中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから

中禅寺先生物怪講義録【16話】最新話ネタバレ感想|秋高く、乙女頬張る

こんにちは。ひらりです。

2021年1月16日(土)発売の少年マガジンエッジより、『中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。』【16話】「秋高く、乙女頬張る」を読みました。

15話では、中禅寺先生の家に新しく子猫が迎えられました。動物を飼う気はない中禅寺先生でしたが、子猫が千鶴子の失くした手鏡を見つけたことで千鶴子に気に入られてしまったのです。

化け猫かもしれない猫は、中禅寺先生にすぐに懐きました。

それでは、この記事では、『中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。』【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

中禅寺先生物怪講義録【16話】最新話ネタバレあらすじ

中禅寺先生が図書準備室にいません。中禅寺先生に会いに来た栞奈が入り口で立っていると、元気に榎木津が走ってきました。

榎木津は中禅寺先生がいないことを確認すると、明日家に来いと栞奈を突然誘ってきました。

言われるがまま榎木津の家に来た栞奈は、見たこともない豪邸を前にして入っていいのかと躊躇います。

恐る恐る足を踏み入れようとする栞奈は、同じように榎木津に呼ばれた中禅寺先生と木場に声をかけられました。

2人と一緒なら安心して中に入ることが出来ます。

この日の目的は芋焼き大会です。栞奈は芋と聞いて笑顔になりました。

榎木津に指図されて火を焚いている関口ですが、火が大きく燃え上がってしまいます。

榎木津がなんの準備もしていないため、栞奈は屋敷の中に水を貰いに行きます。

水を貰ったまではいいものの、広すぎる屋敷内で迷子になった栞奈は、丁度屋敷内を歩く中禅寺先生に助けられました。

中禅寺先生は榎木津の父に入手困難な本を取り寄せてもらっていたのを受けとりに行っていたのです。

栞奈の想像とは違い、榎木津の父はとても立派な人の様です。

栞奈は庭へ向かう間、中禅寺先生と友人たちの関係を聞きました。

榎木津と関口は大学が同じ、木場は絵の傷の幼馴染だったようです。栞奈が仲が良いと笑うと、中禅寺先生は単なる腐れ縁だと眉をしかめました。

庭では相変わらず無謀な榎木津に指示された関口が火を焚いています。

中禅寺先生、木場のサポートで無事に芋は焼き上がり皆で芋を食べます。

幸せそうな顔をする栞奈は、今日が満月であることに気付き、全員月に目をやりました。

中禅寺先生物怪講義録【16話】感想

今回は芋だけにほっくり(ほっこり)回でした。榎木津の父がとても立派な人物であるのならば、榎木津が自由に育っているのはどうしてなのだろうと少し疑問を抱きました。

もしかしたら呆れられているのかもしれません。

子供である栞奈を突然誘って来る行動には驚きましたが、栞奈がいても普通に受け入れてくれる大人たちの温かさにはこちらのこころも暖かくなりました。

今の時代、外で芋を焼くことは色々と問題になるからこそ、今回の話は楽しそうで羨ましくなりました。

中禅寺先生物怪講義録【17話】考察予想

前回、今回とどちらもプライベートの話だったからこそ、次回からはまたシリーズ物の謎解きが始まりそうです。

ドッペルゲンガー、神隠しと学校の人が関わっており、元々栞奈の周りで起きる事件はほとんど学校が舞台でしたが、

青マントの時のように外で事件が起きる話も面白いので好きです。

事件が起こるたびに、有名な迷信の情報を沢山得ることが出来るので楽しみです。

少し怖い迷信にも全て真実があると分かれば、何も怖くなくなる気がします。

中禅寺先生物怪講義録【17話】へ

まとめ

この記事では、中禅寺先生物怪講義録【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「少年マガジンエッジ」を1冊お得に読む