週刊少年マガジン

オリエント【87話】最新話ネタバレあらすじ感想|団を背負う

こんにちは。2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、オリエント【87話】『団を背負う』を読みました。

86話では、淡路島に攻め入った上杉軍。作戦の要となる上杉兼竜は犬川静六との戦いを繰り広げています。

静六によって断ち切られた繋がりを取り戻した兼竜ですが、静六の新たな黄方ならの前になす術がありません。それでも、兼竜は立ち上がるのでした。

この記事では、オリエント【87話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

オリエント【87話】最新話ネタバレあらすじ

イメージした物事を現実化し、相手に付与する静六の力。

兼竜は全身に骨折や火傷の痛みを負い、視覚なども奪われています。

それでも立ち上がり、勝利宣言をする兼竜。

圧倒的優位な静六は、余裕の表情を浮かべています。

逆境を跳ね除けようと兼竜がとった行動は・・・自分に刀を向けることでした。

その行動の意図がわからない静六。

兼竜は〝力比べ〟と言い、自身に刀気を当て始めます。

自分自身を攻撃するという謎の行動に出た兼竜。最も強い刀気を持つ赤刀の使い手である兼竜の刀気を浴びれば、激痛が伴うことは間違いありません。

敵である静六でさえ、兼竜の行動に顔をしかめています。

しかし、静六は異変に気付きました。

自分が付与していた骨折や火傷のの刀気が、兼竜の刀気によってぶち切られているのです。

自らの刀気で無理やり静六の刀気を外した兼竜。

その様子を見て、静六は驚愕します。

ただ、外しただけで再び付与できる静六の力。

その前に決着をつけようと、兼竜は静六に詰め寄りました。

パワーで勝る兼竜の赤刀ですが・・・切り裂かれたのは兼竜の方です。

純粋に武士としての剣術もずば抜けている静六。

その強さに、今度は兼竜が驚愕します。

ここまで傷を負いすぎていた兼竜はフラつき、トドメを刺されそうになった瞬間・・・2人の間に現れたのは、兼竜の部下です。

兼竜を助けようと、自ら盾となる3人の部下たち、

静六は部下ごと兼竜を殺そうと、刀を突き刺しました。

周囲に飛び散る血・・・。

静六の刀が捉えたのは・・・兼竜の左手です!

咄嗟に左手を伸ばし、静六の刀を受けた兼竜。そのまま刀を握りしめ静六の動きを封じ、逆に刀を突き刺しました。

血を吐いて倒れる静六。

部下の前で膝を折るわけにわいかないと話す兼竜が、勝利を納めたのです。

➡2020年5月13日発売の「週刊少年マガジン」を『試し読み』からいますぐチェック!

オリエント【87話】感想

上杉軍に刀気の繋がりを戻した兼竜ですが、その後も苦戦が続きました。静六の黄刀は無敵の強さに見えましたが、結局は兼竜がパワーで押し切って勝利。

これで上杉軍に良い流れが来ることは間違いありません。

部下が来たことで気持ちを持ち直した兼竜。竜巨の教えに従い、人との繋がりを大切にしてきたからこその勝利ですね。

そんな竜巨の魂を奪ったのは犬飼四郎。四郎も現在交戦中なので、そちらもどういった決着がつくのか楽しみです。

オリエント【88話】考察予想

次回、犬飼四郎と武蔵たちの戦いに話しは戻ると思います。今回で兼竜が勝利し、士気が上がる上杉軍。

兼竜の下には黒服が向かってきています。本来なら力尽きて動けない兼竜ですが、部下が現れているので、戦いの場からは離れることができるでしょう。

武蔵はブタ野郎との勝負で、みちるを取り戻せるかが問題となってきます。兼竜が静六を破ったことで、上杉軍の完全勝利が近づいてきたように思いますね。

武蔵はこの戦いで覚醒し、圧勝してくれることを願います。

まとめ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、オリエント【87話】『団を背負う』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「オリエント」の最新刊を無料で読む