週刊少年チャンピオン

ハリガネサービスACE【98話】最新話ネタバレあらすじ感想|始点

こんにちは。ひらりです。

2021年1月14日発売の週刊少年チャンピオンより、ハリガネサービスACE【98話】『始点』を読みました。

97話では、第2セットで叶とマッチアップする家守。 叶は家守に対する嫌悪感からミスを連発。 挙げ句の果てに蕁麻疹まで起こしてしまいます。

その家守はポジションチェンジと共にナイストスを上げると、エースの重責から大船が強烈な一撃を決めるのでした。 

それでは、この記事では、ハリガネサービスACE【98話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ハリガネサービスACE【98話】最新話ネタバレあらすじ

叶がやたらと告白を受けるようになったのは、小学生中学年の頃からでした。

今までの遊び仲間を急に恋愛対象に見ることは出来ず、それらの誘いを断る叶。

そんな叶は女子とは仲良くなりたいのですが、逆にビッチと陰口を叩かれてしまいます。

好意を向けられるのは耐えられるました。

しかし制欲を向けられるのはキツすぎました。

元々発育も良く顔の造作がいいことも災いして、痴漢にあったり男性から好奇の視線を浴びるが駄目でした。

嘔吐するほどの悪寒。

あのねっとりした視線だけは、どうしても苦手なままでした。

ネット越しの家守の目を嫌う叶。

またしてもスパイクを止められてしまいます。

タイムを取る月聖。

戦う気がないならば交代すると監督から通告される叶に対して、ボールを渡す清。

すると2人は対人パスを開始しました。

パスを繰り返すうちに昔を思い出す叶。

当時付き合いが悪くなった清の後をついて行くと、そこでバレーの世界を目の当たりにします。

ネットを介して男女が同じコートに立ち競い合う姿。

自分が望んでいた対等の世界でプレーしたことを振り返りました。

タイムアウトが終了して、叶は気持ちを切り替えると清に礼を言いながらコートに戻ります。

叶の表情が変わったことを感じる家守。

コートにいらない感情を持ち込んだと反省する叶は、対角線に視線を向けます。
すると、そこから態勢を戻してストレート。

これには猫田もレシーブしきれません。

これで得点は、豊瀬6-月聖2。

原点を思い出した叶。

ここからは全部持ってこいと反撃に臨むのでした。 

ハリガネサービスACE【98話】感想

叶が家守を毛嫌いしていた理由が明らかになりました。かつて痴漢に遭ったオヤジの目線と似ていたからです。

これは家守にとっては全く無関係の事故物件で、キモいと言われるのは少し可哀想な気も。

しかし、不調の叶を助けたのは付き合い長い清でした。

叶がバレーを始めた原点を知るからこそ、対人パスで初歩に戻るという無口ながらも適切なフォロー。

平均身長が低いはずの月聖で、一人だけタッパのある清は叶と一緒にバレーをすべく進学をしたようです。

男と女に友情が存在するかはある意味永遠のテーマですが、今は男同士である叶と清の絆が描かれたお話となりました。

ハリガネサービスACE【99話】考察予想

清の助けでメンタル復活となった叶。

ラストは家守のお株を奪うような格好で、ぬるっとしたプレーで得点を決めました。

さすがに実力はあるだけに、ストレートスパイクは守備専門のリベロのレシーブを弾き飛ばすほどの威力です。

もう大丈夫とチームメイトに声をかけた叶の様子から、家守に対するこだわりを気にする必要が無くなったようです。

ここから月聖の反撃が予想されますが、対する豊瀬は作戦は選手任せのゲームプランのため、誰がどのような作戦を提案するのか楽しみです。

まとめ

この記事では、ハリガネサービスACE【98話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「ハリガネサービスACE」を1冊お得に読む