東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【135話】最新話ネタバレあらすじ感想!

こんにちは。2019年11月20日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【135話】を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

134話では、稀咲に撃たれたナオト。そんな状況の中タケミチ達の前にイザナが現れます。イザナの後にやって来た鶴蝶にタケミチは撃たれてしまいます。瀕死のナオトが最後にタケミチへの想いを告げ、握手をするために手を差し伸べます。そしてタケミチをタイムリープしました。

➡️東京卍リベンジャーズの最新刊を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【135話】最新話ネタバレあらすじ

タイムリープで2006年にやって来たタケミチ。

彼は住宅街の中を全力疾走していました。

たどり着いたのは公園。

そしてナオト呼んだタケミチ。

彼は現代のナオトは死んではいないという事を信じナオトと握手します。

しかし、ナオトと握手をしてもタイムリープができませんでした。

この現実を受け入れれないタケミチハその場に跪きます。

そして、大人のナオトとの出来事を思い出したり、支えだった彼の喪失からのショック号泣しています。

その後、滑り台に座り落ち込むタケミチ。

その様子を見ていたナオトは心配しますが、呼び出したことを謝るタケミチ。

時刻は深夜の2時を過ぎたころ、タケミチの前に人影が現れます。

ナオトだと思って彼の本来いるべき時代のナオトとの出会いの話を語り始めます。

その後も話を進めるタケミチ。

そして、今まで頑張ってきたけれど、タイムリープができないことで未来のナオトの死を悟りひどく不安になっています。

タケミチの話を静かに聞く人影。

さらに話を進めるタケミチには失敗する結果しか思い浮かばず、死にたいと思うのでした。

その直後、彼の後ろから一言声をかけますが、その人物はヒナでした。
ナオトだと思って未来のことを話していたことを驚くタケミチ。

そんな彼に本当の年齢を聞くヒナ。

そして、彼女は未来のタケミチはプロポーズしたのか聞きます。

その質問にひどく動揺するタケミチ。

タケミチの答えに対してのヒナの答えに対して涙するタケミチ。

そして、彼はあきらめないことを誓うのでした。

東京卍リベンジャーズ【135話】の感想

大切な仲間の死でひどく落ち込みますが、最愛の人のおかげで強くなろうとする主人公というような展開でしたが、最初に読んだときは漫画ではよくある展開だと思いました。

しかし、タケミチが生きるべき時代でたくさんの仲間の死や何度タイムリープしてもよくならないという現状の打開には強くならないといけないという意味付け。

さらには、もう戻れないという状況から、戻るためには今回は必ず良くしないといけないという状況を読者に強く印象付ける回になったと思います。

東京卍リベンジャーズ【136話】考察予想

タイムリープ直後はタイムリープ前の出来事や入手した情報を東京卍會の誰かに共有するという展開が多い印象が強いので、今回は例えば千冬に話す回になると思います。

また、未来で乾と九井であればイザナの情報を得られると思っていましたが、稀咲たちの襲撃にあってしまい得ることができませんでしたので、最後は2006年の乾と九井からイザナの情報を得ようすると思います。

そして、137話で乾と九井がイザナについて語るという展開につながると思います。

➡東京卍リベンジャーズ【136話】へ

まとめ

東京卍リベンジャーズ【135話】のネタバレと感想&136話の考察予想にについてまとめました。

➡️東京卍リベンジャーズの最新刊を無料で読む