めちゃコミック

皇妃さまの育児論32話ネタバレ!give and take

めちゃコミックで配信中の「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」32話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

かつての大魔法使いエリサはアティエン帝国の皇帝カイトと結ばれ、

レオンを授かるも、皇子を厳しく育て上げる事に執念を燃やす余り、

成人後の皇帝レオンは自害をしてしまうのでした。

過去に戻ったエリサ。未来を変える決心を固め

陰謀渦巻く中、ただ一人立ち向かうエリサ。

第二皇子のパーティで精霊を召喚し、周囲のみならず、

皇帝の興味を惹きつけたのでした。

水の精霊を使って出来る事を思いついたエリサは…。

皇妃さまの育児論31話のネタバレはこちら

皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~32話ネタバレ

地下水脈を探し当てるため、

第2皇妃エリサと帝国皇帝カイトは皇宮を出て地下水脈を探しに出かけました。

―――そう私のためであり、私のもの。

と呟く皇帝カイト。

余計なことを言ったのかしらとエリサ。

だからこそ君を必要としているのだろう、とカイトは答えます。

未曾有の大干ばつ。

誰も成し得たこともない新しい歴史をこれから作るのだ。

帝国中が私と君への賞賛で溢れるだろう、とカイト。

今現在、確実に動ける精霊使いはエリサのみ。

あれば見つけられる水脈もほんの一部でしかない。

これは地道な作業となりそう、と覚悟したエリサ。

ターニャ川の祝福を独占していること、

東部貴族を形成できる最大の切り札がここにある、と確信するのでした。

賢い臣下はいくらでも使い道はあるが、

自分より前に出ようとする臣下を放っておく主はいない、とカイトはエリサに説くのでした。

その眼差しを見つめていると、水の精霊が戻ってきました。

どうやら水脈を探し当てたようです。

国土が広大なので他にも地下水脈があるものとみられ、

今探し当てても十分な量ではないと、エリサ。

確認程度と思ってくださいと皇帝カイトに説明するのでした。

そして皇帝の臣下たちを連れてその水脈の場所へ向けて歩き出す一行でしたが…。

突然エリサが立ち止まり第一皇妃の兄が、不審な表情をします。

今更できない等と、いうのではないでしょうね?と、

挑発をしてきますが。

その立ち止まった場所。

それは、即ち、第一公費の庭園であったのでした。

折しもちょうど皇宮内でお茶を飲んでいた第一皇妃。

そこへ侍女が慌てて駆けつけてきます。

庭園に皇帝陛下と第二皇妃様がいらっしゃるようだということを聞き、

庭園を掘り起こすという噂を聞きつけ真っ青になり、

駆けつける第一皇妃。

第二皇妃と皇帝に駆け寄り恭しく一礼をします。

わざわざ来なくてもいいと皇帝、今日は第二皇妃の用事で来たと、

それだけ言うと第一皇妃の前を素通りしていってしまうのでした。

こないだのパーティーの時から、これみよがしに自分の前に現れる

第二皇妃に対して、嫉妬の色を隠せない、第一皇妃。

第二皇妃の精霊が、水脈を探せるか確認をするために、

私の庭園を荒らすとでも言うの!?と第一皇妃に怒鳴りつけられ、

確認というより良い伝えに誤りがないかの検証をするだけだと、

臣下は答えます。

いずれにせよ、エリサはただの下級精霊使い。

どうせ何もできやしない、むしろ失敗したら責任をとらせればいいのだから、

こちらの有利になると踏んだ第一皇妃。

帝国と民のためでしたら戸惑いなどないと、第一皇妃。

どうぞ好きにお入りくださいと急に歓迎ムードの第一皇妃に、

それを聞くや否や不敵な笑みを浮かべる皇帝。

実に第一皇妃らしいと呟きながら、庭の中へと足を踏み入れます。

そこへ第一皇妃の兄が現れ…、

しっかりするんだ、イザベル。

皇帝はお前の体面を傷つけることで東部貴族を服従させるのが目的なんだ、

と説明します。

だがお前が負けた瞬間、お前への皇帝からの愛も終わってしまう。

と告げられ…、分かっているな?

価値のないものには、帝国はどこまでも残酷だということを。

そう言われ、怒りと悔しさで顔を歪ませる第一皇妃。

そして奥へと歩を進めるエリサとカイト。

ものすごいお金と労力をつぎ込んだものね、と感心するエリサでした。

そして水の精霊が花の前で立ち止まり…。

エリサに合図をします。

ここなのね?と言われ頷く水の精霊。

この場所だそうです、とくるりと後ろを振り返り…。

臣下たちに説明をする第二皇妃。

その次は?いつまでこうしているおつもりですか?と臣下たちに尋ねられ、

ここだと言われれば、やることは一つしかないでしょう?

と言い放つエリサに対し、

嫌な予感がして、動揺する一同達でした…。

「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」32話の感想です。

ついに水脈を見つけた第二皇妃!

そこというと…やっぱり掘り起こすのでしょうか?

次回をお楽しみに!

皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~33話ネタバレ!はこちら