鬼滅の刃

鬼滅の刃【198話】最新話ネタバレ確定&感想!ついに無惨太陽を克服か!?絶体絶命の炭治郎!

こんにちは。2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【198話】「気付けば」のネタバレと感想&199話の考察予想についてまとめました。

197話では、確実に弱って行っているはずの無惨に炭治郎が飛び掛かった時、無惨の血鬼術により炭治郎は身動きが取れなくなってしまいました。

このままでは無惨に逃げられてしまうが動けない炭治郎の前に、なんと伊之助と善逸が戻ってきてくれました。柱たちも立ち上がりすぐそこまで来ています。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新巻を無料で読む

鬼滅の刃【198話】最新話ネタバレあらすじ

伊之助に続き、無惨に技を打ち込む善逸は体力が削られると共に足が使い物にならなくなったため、次に出した漆ノ型が満足に出せる最後の技となりました。

無惨の胸に大きな傷をつけると共に倒れた善逸。無惨の触手が善逸に向かって伸びていきます。それを阻止したのは伊之助です。

器用に無惨の触手を避けて攻撃を打ち込んっで来る伊之助を掃おうと、無惨は再び血鬼術による衝撃波を出しました。

動きが止まる伊之助を無惨の攻撃から救いたい善逸ですが間に合いません。

しかし炭治郎が立ち上がっていました。

無惨のスピードが落ち、衝撃波の攻撃も連続して出すことが出来なくなっていることに気付いた炭治郎は再び日の呼吸の技を繋げようと挑戦を始めます。

体がギリギリの炭治郎は血を吐き攻撃が止まるも、伊之助が無惨への攻撃をしてくれたため炭治郎は再び立ち上がりました。

無惨が逃げられないように攻撃を続けなければいけない、何とかして立ち上がりたい善逸は育手の爺ちゃんに祈りを捧げ、無意識化で体を動かし始めました。

3人の攻撃が無惨に逃げる隙を与えません。

遂に炭治郎の刀が無惨の胸を貫き、建物の壁へと無惨を押し付けます。

もう技を出すことが出来ない炭治郎は、とにかく1秒でも長く無惨をこの場に留めておくことに集中します。

押さえつけられたままの無惨が腕と触手で炭治郎を仕留めようとした時、無惨の腕が動かなくなってしまいます。

横に目をやる無惨。そこには無惨の腕を掴む蜜璃の姿がありました。いい加減にしろと泣きながら叫ぶ蜜璃はそのまま無惨の腕を素手で引きちぎってしまいました。

逆の腕で炭治郎を仕留めようとする無惨を次に止めたのは実弥です。

実弥にも腕を斬られて腕を失った無惨の顔が縦にぱっくりと割れます。そして大きな舌と大量の牙が炭治郎に迫ってきました。

絶体絶命の炭治郎が自分の命よりも無惨をこの場に留めておくことを優先した時、炭治郎と無惨の口の間に小芭内が割り込んできました。

無惨の牙が小芭内の顔面に突き刺さります。小芭内、炭治郎、実弥で無惨の体を抑えつけている間に、遂に夜が明けます。

鬼滅の刃【198話】感想

蜜璃が戻ってきたことがとにかくうれしいです。回を追うごとにどんどん醜くなっていく無惨の姿を見ていると、無残を倒すために自害した耀哉と無惨の会話を思い出してしまいます。

さらには、一度死にかけ炭治郎が戻ってきた時に、どちらが鬼か分からないと言っていたことも思い出しました。

あの時の無惨は自分がこのような姿になる未来を全く想像していなかったのでしょう。哀れとしか言いようがないですが、最後まで生にしがみつき何か大きなことを起こしそうです。

鬼滅の刃【199話】考察予想

遂に来た夜明け。長く生きてきてずっと太陽を克服する方法を探していた無惨。ここでその夢も終わりか、とも思われますが禰豆子の例を見てみると無惨の体が自然と太陽を克服する体に突然変化する可能性も十分に考えられます。

そう考えた理由のもう一つとして珠世の薬が関係しているのではないかと思います、人間に戻る薬、つまり太陽を克服する薬っである役割を担っている可能性があるからです。

夜明けが来たからと言って人間の勝利とはいかない気がしています。

➡鬼滅の刃【199話】へ

まとめ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【198話】「気付けば」のネタバレと感想&199話の考察予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル