キングダム

キングダム【634話】最新話ネタバレ感想!朱海平原での実質的な敗北

こんにちは。2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【634話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

633話では、朱海平原から撤退し、鄴を解放すべく急ぎ趙軍を率いて進軍する李牧。 王翦はその李牧を追撃するため、秦軍の各軍から二割の兵を選抜させ、追撃軍を編成しました。

信や王賁、蒙恬らは王翦軍の将たちと共に李牧を追いかけます。

➡「キングダム」のアニメや最新巻を無料で読む

キングダム【634話】最新話ネタバレあらすじ

鄴へ急ぐ李牧でしたが、戦闘続きの兵達は予想以上に疲労困憊しており、尚且つ大軍ということもあって思うように進軍速度が上がりません。

一方、疲労の度合いでは趙軍の比ではないほど疲れ切っていた秦軍でしたが、少数部隊としたこともあって追撃速度は趙軍以上。

やがて追撃軍は趙軍に追いつきます。

殿(しんがり)部隊が追撃軍と交戦している間に距離を広げ、一刻も早く鄴へと向かうつもりでいた李牧。

しかし追撃軍は殿部隊の間隙を縫って本軍に打撃を与えてきます。

李牧は致し方なく軍を急遽反転させて包囲陣でもってこれに対応。

すると追撃軍は完全に包囲される前にすぐさま退却します。

結果、李牧は追撃軍を瓦解させることは出来ないまま、進路を再び鄴へ向けて進軍。
するとまたまた追撃軍が殿部隊を抜けて本軍に…

こんな状況を何度となく繰り返しているうちに、やがて夜になってしまうのでした。

李牧は夜のうちに鄴へ向けて進軍することを考えます。

そのためには追撃軍を足止めしておかなくてはなりません。

追撃軍の宿営地を殿部隊で襲撃し、その隙に進軍することに。

この作戦は成功します。

兵たちは疲れ切っていましたが、明け方 遂に趙軍は鄴へ到着したのです。

李牧も兵たちもまだ鄴が桓騎軍に落とされていない事を遠目から確認。

しかし、ホッとする間もなく、突然目の前に桓騎軍が!

事態は一刻を争うため、李牧も策を講じている暇はありません。

各軍に力押しで立ちはだかる桓騎軍を突破するよう伝令。

趙軍は一丸となって突き進むのでした。

ですが、いかんせん疲労度が激しい兵たちは桓騎軍の雷土隊、ゼノウ一家を突破することが出来ません。

それどころか次々と討ち取られていきます。

その頃、夜間に襲撃を受けた追撃軍も鄴へと到着。

王翦の部下は桓騎軍との挟撃を進言しますが、王翦はその必要はないと告げます。

目の前で繰り広げられている戦況を見据え、いかに李牧といえども、現在の状態の兵では桓騎軍は崩せないと王翦は確信したからです。

李牧ら趙軍は桓騎軍を突破できず時間だけが過ぎていきます。

やがて李牧が恐れていたことが…

鄴城の固く閉ざされていた城門が難民たちの暴動によって遂に降ろされたのです!

キングダム【634話】感想

やはり、朱海平原での実質的な敗北は李牧をもってしても挽回出来そうにありません。つまり、李牧は信たち若き三将の成長を見誤ったがためにこの結果を招いてしまったということでしょう。

李牧にしてはお粗末に感じる力押しの策も、それだけ焦っていることの表れなのかもしれません。

その焦りに拍車をかけるようにして鄴の城門が中から開き、もはや李牧に挽回の手は残されていないのでは?

朱海平原で李牧が取った策自体は決して間違ってはいなかっただけに、李牧としては悔しいでしょう。

ただ、焦燥感が顔に出ちゃってる李牧を見ていると、最悪を想定をしていなかったのだろうかと首をかしげたくもなります。

キングダム【635話】考察予想

この結果を変えられない以上、いたずらに兵を失う選択を李牧がするとは考え難いです。確かに鄴を秦国に取られることはかなりの痛手であることは間違いありません。

それでも王都が落とされたわけではありませんので、李牧は再起を選ぶはずです。よって、全軍退却か一旦講和を結ぶ選択を取るのでしょう。

そして王翦も鄴を落としたとて、食料問題が解決したわけではありません。現在秦国との道が閉ざされている以上、この趙国内で何とかするしかないのです。

秘密裏に兵站の道が作られているのか、または周辺の土地から徴収するのか?この戦いを総括する意味でも、勝敗を左右した兵糧問題に対しての明確な答えを期待したいと思います。

➡️キングダム【635話】へ

まとめ

2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【634話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「キングダム」のアニメや最新巻を無料で読む