彼女、お借りします

彼女、お借りまします218話最新確定と感想は?彼女のいない日常

2022年1月6日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【218話】「楽園と彼女㉚」を読みました。

217話では、麻美に発言を撤回するように言った千鶴。

そして、麻美のしていることは間違っているとも言います。

それに対し、嘘をついている千鶴を嘘は悪だと軽蔑するような発言をする麻美。

麻美は千鶴を引っ張って和也のおばあちゃんのところへ連れて行こうとしますが、手を振り払われてしまいます。

そして千鶴は麻美にもう一度話し合いをしようと必死に頭を下げます。

それでは、この記事では、彼女、お借りします【218話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼女、お借りします218話ネタバレ最新話あらすじ

静寂に包まれた教会。

新郎新婦のテディベアが可愛らしく飾られ、ステンドガラスからは陽の光が入ってきています。

そんな教会の外で… 和也は振られたと項垂れています。

目からは大量の滝のような涙が。

こんなことなら告白しなければ良かったと頭を抱え、後悔に苛まれています。

千鶴に迷惑かけてるんだから、これは不可避だと言い聞かせますが、ごめんとはっきり言われたことに堪えています。

千鶴が告白に気付いていないわけがないからもう他解釈の余地はありません。

その時の千鶴は慌てていたから相当バツが悪かったのだろうと思います。

しかし、今思い返せばガチの告白は究極の規約違反です。

和也は最悪だぁ〜と頭をテーブルにガンガン打ち付け、そして千鶴は他の男とくっつくんだとまた滝のような涙を流します。

他の男と…和也はイケメンとあられもない格好の千鶴を1人想像し、勝手にメンタルが削られていきます。

その時、瑠夏から3回も電話かけたのに〜と大音量の電話がかかってきます。

和也は瑠夏と10時にプールに行く約束をしていました。

行くからと返事をし電話を切ったとき元気な瑠夏に日常が続くんだと思い、身体をムクッと起こします。

終わった…ボソッと呟きます。

でも千鶴に振られた人生が始まったなのかと思い直します。

プールに着くなり瑠夏が元気いっぱいばぁと驚かせてきます。

元気いっぱいの瑠夏に少し救われる気持ちに。

瑠夏はずっと待ってたんですよと突然和也に抱き付き、見られたら困ると慌ててしまいます。

そして和也は瑠夏に千鶴が一緒じゃないのかと聞くと、まだ来ていないと言われます。

それを聞いて告白されてワイワイ遊べる訳ないよなぁと落ち込みますが、瑠夏は千鶴と一緒じゃなかったのかと安心します。

その時瑠夏が旅行中言うのをずっと我慢していたからと、好きと笑顔を向けてくれます。

その気持ちに嬉しくなる和也。

こんな可愛い子に好きだって言われて超ハッピーおめでた野郎だと自分に言い聞かせます。

それに千鶴にはイケメンが似合っていると納得させます。

木部から千鶴は一緒じゃないのかと聞かれても、無しでも遊べると気にしないように努めます。

そうだ、千鶴のいない生活に戻るだけなんだ。

初めから無かったんだ。

そこにあったのは自分の妄想で仮想で、恋なんてなかったんだ。

和也は千鶴のことを吹っ切るよう、思いっ切り遊ぼうと皆のところへ向かいます。

その時待った?という彼氏とデート中の女の人の声が聞こえ、今までの千鶴とデートでの待ち合わせの瞬間を思い返すと同時に、他の男の人と一緒にいる場面を思い浮かべます。

他の女の人の胸を見れば、千鶴の胸を。

揺れる長い黒髪のポニーテールを見れば、ポニーテールが揺れている場面を。

女の人の手を見れば、千鶴が男の人の上に跨がる場面を。

妄想する度にプールにいるにも関わらす下半身は反応していきます。

木部は和也がいないことに気が付き、和也は?と聞きますが、誰も知りません。

瑠夏はジュースでも買いに行ったのでは?と言います。

しかし、そのすぐ後ろで和也は下半身が反応したまま、プールに潜り込み1人大声を上げながら大泣きしていました。

彼女、お借りします218話感想

今回は1人落ち込む和也の回でした。

振られて落ち込んだときに他の子から好きだと言われると嬉しいですよね。

ストレートな瑠夏可愛い。

思い出があり過ぎて、忘れるのも、吹っ切れるのも時間がかかりそうですね。

彼女、お借りします219話考察予想

今回は和也の回だったので、次はまた千鶴の回に戻るのかなぁと思います。

麻美との話し合いもまだ決着がついていないので、少し進展するのかな?と思います。

まとめ

この記事では、彼女、お借りします【218話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら