週刊少年チャンピオン

SHY【28話】最新話ネタバレあらすじ感想|伝わること、遺るもの

こんにちは。2020年2月27日発売の週刊少年チャンピオンより、SHY【28話】「伝わること、遺るもの」のネタバレと個人的感想、次話考察予想についてまとめました。

27話では、ヒーローのスピリッツと戦闘をしていたアマラリルクの構成員ツィベタはスピリッツの実の母レーニャでした。

スピリッツとツィベタの戦闘の中、レーニャの死の真相とスピリッツに対する想いが語られました。ツィベタの心の氷が溶けたことで戦闘が終わりました。

➡「SHY」の最新刊を無料で読む

SHY【28話】最新話ネタバレあらすじ

アマラリルクに所属するツィベタは、すでに亡くなっている子供の頃の姿をしたスピリッツの母レーニャでした。

スピリッツに悲しい思いしかさせてこなかった後悔をスティグマという少年に利用され、アマラリルクとしてヒーローと敵対したツィベタ。

スピリッツとの戦いの中で記憶の共有をし、スピリッツがツィベタの心を開放するも、待っていたのは悲しい別れでした。

ツィベタが消えるまでの間に彼女から語られるアマラリルクという組織の秘密。スティグマという少年の野望と能力。

他人の夢を叶える能力を悪用し、子供だけの世界を作ろうと画策するスティグマと、彼によって集められた10人のアマラリルクに、

これからシャイたちヒーローはどう対処していくのか考えさせられることになりました。

そんな中訪れたスピリッツとツィベタの別れの時。孤児院の会談に座ってお酒を酌み交わす二人。

大人同士ならではの少し恥ずかしくも楽しい時間を過ごしました。

今まで伝えることの出来なかった「大好き」という言葉とともに、笑顔で消えていくツィベタの最後を見届けたスピリッツ。

微笑みの中に流れる一筋の涙。大好きな人との二度目の別れは寂しくも温もりのあるものでした。

ツィベタから想いを託されたシャイと過去を乗り越えたスピリッツは、ヒーローとしてのアマラリルクに立ち向かっていくことを誓い合いました。

その場を立ち去ろうとした時、シャイがふとツィベタの座っていた場所を見ると、空になった酒瓶の横に指輪がありました。

SHY【28話】感想

アマラリルクの一員で、この場に一緒に来ていたクフフの去り際に放った「バイバイは言わないよ…!」という言葉に、心を塗り替えられたアマラリルクの構成員たちの中にも友情という心があるとわかり、今まで深く語られなかった敵組織に感情移入出来るようになりました。

また、スピリッツとツィベタの別れのシーンはよくある別れの仕方だとは感じましたが、それでも切ない気持ちになれる温かくて素晴らしい幕切れであったと思いました。

SHY【29話】考察予想

この漫画における指輪というものは深くストーリーに結びついたものなので、最後に出てきたツィベタの指輪がどのようなストーリーに繋がっていくのか期待しています。

次話ではその指輪をシャイがヒーロー協会へ持ち帰り、解析していくことになると思います。

考察としては、色が黒くなかったことから、スティグマに利用され植え付けられた黒い指輪がツィベタの心の闇が晴れたことで、正常に機能するヒーローの武器的なものになると思っております。

10人のアマラリルクの構成員の内、まだ1人目でかなり深いストーリーがあったので、これからのヒーローとアマラリルクの戦いには注目していきたいです。

まとめ

2020年2月27日発売の週刊少年チャンピオンより、SHY【28話】「伝わること、遺るもの」のネタバレと個人的感想、次話考察予想についてまとめました。

➡「SHY」の最新刊を無料で読む