BL漫画

世界一初恋【14巻】最新刊ネタバレあらすじ感想|15巻を考察!

こんにちは!「エメラルド」に掲載されている「世界一初恋」14巻(2019年05月01日発売)を読みましたのでご紹介します。

前話では・・・律の留学していた時の友達である尚が登場し、律に好きだといいます。律のことが好きな政宗はそのことに嫉妬しました。政宗は律が留学していた時の律を自分が知らないのに尚が知っていることにも嫉妬し「全部が知りたい」律にいい、律を抱きました。

世界一初恋【14巻】最新刊ネタバレあらすじ

https://twitter.com/Reinyan015/status/1123513307812360192

律は尚がウイークリーマンションを更新するのを忘れたといい、家に泊めることになります。

尚は律に対してまっすぐに「律がすきだ」と思いを伝えます。

そんなとき、政宗は律に自分の家の鍵を渡します。

それで家に入っとけと言いますが、律はその日残業で政宗よりも遅くまで会社に残っていました。

すると政宗から電話がかかってきて「家に入れない」といわれ、スペアも家に置いてきたといわれ律はダッシュで家に帰ります。

律はわざと家に置いてきたと怒りますが、政宗は普通に迎えます。

その時の話の流れで政宗に尚に告白されたことがばれてしまいます。

そのことに対して自分の知らない律を知っている尚に対して嫉妬し政宗は怒り何度を抱いても自分のものにならず尚と仲良くしている姿を見て「あと何回抱いたらお前は俺のものになるの」といいます。

政宗は大事そうに律を抱きました尚と律が一緒にご飯を食べに行き、そこで「政宗と付き合うことにはデメリットしかない」「幸せにはなれない」と尚にいわれてしまい、律は悩みました。

仕事が終わって政宗と一緒に帰っている時に丁度尚が出てきて律の家に居候していることが政宗にばれてしまいます。

その時、いいわけとして「デメリットしかない」といわれたこと昔のことは勘違いだったことを政宗に頑張って説明しますが、政宗はデメリットしかないといわれそれに対して悩んでいる律に怒り「体だけの関係のほうが割り切れていい」と言い出します。

なぜこんなことになってしまうんだろうな、と悲しそうに政宗がいいました。

世界一初恋【14巻】を読んだ感想

今回は本当に悲しくて、いつもは政宗が強く律に対して思いを伝えて性行為に移るのですが今回は本当に悲しい性行為でした。

昔逃げられたこともあり怖くなってしまっているからより男の影におびえている政宗がなんだか不憫でもっと報われてもいいんじゃないかとも思います。

律もきっともう政宗のことが好きでもう一緒にいたいと思っているのに過去のことが邪魔をして前に進めない二人が本当にいじらしいです。

政宗にはドsでいてもらいたいので本当に切なくなるお話でした。書下ろしの木佐翔太の話もかわいくてよかったです。

世界一初恋【15巻】を考察

あと恋に落ちるまで一か月を切ったので。これからは政宗と律が幸せなお話にしてほしいです。特に政宗は今まであまり報われていない印象なので律に思いを伝えてもらってうれしそうに笑って大事そうに抱くようなそんな幸せな話になると思います。

今回は体だけの関係になってしまうかもしれないというところなので次話では、そこの誤解をまず解いて好きということを政宗に伝えて付き合うのは少し先でもそんなお互いに悲しい顔をしているところは見たくないのでここからもっと幸せになってほしいです。