東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ234話ネタバレ最新確定と感想は?マイキーの未来が闇に!

こんにちは。ひらりです。

2021年12月8日発売の週刊少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ234話が掲載されます。

233話では、マイキーがサウスを殴り殺してしまいました。抗争は終わり3チームに解散が命じられるもマイキーは明司を継ぎの標的にします。

マイキーを止めようと再び間に割って入る武道は、マイキーに容赦なく殴られ続けてしまうのでした。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ234話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

東京卍リベンジャーズ234話ネタバレ考察予想「マイキーの未来が闇に」

マイキーの心を支え、黒い衝動を抑えていた存在は兄である真一郎、妹のエマ、そして場地とドラケンでした。

この10年前の時点で唯一生き残っていたドラケンが死んでしまったことでもうマイキーに歯止めをかける存在はいません。

そうなった以上もうマイキーを止めることは出来ないのではないでしょうか。

九井の言葉も、武道の言葉も届かなかったマイキー。

ドラケンが死んだことで警察にも通報が行き警察が到着すると思われるため、逮捕されるまでマイキーは止まりません。

そして逮捕されるということはこのままマイキーの未来が闇に落ちて行く事を示しているでしょう。

東京卍リベンジャーズ234話ネタバレ考察予想「千咒はもう大丈夫」

現在武道がすごく殴られていて危険な状態ですが、このことは千咒が死なないことを示しました。

なぜなら武道が見た未来で千咒は武道のことを守り死んだようでしたが、その時の武道はここまでボロボロになっていませんでした。

つまり、今千咒の命に危険が迫った場合、千咒に駆け寄る武道の見た目が違い過ぎているためあの未来はやってこないのです。

武道が危険であるためよかったとは言い難い状況ですが、千咒が死なないことは確定したと予想します。

東京卍リベンジャーズ234話ネタバレ考察予想「三天の行方」

トップであるサウスを失った六波羅単代はこのまま解体となるでしょう。最悪の世代は六波羅単代を引っ張っていくとは考えにくいです。

現代で梵天に最悪の世代が名を連ねていたことから、最悪の世代メンバーは全員関東卍會の下につくのではないでしょうか。

マイキーを倒すという目標を掲げていた千咒も明司からもう一線を退くべきだと言われます。

ドラケンが死に、マイキがサウスを殺したという事実はそれほどに大きな影響をもたらすのです。

東京卍リベンジャーズ234話ネタバレ最新確定「There is no mending」

サウスを殺した時と同様、殺意に満ちたマイキーの拳が、動けない武道に容赦なく振り下ろされました。

そして次の瞬間、武道は病院にいました。集中治療室なのか沢山の機械に囲まれ、武道は酸素に繋がれています。

状況が良く分からずにいると、横には九井がいました。九井から3日間眠り続けていたことが伝えられます。

武道はようやくマイキーから殴り続けられたことを思い出すと、どうして自分が生きているのか不思議に思いました。

武道は喋ることが出来ない状況ですが、武道の思いを察したのか九井が当時の状況を説明してくれます。

既に戦える状態になかった千咒はそれでも武道とマイキーの間に割って入り、マイキーに土下座をしてこれ以上武道を殴らないで欲しいと頼み込んだのです。

同時に梵の解散を宣言しました。

三天戦争は死者2名を出し、関東卍會が六波羅単代を吸収、梵が解散されて幕を閉じました。

これで関東卍會が天下を取ったことになります。

九井は説明を終えると返っていきました。

自分のせいで梵は解散、自分の知らないマイキーを知るなど良くない結果ばかりを武道に残した三天戦争。

武道は自分が何をしているのか分からなくなりました。

そしてまた気を失い、目を覚ますと今度は千冬が病室に来ていました。

ドラケンの葬儀に行ってきたと話す千冬は、皆放心状態だったと状況を説明します。

そして未来でドラケンが生きていたことを聞いていたことから、武道のせいでドラケンが死んでしまったのだと戻って来た武道を涙ながらに責めてしまいました。

言葉が飛び出してっからハッとし、千冬は謝ります。

しかし武道は、全部自分のせいだと答え、千冬には部屋を出て行ってもらいました。

千冬が出て行った病室で天井を見ながら武道は心の中で謝ります。もう誰も巻き込みたくない。武道は1人で戦う新たな決意を固めました。

東京卍リベンジャーズ234話感想

読者の思いを千冬が代弁してくれました。武道が戻ってこなければドラケンが死ななかったことは本当のことです。

武道もそのことを理解しているとは思いますが、これだけマイキーの今を知ってもまだ1人で戦おうとしている神経は理解できません。

現代に戻るためにはマイキーを変えて自分が死んでしまう現代を変えなければならないため行動をとらないわけにもいかないのですが、

武道がやりたいことはあくまで「マイキーを助けること」。本当にこれ以上周りから犠牲を出さずにやれるかは怪しいところです。

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ234話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてください。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する