男性向けまんが

魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】最新刊ネタバレ感想!お得に読む方法はコレ!

こんにちは。2020年3月10日に魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】が発売されました。この記事では、魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】のネタバレと感想、お得に読む方法についてご紹介します。

第1巻では、突然娶られ、地下での生活から地上へと生活の場を移すことになったアオ。しかし、魔法使いのジゼルに助けられながら、自らを理解し魔術を操るようになっていきます。

自身の名を関する色。青色に最初はほんろうされていたが、彼にとって真実の色・運命の色であることを理解し、その色を配下において人として生活を始めたのでした。

➡「魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】」をいますぐ立ち読み

 

魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】最新刊ネタバレ

地上で魔法使いの婿として、ジゼルを師に魔術について学び始めたアオは、次第に青色を配下に魔術を覚えていく。

始めは青色の暴走にされていたけれど、次第に真実に近づく色としてアオは色を支配し、操り始めるのでした。

そんな中で、アオは魔術で似顔絵を描き、人を探していたのです。塗料を混ぜ新たに作り出すことで、人の追跡を可能にしたり、そういった能力に芽生えていく彼には、ジゼルに出会った頃のようなおどおどしてはなく、自信に満ち溢れていました。

2週間で色々なことを吸収し、ジゼルにない発想であっても躊躇なく、アレンジしていきます。ガスパールがルーンを壁に描いているのを見て、地面に直接犬を描いて追跡を可能にしたりと、筋の良さはジゼルの見てきた中でも1,2を争うほどでした。

呪い屋を追い詰めたジゼルは呪い屋と魔術対決。それはアオには速さを目で追うのがやっとなほどのスピードで展開されますが、あらかじめ罠を張っていたジゼルに軍配が上がります。

妹が呪い屋の兄を庇う姿を見て、ジゼルは投降を促すのですが、過去に共同体から選ばれなかったことを恨みに持つ彼は拒否。

世界に居場所はないと豪語。アオはその言葉に、動揺を覚える。彼自身も同じ経験があったからでした。呪い屋の黒幕を見出す。

それは以前にあったアルベールでした。アルベールは妹のユーイーを先祖返りにするために兄に近づいたのでした。ジゼルはアルベールを追うつもりでしたが、アオは自分連れていくようにせがむ。それはジゼルを心配していたからでした。

魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】感想

世界に自分の居場所を見いだせないでいたアオが、偶然にも似顔絵を描いたジゼルとの出会いの縁。それがアオの運命を変えていきます。

未来の自分をうまくイメージもできていなかった彼が、ジゼルに夫(つま)と見出され、魔術を学ぶうちに新たな世界と、自信の名を冠する空との出会いが、運命を変えていきます。少しずつ積極的に。成長していく姿がとても楽しめる作品です。

本作は作品タイトルのメインであるエリアルとチセのいないスピンオフ作品で、舞台はフランスに移していますが、それらを感じさせない退屈しないお話となっています。

魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】お得に読む方法

魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】を文字だけでなくできれば漫画で読みたいですよね!そこでお得に読めるオススメの方法をご紹介します。

それは電子書籍サイトのebookjapanを利用することです。ebookjapanは初回Yahoo!IDで登録すると半額クーポンがもらえます。しかも60日間に6回も使えるクーポンです。それを使えば魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】638円を319円で読むことができます。

(月額プランなどはなく購入した本の分のみの支払いになります)ぜひお得に読んでくださいね。

ebookjapanへ

魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【3巻】考察予想

ジゼルは死を望んでいました。自身がドラゴンになる運命を持っていて、そういう呪いで彼女はくくられています。結婚という儀式でそれを定期的に洗い流しても、少しずつその呪いは彼女の体を蝕んでいきます。その事実を知ったアオ。

また、自身を殺すためにアオを選んだ。異形の姿はその呪いの表れだと知り、驚きを隠せないアオでしたが。アオは最初婚姻こそ驚いていたけれど、その生活にも慣れ、彼女と触れ合ううちに次第に彼女に惹かれていくのでした。

アオは死以外の別の方法を見つけたい。破邪の白にその答えがあるのではないかと密かに想ってるシーンがあることから、死以外の呪いを解く道を探すのではないかと思います。むしろその道に期待したいですね。

まとめ

2020年3月10日発売の魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】のネタバレと感想、お得に読む方法についてご紹介しました。

➡「魔法使いの嫁 詩篇108魔術師の青【2巻】」をいますぐ立ち読み