ダイヤのA actⅡ

ダイヤのA actⅡ288話ネタバレ!交代した沢村の投球は?

2022年4月27日発売の週刊少年マガジン22・23号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

7回裏、1点リードの局面で、ついにエース沢村がマウンドに立ちました。

準決勝・市大三高でも好投したエースの登場に球場も大いに沸き立つのでした。

ダイヤのA actⅡ287話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ288話ネタバレ

7回裏、青道はマウンドにエースの沢村を投入しました。

対する稲城実業の打者は8番の神宮寺です。

神宮寺は降谷や沢村と同学年で、去年の夏から目立っていた2人をとても意識しており、今年だけじゃなく来年、再来年も自分たちの前に立ちはだかるのだと感じていたようです。

一方、御幸は沢村の表情が少し硬いと感じ、振ってくる打者なので甘くならないよう気をつけないといけないと考えます。

記者の峰は沢村について、サウスポーで降谷とタイプは違うものの、150㎞/h越えの豪速球をあれだけ見せられた後でのリリーフで気持ちが入っているだろうと推測します。

1つの采配が試合の流れを変えてしまうこともあるので、この継投がどんな結果になるのか未知数でした。

 

稲実は沢村について、130後半の球速で空振りが取れるキレのある直球と、同じ軌道から横、下へと動く変化球と、そこにチェンジアップがあるのが厄介な投手だと分析していました。

しかし国友監督は降谷のストレートに目が慣れている今なら、沢村の速い球にはついていけると考えていました。

そのため、打席の最前に立ち、変化しきる前に叩けと選手たちに指示を出しました。

 

御幸は神宮寺がバットを構える姿を見て、じっくり見るというより、狙い球を絞り切っていると推測し、打ちに来るなら望むところだと考えます。

そして沢村は前回稲実に敗北した日のことを思い出しながら、あの日を超えられると信じて、この1年戦ってきたのだと、強い思いを込めて1球目を投じました。

しかし初球は外れてボールに。

沢村は硬いのでもっとしなやかにと自分に言い聞かせます。

内野陣は楽にいつも通り行こうと沢村に声をかけます。

しかし沢村は最高の形で受けたバトンなので、中途半端な投球はできないと力が入り、2球目も外れてボールツーになりました。

御幸は下位とはいえ上位に繋がる打順なので、不用意にランナーを溜めたくないと考えます。

その時、沢村は何かを思い出し、すみません忘れてました!少々お待ちを!と告げます。

審判はタイムかと尋ねますが、時間は取らせないと答える沢村。

そして沢村は、おもむろに深呼吸を始めました。

観客は試合を止めて時間をかけて深呼吸をする彼の姿に驚きを隠せません。

神宮寺はこんなんで落ち着けるのかと疑問を感じ、気負ってますと言っているようなもんだと呆れます。

御幸はこっちがタイムを取るか迷うところで自己修正してくれると助かるが、待っているのは最高のボールだけだと考えながら、グラブを構えます。

そして深呼吸を終えた沢村は、3球目にナンバー9を投じました。

神宮寺は打ちに行きますが、ショートゴロになり、ワンアウトをとることができました。

御幸はまず1つここをとれたのは大きいと安心します。

さらに沢村は次の打者も、インコースを抉るカットボールでセカンドゴロに打ち取り、ツーアウトを取りました。

どうやら沢村は深呼吸をして自分で間を取ったことで、リズムを作り直せたようです。

そして打順はトップに戻り、1番のカルロスがバッターボックスに立ちます。

ここからだぞと考えながら、サインを送る御幸に、沢村は無言でうなずきます。

一方、カルロスは去年の夏を思い出させてやると闘志を燃やすのでした。

ダイヤのA actⅡ288話感想

交代直後の沢村はさすがに力んでいたようですが、自分で立て直しましたね。

そしてここから上位打線との対戦となりますが、どんな勝負になるのか楽しみです!

次回のダイヤのA actⅡ289話が掲載される週刊少年マガジン23号は5月11日に発売されます。

ダイヤのA actⅡ289話ネタバレはこちら