呪術廻戦

呪術廻戦【86話】ネタバレあらすじ確定&感想|渋谷事変④

こんにちは。2019年12月2日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【86話】「渋谷事変④」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

85話では、地下での戦いを繰り広げていた五条ですが、鬱陶しい花御を撃破。展延を解いてしまった花見は、五条の呪力に敵わず押し潰されてしまったのです。

圧倒的な五条の強さを前にすると、漏瑚も歯が立ちません。そんな中、虎杖たちの場面へと変わりました。

➡「呪術廻戦」の最新刊を試し読む

呪術廻戦【86話】最新話ネタバレあらすじ

明治神宮前、地下へと続くエスカレーターの前に虎杖、冥冥、憂憂がいます。

早く行きたい虎杖を憂憂が制止して、冥冥が地下にいる烏と視覚共有し終わるのを待ちます。

うるさい虎杖は黙るように憂憂に言われますが、冥冥はそんなことでは集中は途切れないようです。

もう少集中は先が見たいと思った冥冥ですが、突如烏たちが殺されてしまい、これ以上見ることができなくなってしまいました。

烏を通して見た状況を整理した冥冥は虎杖に、”弱い改造人間を大量に殺す”のと”強い呪霊を一体祓う”のどちらがいいか聞きます。

虎杖なら後者だろう、と判断する冥冥は地下の状況の説明を始めます。

冥冥の見立てでは、B1階とB2階の間に帳を下ろしている呪霊か呪詛師がおり、B4階に改造人間、それ以下に人間が追いやられています。

虎杖は、すぐに下に真人がいるのならとB2階へ向かいます。

そこにはバッタのような容姿をした呪霊が人間を食べていました。

バッタは自分のことを賢いと言うのが特徴です。

真人の場所を聞くと、下にいるとバッタは答えます。

バッタはここで帳を守っているようです。”守る”という言葉から近くに刺さっている物体が怪しいと考えた虎杖はそれを壊そうとします。

その時、バッタが真人に形を変えられた人間は普通の人間より不味いと言ったことで虎杖は激怒しバッタを蹴り飛ばします。

バッタは虎杖が自分の呪いをわかっていないと推測しますが、すでにバッタだと気づかれていることが分かると、虎杖のことを賢いと判断します。

呪術廻戦【86話】感想

今度は負けない、と真人を倒す決意をした虎杖のシーンと、人間の味の違いを話すバッタに蹴りかかる虎杖のシーンがかっこよくて好きでした。

しかし今回の話での1番の見所はラストシーンです。バッタの呪霊が虎杖のことを賢いと判断したシーン。この作品ならではの、シリアスな話が続いていたのに急にバカみたいになるギャップをうまく表してくれました。

烏を使って回りの様子を見るのは他の漫画でも見たことがあるので、日本古来からあるものなのでしょうか?

呪術廻戦【87話】考察予想

次回はバッタとの戦いが激化します。早く真人のところへ向かって真人を倒したいと思っていたはずの虎杖ですが、バッタの発言を聞きバッタを倒したい気持ちもかなり芽生えたと思います。

バッタは今回のラストで、虎杖を賢い男だと判断しました。それはつまり虎杖に警戒するということでしょう。

虎杖の思いとは裏腹に、この戦いは長引いてしまうような気がします。飛び回る相手、バッタだから脚力がすごそうです。虎杖のパンチがあたるのでしょうか?

→呪術廻戦【87話】へ

まとめ

呪術廻戦【86話】「渋谷事変④」のネタバレと感想&87話の考察予想についてまとめました。