い込んでいる網浜は、自分は社長直々に選ばれたんだと受付嬢に食ってかかります。

そこへ後ろからさらに派遣の方?と声を掛けてくる女性がいました。

反射的に反論しようとと振り返った網浜な目の前に現れたのは長身の美女。

社長秘書の早乙女でした。

早乙女は「今日入社の派遣はオリエンテーションに参加してもらう」とした上で会場へ案内するとにこやかに申し出てくれます。

しかし、美人で仕事ができる早乙女はいかにも網浜の嫌いなタイプの女性です。

いけすかない女としながらも、不本意ながら付いていく網浜は道中でも"香水臭い""こんな派手な女が趣味なんて社長は趣味が悪い"と内心で悪口を言いまくります。

すると、早乙女は突然振り返ると「うちで働くならもう少しファションに気を使ってくださいね」と言い出します。

呆気にとられる網浜に対して、さらに「そのファッションセンス、うちではNGですから」と小馬鹿にしたように言います。

網浜は我に帰り、いきなり失礼だと言い返します。

すると、早乙女は悪びれる様子もなく、クスリと笑いながら顔を歪めて網浜を見下します。

ごめんなさぁい、私毒舌だから。

これに対して、網浜は珍しくとっさに言い返せずに唸るのでした。

 

ワタシってサバサバしてるから11話感想

毒舌を免罪符に言いたいことを言ってきた網浜に新たなライバルが登場しました。

新しい職場では網浜VS早乙女のバトルが勃発しそうな気配です。