ピッコマ

余命僅かな悪女にハッピーエンドを59話ネタバレ!怒ったアイザック・全貴族を脅迫!

mstoryhubで連載している「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」59話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

皇帝に真意を問われ、皆の前でアイザックへの想いを告白するクレア。

今後パーティーには出ません!と啖呵を切り、一人になったクレアに声をかけた人物は…?!

余命僅かな悪女にハッピーエンドを 59話ネタバレ

狐のお面で顔は隠れているものの、キラキラとした存在感が溢れ出ているサラミ侯爵。

噂の人物を目の当たりにしたクレアは、眩しい彼を直視できません。

自分を助けてくれたお礼を言って、さっさと去ろうとするクレアですが…。

サラミ侯爵は、アイザックにお世話になりましたし…と気になる発言をしたのです。

どういう事かと問うクレアに、話を続けるサラミ侯爵。

アイザックが以前のお茶会でクレアを苛めた令嬢たちを調べ上げ、その家の税務調査を行ったと言いました。

私のためにそこまで…?と、戸惑うクレア。

サラミ侯爵はその後、どうして私の招待を断るのですか!と迫ってきたのです。

この私の招待を…!と熱弁する彼を見たクレアは、ナルシストなのだと悟ります。

体調が悪くて…と謝るクレアに、直々に招待状を渡すサラミ侯爵。

招待に応じて頂けるんですよね!と言い残し、あっという間に走り去るのでした…。

 

サラミ侯爵が会場に戻ると、妹のサラミ嬢が走ってきました。

お兄様がいない間、大変な事があったと告げます。

アイザックが皇帝の前で、全ての貴族に麻薬調査して悪事を暴露したいと言い出したこと…。

クレアに手を出したらただでは済まないという警告・脅迫に、驚くサラミ侯爵。

クレアは随分と危険な人物を手懐けたのだな…と、感心するのでした。

 

馬車に乗り込んで先に帰ろうとするクレアに、すまなかったと謝罪するアイザック。

一緒に帰ろうかと言いますが、クレアは心配しないでと明るく振る舞います。

アイザックは仕方なく了承し、ため息をつきますが…。

去り際にクレアの頬にキスをして、邸宅で待っていて欲しいと囁きます。

不意打ちを食らったクレアは顔を真っ赤にして、頬を押さえるのでした…。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを 59話感想

アイザックのお仕置きが凄すぎて、ビビりましたね…!

元々仕事熱心だとは思うのですが、クレアの為だと見境いがなくなるところが好きです。

最初に出てきた時から比べて、二人の変化が大きくなっています。

この先もラブラブな二人が見れたらいいですね!