めちゃコミック

ワタシってサバサバしてるから1話ネタバレ!自サバ女網浜、合コンに乱入する

めちゃコミックで連載中の「ワタシってサバサバしてるから」について1話ネタバレをまとめました。

ワタシってサバサバしてるから1話ネタバレ!

 

女の敵は女だ。みんな私みたいにサバサバ生きればいいのに!

自称サバサバ女(通称:自サバ女)の網浜は自身のポリシーをこう語ります。

光洋出版社の休憩室では、上司である橋本課長のパワハラな振る舞いに泣いている藤川を安藤が慰めていました。

2人に網浜はメソメソしてるから舐められるんだ、嫌なことは嫌というべきだと持論を述べます。

そして橋本課長には泣けば許されると思っているような女が女全体の価値を下げてて頭にくると得意気に言うのでした。

 

数日後、藤川と安藤は欠員が出た社内合コンの人数調整のため、同じ部署の本田に声をかけてみます。

普段部署の飲み会にも参加してこなかった本田ですが、今回は担当している記事の取材をかねてと快諾するのでした。

 

合コン当日。
男友達との飲んでいた網浜は偶然にも合コンメンバーと遭遇し、強引に合流することとなります。

男性陣は営業部のエース山城、鈴木、加賀、女性陣は本田、藤川、安藤、そして網浜です。

乾杯後、勝手に合コンに割り込んできたにもかかわらず、網浜は傍若無人な振る舞いを繰り返します。

お店のセレクトに文句を言って聞き慣れないメニュー名を馬鹿にしたり、会話に割り込んで聞かれてもいない自分の自慢話をするため、合コンメンバーの顔がひきつっていきます。

一方で積極的に会話に参加はしないものの、おっとりと優しい雰囲気の本田の話は周囲を和やかな空気に変えていきます。

そんな本田を見ながら山城は女性陣の服装を褒めますが、ここでも網浜は、「いつもより女出した甲斐があった」と嘲笑うような言い方をします。

本田は網浜の失礼な言い方にぽかんとしながら、「お気に入りの服を着てきただけですが下品でしたか?」と聞きます。

慌てて鈴木は素敵ですよとフォローを入れつつ、加賀に同意を求めますが、加賀は「人を貶めようとするのが一番女の嫌なところを煮詰めた感じする」と痛烈に網浜を批判します。

網浜はイジリに対してマジ返しされた、と苛立ちを露わにします。

さらに鈴木は網浜の着ているトップス(セレクトショップで24,000円で購入)を『ウニクロ』と称したり、山城にはつけているピアスを占い師がしているみたいでいいね、と微妙なフォローを入れられたりと続け様に服装に関してイジリ返しをされてしまいます。

鈴木と山城に悪意がないため、網浜はイラつきをぐっと堪えてお笑い役に収まることで場を盛り上げるのでした。

 

その後も泡盛ロックを飲む網浜は、隣でカシスオレンジをお代わりした本田にそんな女子みたいな

甘い飲み物飲めないとマウントを取ろうとします。

しかし、本田は「血糖値が高いんですか?」と本気か天然かわからないような返しをされてしまいます。

尽く本田のせいでコケにされてしまった網浜は面白くありません。

網浜VS本田の闘いが静かに幕を上げた瞬間でした。

 

合コンもお開きになり、タクシーで帰る山城を残しみんなは駅に向かおうとします。

しかし網浜は合コン中の会話で山城は自分に気があると都合よく解釈したため、山城をゲットすべくタクシー乗り場へ駆け出します。

機嫌がよさそうに近寄ってきた網浜に気づいた山城は、内心(帰りたい・・・)と思いながらも大人の対応であしらおうとします。

しかし、網浜は山城の住まいが隣駅聞き出し強引にタクシーの同乗を提案すると、がっくりと項垂れる山城を押し切ってしまうのでした。

タクシーの車内で網浜は合コンで恋人を作ろうとする人を小馬鹿にするように愚痴っていました。

山城はそんな会話にげんなりとしながらも、自身は人肌恋しいと漏らします。

しかし網浜は山城の人肌恋しい発言を自分への遠回しなアプローチだと解釈し、突然「私、セックスってスポーツとしか思っていない」と言い出します。

訝しげにする山城に対し、ニヤリと笑いながら続けます。

どうですか?私といい汗かきます?

あまりの恐怖に山城は、慌ててタクシーを止めて挨拶もそこそこに降車するのでした。

 

一方、電車で帰った鈴木の元に山城から「急いでタクシー降りた」と連絡がきます。

網浜と連絡先を交換していた鈴木は、山城からのメッセージを冷めた目で見ると、徐にメッセージを送信します。

鈴木からの2人で飲み直さないか、との誘いに網浜はなんでこんなに男が寄ってきちゃうんだろ、とニヤニヤと笑うのでした。

ワタシってサバサバしてるから1話感想

自称サバサバ女の強烈なキャラクターが光る作品。

みなさんの周りにも、こんな人いる!というような共感できる一面があるのではないでしょうか。

網浜の周りに毒づいておきながら、自分の都合の良いように物事を解釈する様は今後トラブルメイカーとなる気配がします。