めちゃコミック

皇妃さまの育児論30話ネタバレ!精霊ウンディーネの加護の元で

めちゃコミックで配信中の「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」30話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

かつての大魔法使いエリサはアティエン帝国の皇帝カイトと結ばれ、

レオンを授かるも、皇子を厳しく育て上げる事に執念を燃やす余り、

成人後の皇帝レオンは自害をしてしまうのでした。

後悔の念と共に過去に戻ったエリサ。

未来を変える決心を固め陰謀渦巻く中、ただ一人立ち向かうエリサ。

第二皇子の誕生日パーティに参席する、エリサ、レオン、アセンシオたち。

精霊を召喚し、皇帝の眼を引き付けてしまったが経済的な困窮を免れたエリサ。

そんな彼女にとある客が…?

皇妃さまの育児論29話のネタバレはこちら

皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~30話ネタバレ

どうぞと言われ、入ってきた人物。

ケイン子爵夫人とティモシー親子でした。

この前エリサ遺言状の隠し場所のヒントを教えたところ、

無事見つけることができたようで、

どうにか気持ちに爵位を継ぐことができたとの事です。

そのお礼に…。

たくさんの贈り物をもってやってきたのでした。

丁重にお礼を述べるケイン子爵夫人。

突拍子もない私の言葉を信じたあなたの功です、と殊勝なことを話すエリサに、

第二皇妃様があと少し遅ければ取り返しがつかないところでした、

というと。

このご恩は一生忘れません、私に出来るのはこのぐらいですが、

これから何を差し上げたとしても頂いた恩には変えられない、と。

たくさんの宝石を持ってエリサに手渡すのでした。

見ただけでもすべて高価な宝石だとわかり。

これはエリサにとって願ってもないことです。

では今度は私が手ぶらで訪れてもお茶をご馳走してもらえますか?と話すと、

もちろんですと、夫人は答えます。

ティモシーも皇太子殿下と第三皇子様にお会いできて喜ぶでしょう。

と笑顔で答えるのを聞いて、エリサも微笑むのでした。

そしてレオンとティモシーが奥の部屋から現れると、

またウンディーネを出していただけますかとお願いします。

もちろんと、エリサは水の精霊を召喚すると

ウンディーネはレオンのことを気に入ったようで

2人の周りをくるくると回ります。

火の精霊と水の精霊は精霊の中でも特に珍しく、

全体的に四分の一しか存在しない貴重な存在だそうです

水の精霊は他にもどんなことができるのですか?と聞かれ。

噴水のように地面から湧き上がると、

レオンとティモシーを乗せて高く上がっていきます。

この事に使ってもいいのですかと子爵夫人が恐る恐る尋ねると、

もちろんよ、こんなこの力を使って今までしたことのうち一番楽しい、

これほどやりがいのことはやり合いになることはなさそうです、

とエリサは笑う子供たちを見て、自分も顔を緩めて微笑むのでした。

以前は優れた魔法使いであり、現在は精霊使いでもある。

そんなお方がそのようなことを言うなんてと、

とても感銘を受ける、子爵夫人でした。

そして侍女長マリーからは、

レオンはいつも布団に粗相することはあるけれど、

以前のようにもう泣くこともないと聞いているそうだけど、

何か助けを求める時はいつも第二皇妃ではなく、

マリーであることに少し寂しさを覚えるエリサでした。

ですが、枕もとで子守唄を歌い、優しく寝かし付けると

そのまま静かに部屋を出エリサ。

満月の綺麗な夜の廊下を歩きます。

自分のできることについて考えていたエリサ。

ふとある事を閃きます。

この力、なかなか使えるかもねとつぶやき、

夜空を眺めるエリサの考えることは…?

「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」30話の感想です。

水の精霊を使い、何かできること…?

何でしょうか?干ばつに苦しむ首都を救う事が出来るといいですね。

次回もお楽しみに!

皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~31話ネタバレ!はこちら