サムライ8(エイト)八丸伝

サムライ8八丸伝【26話】最新話ネタバレあらすじ感想!侍らしく

こんにちは。2019年11月11日発売の週刊少年ジャンプより、サムライ8八丸伝【第26話】「侍らしく」を読みましたのでご紹介します。

25話では、喧嘩祭りの優勝者となった八丸。そこに主催者の弁慶が現れます。弁慶を、自分と同じ鍵の侍だと思っていた八丸ですが、その弁慶は犯罪者でした。

さらに、骨河は弁慶の仲間で、人質を取ろうととアンに襲い掛かります!

➡「サムライ8八丸伝」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

サムライ8八丸伝【26話】最新話ネタバレあらすじ

骨河が刀を抜き、アンにとびかかろうとした瞬間・・・八丸が骨河を殴り飛ばしました。

アンを助けるため、刀を抜こうとした達磨は、その動きの速さに驚いています。

作戦が失敗したことで、骨河を自分の下へと呼ぶ弁慶。

これで骨河が裏切者だったことが確定し、アンや竜は驚きを隠せません。

その中で、1人だけ骨河を怪しいと感じていたのは達磨。

密かに骨河を見張っていたのです。

弁慶の横に立った骨河は何かを操作する機械を取り出しました。

そんな骨河に対し、お前はいい奴だ、と話す竜。

その言葉を聞き、骨河はウインクを返しました。

その合図に、何かを察する竜。

しかし、骨河は機械を操作し、地中に眠る人型ホルダーで八丸たちを襲い始めるのでした。

大量のホルダー相手に、手こずる八丸たち。

裏切った骨河には、思い出したくない過去があります。

かつて侍の家に生まれた骨河。

しかしその素質がなく、〝家の恥〟と呼ばれていたのです。

いつかお前も人を失望させる、と八丸に言う骨河。

一方の弁慶は、達磨によって上空へと吹き飛ばされるのでした。

弁慶の相手をする達磨。

八丸たちの相手は、骨河が操る巨大ホルダーです。

八丸もいつかは達磨を失望させる。

そう繰り返す骨河に対し、立ち向かう八丸。

仲間やアンを守りながら、巨大ホルダーを真っ二つに切り裂きました。

そのまま骨河の下へと抜かう八丸。

骨河の前にある盾を切り裂きました。

死である達磨を信じている八丸は、骨河の前に躍り出ます!

サムライ8八丸伝【26話】の感想

喧嘩祭りは終盤を迎え、骨河が裏切っていたことが分かります。これが今回の需要なポイントでした。元々侍の家系に生まれ、その能力が開花しなかった骨河。そこに、かなりのコンプレックスがあるようです。

その気持ちを八丸にぶつけるとともに、昔は病弱だった八丸の不幸を願っているように見えます。昔の八丸に、過去の自分を重ねているのかもしれませんね。

そんな骨河は、意外にも強大な力を持っていました。弁慶が作ったという巨大ホルダー。その敵に、他の侍は手も足も出ません。

しかし、そのホルダーを一撃で倒した八丸。その成長ぶりが、さらに見られる1話でした。

サムライ8八丸伝【27話】を考察予想

次回は、この戦いに決着がつくと思います。竜に見せたウインクから考えると、骨河は実は裏切っていないと予想します。

弁慶と戦う達磨を、骨河が助けに入るのではないでしょうか。この戦いを経て、竜と骨河は仲間になると予想します。

さらに、今後どこかで骨河も侍になるのではないでしょうか。キャラクターを考えると、今後活躍してくれそうな良いキャラですね。さらに、竜にも秘密があるので、この2人が今後の展開に大きく影響すると予想します。

まとめ

サムライ8八丸伝【第26話】「侍らしく」のネタバレと感想&27話を考察予想についてまとめました。

➡「サムライ8八丸伝」のアニメ動画と最新刊を無料で読む