サカモトデイズ

サカモトデイズ【7話】最新話ネタバレ確定&感想!シュガーパークへようこそ!

こんにちは。ひらりです。

2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプより、SAKAMOTODAYS サカモトデイズ【7話】『シュガーパークへようこそ!』を読みました。

6話では、坂本の殺し屋同期から、現在坂本の首に懸賞金が賭けられたと教えられました。

すぐに命を狙われた坂本は簡単に自分を狙った殺し屋を倒すも、一応目立つ行動を控えようと思いました。しかし坂本は既に家族と遊園地に行く約束をしていました。

それでは、この記事では、サカモトデイズ【7話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

サカモトデイズ【7話】最新話ネタバレあらすじ

坂本一家、シン、陸は遊園地「東京シュガーパーク」を訪れていました。葵も花もとても喜んでいるため、懸賞金の一件がなければ最高の休日です。

シンは今日の任務は「敵の排除」と「坂本一家に楽しんでもらう」ことだと陸と小声で確認します。

何が何でも坂本一家には休日を楽しんで貰うのです。

きょろきょろとあたりを見回す陸を制し、シンは自分がエスパーであることを伝えます。

半径20m以内の人の心が読めるとシンガ言うと、陸はいつも自分の心の中ものぞかれていると怒り始めるもシンの力は集中していなければ使えません。

話をしている丁度その時、清掃員に扮した殺し屋栗井ニングが坂本に迫ってきました。

シンがすぐに栗井の存在をマイクで7伝えると、坂本は通り過ぎた後に攻撃を仕掛けて来た栗井に、ノールックで栗井の胸ポケットに入っていたボールペンを突き刺しました。

栗井の動きが止まるとシンと陸が颯爽と掃除のワゴンに栗井を入れて撤収。

栗井はリタイアとなりましたが、坂本はボールペンの刺す場所を選んでおり栗井が死ぬことはありません。

その様子を見ていたのは銀色の髪を逆立てたもう1人の殺し屋です。

男は坂本が殺しをしないことが甘いアピールだと、栗井にトドメを刺します。

男はシンの情報を知っており、エスパーの力を潜り抜けるために施行を停止すると決めて近づいてきます。

シンは異変を感じるも、それが何かまでは分かりませんでした。

坂本たちはジェットコースターに乗ります。流石にここでは狙われないと陸が言った時、前の方の席に銀髪の男を見つけました。

明らかにカタギには見えないと陸が良い、男が振り向いた時シンも男のやばさに気が付きました。

しかしジェットコースターは走り出してしまいます。最初の坂を下る時、男はさっそく銃を発砲してきました。

直前にシンに報告を受けたため対処できなかった坂本の眼鏡に銃弾が当たるも、防弾眼鏡のため防ぐことが出来ました。

シンは1人で男を倒すと言うと、ジェットコースターが1回転する部分で安全レバーを外して飛び降りました。

男の上に着地すると、そのまま男を席から引きずり出します。ジェットコースターのレールの上、男の相手をするのはシンです。

サカモトデイズ【7話】感想

坂本はジェットコースターが苦手の様ですが、家族のために苦手とは言わずに乗ってあげる優しさのシーンから始まりました。

その後もジェットコースターに乗っていたので、もうジェットコースターにしか乗らない日なのかと思い坂本が心配になります。

今回の遊園地ではたくさんの殺し屋に狙われることになるのは間違いありませんが、最初の強い殺し屋と戦うのはまさかのシンです。

既にシンも弱くはないことが分かっているため、それなりに安心して読むことが出来ます。

サカモトデイズ【8話】考察予想

まだ名前が出て来ていない銀髪の殺し屋は挙動から察するに少し狂っているように感じます。中国の殺し屋ソンヒとバチョウに近い感じです。

殺し屋といえば狂っていて当然なのですが、坂本、シン、南雲がまともであるため感覚が変わってしまっていました。

かっこよく決めて坂本のかわりに銀髪の殺し屋を倒すつもりのシンですが、殺さないと決めている坂本とは違い、シンは倒すことが出来ても殺してしまうか、騒ぎを起こしてしまうでしょう。

まとめ

この記事では、サカモトデイズ【7話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。