サカモトデイズ

サカモトデイズ50話ネタバレ最新確定と感想は?スラー登場!本当の狙いは殺連⁉

こんにちは。ひらりです。

2021年12月6日発売の週刊少年ジャンプより、サカモトデイズ【50話】「自転車」を読みました。

49話では、

自分の人生を語り始めたアパートは、自分と他人が同じであることを知る唯一の方法として殺人をしていると話しました。

殺人だけが繋がりを確認できる方法だと言うアパートの考えを否定した坂本は、そのことを分からせるためアパートを倒します。

それでは、この記事では、サカモトデイズ【50話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

サカモトデイズ50話ネタバレ最新あらすじ

アパートとの戦いが終わってから1時間後、坂本と平助はアパートを連れてシンたちのいる整体宮に来ていました。

目を覚ましたアパートは寝たふりをしながら坂本たちが団らんしている今の状況について理解しようとします。

しかしエスパーのシンには起きていることがバレてしまいます。

坂本たちが鹿島の仲間であると勘違いしたアパートは入っていたコタツから飛び出し警戒しますが、平助はいつもの様子で手伝って欲しいだけだと言います。

状況がとにかく飲み込めないアパートは自分が殺されないことについても疑問を持ちます。

坂本はアパートにもう1度座るように言うと、アパートが変わることにかけたから殺さないし、協力して欲しいのだと伝えました。

とはいえ勿論アパートが暴れればぶっ飛ばすつもりです。

アパートは自分が頼られることを不思議に思いつつも、普通に話しかけてくれる人たちを前に嬉しさを感じていました。知っていることを話してくれます。

アパートたち死刑囚が会ったのはスラーではなく鹿島だけです。

しかしアパートは1度、自分から鹿島のいるホテルに足を運びました。その時怒って鹿島をばらばらにしてしまったアパートは、糸を張って部屋の様子を聞き鹿島とスラーらしき人物の通話を聞きました。

するとスラーはORDERが死刑囚に気を取られている間に殺連の拠点を襲うと話したのです。

殺連は日本最大の殺し屋組織であり、その中で殺連関東支部は殺し屋の任務の管理、斡旋、その他のサポートなど様々な役割を担う中枢です。

そんな関東支部で、本日殺連史上未曾有の事件が発生するのです。

関東支部の前に自転車に乗った男2人組が現れました。

自転車を止め中に入ろうとしたところ警備員に入館証の提示を求められます。持っていない2人は警備員から銃を向けられました。

すると、オールバックの男が警備員に一撃で大穴を開け殺してしまいます。

オールバックと一緒にいるのがスラーです。スラーは元々殺連のライセンスを持っていたが捨てたと話しています。久々に入るのは緊張すると言ってスラーとオールバックが建物の中に入っていきました。

サカモトデイズ50話感想

普通に話してもらえるだけで嬉しそうにするアパートがすごくかわいかったです。

前回話していた過去から考えるに、アパートはただ普通の友達が欲しかっただけのはず。それなのに周りに恵まれず、ひどい目にあったから歪んで行った普通の子供でした。

可愛そうな被害者です。坂本のような人と出会っていれば殺しをせずに済んだのかもしれません。情報提供だけで一緒に戦うかはまだ不明ですが、アパートはしっかりと力になってくれました。

サカモトデイズ51話考察予想

スラー登場。殺連関東支部が襲撃されます。

鹿島など部下を連れているためもっと大人数で乗り込むのかと思えば連れているのは部下1人だけ。

しかしその1人がかなり強そうです。警備員の体をえぐり取るように穴を開けました。関東支部内は地獄のような状態になるでしょう。

坂本が殺連に行くことを決めましたが、到着したころには既に壊滅しスラーも姿を消しているかも知れません。坂本はスラーの尻尾を掴むことが出来るのでしょうか。

まとめ

この記事では、サカモトデイズ【50話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷クリック)サカモトデイズを1冊無料で読むならU-NEXT