めちゃコミック

セカンド・バースデイ2話ネタバレ!責任を持つということ

めちゃコミックオリジナルレーベル、コミックほげっとの「セカンド・バースデイ」2話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

学校でイジメを受けている主人公の大道勇輝。

お金を用意できないために学校へ行けず、またそのことを母親にも相談できずにいました。

一人公園で思い悩みながら過ごしていた勇輝の元に、アルバイト募集のチラシが風で飛ばされてきました。

母にこれ以上心配や迷惑をかけたくないという思いから、強くなりたいと思った勇輝は、募集がかけられていた土木事務所を訪れます。

面談をした所長に厳しい目で見られたものの、すでに働いている室伏という先輩のおかけで、採用してもらえることとなりました。

セカンド・バースデイ1話のネタバレはこちら

セカンド・バースデイ2話のネタバレ!

雇ってもらえることになった勇輝は、所長から給料について教えられます。

最初の1か月は日給1万円で、それ以降は1万2千円になるとのことでした。

まずは地面の工事をしている現場で、車の誘導をやってみなさいと指示されます。

簡単にできると思っていた勇輝でしたが、初めての仕事で勝手が分からずもたついてしまいます。

そんな勇輝に対し、文句を言う運転手も少なくありません。

事故が起こらない為の大切な仕事だから委縮するな、と室伏に言われた勇輝。

しかし交通整理で待たされている運転手たちの威圧感に気圧されて、逃げ出したくなってしまいます。

そんな状態の中、急いでるんだよとある運転手に大声で怒鳴られてしまった勇輝は、謝ってその車を通してしまいました。

そして目の前で軽い接触事故が起こります。

すぐに運転手の所へ謝りに行った勇輝の元へやってきたのは室伏。

お前の仕事だろ!責任を持て!と怒鳴られて殴られてしまいました。

仕事が終わった帰り道、勇輝は室伏に殴られた頬をさすりながら、イジメっ子たちに殴られるよりもずっと痛かったと思い返します。

そして自分が中途半端なせいで、運転手に怒られるのが怖いから謝っておけば良いと甘い考えで働いていたせいで、大事故になるところだったと反省します。

誰に邪険にされても、それが自分の大事な仕事であると認識した勇輝。

そして自分の行動に責任を持つことを自覚しました。

次の日出勤した勇輝は、所長と室伏に謝罪し、気持ちを入れ替えて頑張ると決意を表明します。

その決意に違わぬよう、おどおどせずに仕事をするようになった勇輝。

毎日落ち込む暇がないくらいがむしゃらに働き、自分から率先して動くようになりました。

また、自宅では筋トレも始めました。

ご飯もたくさん食べて、顔を隠すように長かった髪もさっぱり切って、顔がはっきり見えるようになりました。

少しずつ自分が変わることで、職場の人たちとの距離も次第に縮まっていった勇輝。

そんな勇輝の様子を見て、室伏が次のステップアップを提案します。

地面を固める為の、ランマーという小型の締固め機を使ってみようと言われたのです。

嬉しさをにじませながら、挑戦する決意をした勇輝。

所長から1週間分の給料を貰う時にも、新しい機械を使用することが楽しみで仕方なく、こぼれんばかりの笑顔でした。

またいつの間にか、働きだしてから1か月が経とうとしていました。

ニコニコしている勇輝を不思議に思いながらも、来週からは1万に2千円になると所長は告げました。

また、これからもよろしくね、とも。

新しい仕事を教えてもらえること。

仕事が継続できていること。

今後も活躍を期待されていること。

少しずつでも自分が変われてきていると実感できること。

勇輝にとっては嬉しいことばかりでした。

認めてもらえた気がしたのです。

それはきっと、勇輝にはあまり経験のないことだったのでしょう。

これからももっと色んなことを任せてもらえるように頑張ろう、と緩む気持ちを締めなおした時でした。

物事が順調な時は、得てしてその後に困難が待ち受けているものです。

大道?と声を掛けられ振り向くと、そこにいたのはイジメっ子の一人、佐渡でした…。

セカンド・バースデイ2話の感想!

個人的にすごく良いなぁと思ったのは、勇輝が変わったと分かるシーン。

初めての仕事でおどおどもたもたしては、相手に謝っていた勇輝。

室伏に殴られた後の仕事のシーンでは、悪態をつかれても、ご協力ありがとうございます、と言っていました。

謝るのではなく、お礼に変える。

それだけで相手の勇輝に対する心象も変わりますし、きちんと責任を持ってやろうという意思が伝わります。

また、○ヶ月後というような書き方ではなく、給料がアップすることで、もうすぐ1ヶ月が経つんだと読者に分からせる演出が素敵だなと思いました。

表情も明るくなって、自信も少しつきだして、自分が少しずつ変わってきたこと実感していた勇輝に、こちらまで嬉しくなってしまいました。

それなのに…最後の最後でやってきたイジメっ子との再会。

果たして変わってきている勇輝は、この再会をどんな風に乗り切るのでしょうか。

続きが気になって仕方ありません…!

セカンド・バースデイ3話のネタバレはこちら