弱虫ペダル

弱虫ペダル679話ネタバレ!黒田の本気の走りに真波が驚く!?

2022年3月24日発売の週刊少年チャンピオン17号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

インターハイ2年連続優勝を果たした坂道は、巻島に会うことを楽しみにしていたものの、彼は飛行機の時間が迫り、坂道がインタビューに答えている間に帰ってしまいました。

しかし巻島は金城と田所の説得により、再び坂道の元へ戻り、ようやく坂道は彼に想いを伝えることができたのでした。

弱虫ペダル678話ネタバレはこちら

弱虫ペダル679話ネタバレ

箱根学園追い出しレースでは、1年生の溝川と戸田が必死にレギュラーメンバーの集団ペースについていこうとしていましたが、みるみる離されていました。

葦木場たちはもちろんのこと、スプリンターである銅橋や泉田も集団ペースにしっかりついていっており、溝川たちはレギュラーメンバーのすごさを改めて感じました。

 

しかしそんな彼らよりも、さらに速い速度で山を登っているのが、今年のインターハイ個人総合2位と3位の真波と黒田でした。

真波がわずかにリードし、黒田がそれを追いかける状態で、2人はどんどん加速していきます。

真波は内心登りの自分のペースについてくる黒田に感心していましたが、黒田はそんな彼の心を見透かし、ついて来るだけだと思うなと告げました。

その言葉を聞いた真波は胸がざわつきます。

気づけば2人の前方には右カーブが待ち構えていました。

真波はここで仕掛けてくるのかと気づきます。

すると黒田は「しなれ猫足!」と叫びながら、カーブの手前で仕掛けて真波を追い抜いていきました。

真波は今日の黒田はワンテンポ早いと感じます。

さらに黒田はスピードを乗せたまま、コーナーから全開で立ち上がり、加速も速く、あっという間に真波と差を広げていきました。

それを見た真波は今までにないほど黒田の本気を感じ取り、ゾクッとします。

そしてスプリント対決の時、あんなにはしゃいでいた黒田がこの山に入ってから、1度も口角が上がっていないことに気づく真波。

さすがに今日の勝負では、余裕で勝つというわけにはいかなそうだと感じながら、真波は加速して黒田の後ろに追いつきました。

真波は黒田に、走りのキレがすごい、ちょっと緩めたら置いて行かれそうだと興奮気味に言います。

そんな彼に黒田は、自分は今日お前に勝つために仕上げてきたのだと返しました。

すると真波は、それなら自分も出し惜しまずに行くと宣言し、黒田の横を颯爽と追い抜き、ぐんぐん加速していきます。

さすがに今のはやり過ぎたと感じながら、チラッと後ろを振り返る真波ですが、すぐ後ろに黒田の姿がありました。

真波は黒田がついてきたことに驚きを隠せません。

黒田は1年間レギュラーとして真波と一緒に練習してきたため、癖や動きは染みついていました。

自分に同じ手が2度通用すると思ったのかと真波に問いかける黒田。

 

黒田は小さい頃、お気に入りのボールを公園に忘れたことがありました。

遊びに夢中になって家に帰ってご飯を食べた後、親に言われて慌てて公園に取りに戻った時には、そこにはもうボールはありませんでした。

弱虫ペダル679話感想

箱根学園追い出しレースが再開しました。

黒田の本気の走りに真波も驚いていましたね。

ここから2人の勝負がどうなるのか楽しみです!

次回の弱虫ペダル680話が掲載される週刊少年チャンピオン18号は3月31日に発売されます。

弱虫ペダル680話ネタバレはこちら