親愛なる僕へ殺意を込めて

親愛なる僕へ殺意をこめて【49話】最新話ネタバレ感想|50話を考察!

こんにちは。2019年6月17日発売のヤングマガジンより、親愛なる僕へ殺意をこめて【第49話】を読みましたのでご紹介します。

前話をまだご覧になっていない方はこちらからお願いします↓

漫画の最新話ネタバレ
親愛なる僕へ殺意をこめて【48話】最新話ネタバレ感想|49話を考察!こんにちは。2019年6月10日発売のヤングマガジンより、親愛なる僕へ殺意をこめて【第48話】を読みましたのでご紹介します。 前話をご...

第48話では、B一が半グレ集団SKALLのメンバーの1人の男の背中のタトゥーから、SKALLがLL事件に関係しているのではないかと疑いを持つところで終わっていました。

SKALLが売春を斡旋していることもわかりB一はSKALLを探ろうとします。

🔜「親愛なる僕へ殺意をこめて」をお得にいますぐ読む

親愛なる僕へ殺意をこめて【49話】最新話ネタバレあらすじ

SKALLと売春の関係が明らかになった今、SKALLとLL事件には何か繋がりがあるのか、という疑問がB一の頭に浮かびます。

なぜならLL事件の被害者は全員、エイジの父、八野衣真が経営していた高級デートクラブの女性会員で、そこの男性顧客と援助交際、つまり売春を行っていたという共通点があったのです。

このクラブの男性顧客には政治家や官僚、警察関係者がいたのですが、顧客リストが捜査の際に押収されたのにも関わらず、容疑者としてマークされたのは八野衣真で、顧客たちに捜査の手が及ぶことはありませんでした。

リストの存在は隠蔽されたとの噂もありますが実際のところ、リストが存在するのかどうかも定かではありません。

しかしB一は顧客リストの中に真犯人がいる可能性が高いと考えます。B一は顧客リストでSKALLとLL事件が繋がっている可能性を感じて、調べ始めます。

そして、顧客リストは確かに存在し、その顧客リストを真の右腕だった花坂という男が事件前に持ち逃げしたという噂があることが分かりました。

しかし、その後花坂は行方不明になってしまったと知ります。花坂は消されてしまったのか。

B一はその後も調べることを続け、花坂がSKALLと繋がっていた証拠を見つけます。

花坂はリストを持ち逃げしたことで殺されたのか、それとも誰かを揺すろうとして返り討ちにあったか、もしくはリストの奪い合いになりSKALLに殺されたのか…。

様々な可能性がB一の頭に浮かびます。

とにかく、リストがSKALLに流れてしまったことはまず間違いないと考えたB一はSKALLに近づこうと考えます。

そしてB一が接触を図ったのは、以前、自分を頃してほしいと言っていた葉子という女。

B一が自分が殺人鬼の息子であることをばらすと、殺してくれることを期待する葉子。

しかし、B一は葉子が死にたいのではなくこの状況から救ってほしいと思っていることに気づいており、自分についてこいと言います。

B一は、「俺がお前の虚構(せかい)をぶち壊してやる」と言って葉子を自分の方に招くのでした。

親愛なる僕へ殺意をこめて【49話】を読んだ感想

B一の行動力に心底驚かされます。普通一般人が何をしても、こんなに色々な情報を掴むことは不可能です。

けれど、それが逆にB一の復讐心の強さをひしひしと伝えて来るようでとても面白いです。葉子がこれからのキーパーソンになってくると思うので、B一とSKALLをどのように繋いでくれるのかがすごく気になります。

ラストシーンで、葉子を引き込もうとするB一の顔がいつものように暗く深い闇を抱えた悪い顔をしていたのでまた面白いことが起きると期待しています。

親愛なる僕へ殺意をこめて【50話】を考察

次回は、葉子とB一の関係が深まっていくところが描かれていくと考えています。今やっと葉子と接触したばかりなのに、次の話でいきなりSKALLと接触するとなると展開がはやすぎるので、まずは葉子の警戒心を解くところからがスタートだと思っています。

でも、葉子はSKALLの女だからすぐにSKALLとの接触も考えられるのでしょうか。

どちらにしても、このクラブでB一は自分が殺人鬼の息子だと言うことをもう隠す気はないように思えるので、相手が信じてくれるかどうかでことが進んでいくスピードが変わってくると思います。

漫画!最新話ネタバレ
親愛なる僕へ殺意をこめて【50話】最新話ネタバレ感想|51話を考察!こんにちは。2019年6月24日発売のヤングマガジンより、親愛なる僕へ殺意をこめて【第50話】を読みましたのでご紹介します。 前話をま...