夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦124話ネタバレ!凶一郎はつぼみの毒を喰らっていた!?

2022年4月4日発売の少年ジャンプ18号より、「夜桜さんちの大作戦」124話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

凶一郎の親友であり、スパイ協会の会長である出雲灰の元へ向かった太陽。

出雲は太陽に「万花繚乱」が凶一郎を救うと告げます。

そんな中、太陽の携帯に二刃から凶一郎を包囲したと連絡が入りました。

夜桜さんちの大作戦123話ネタバレはこちら

夜桜さんちの大作戦124話ネタバレ

二刃の現場データ、嫌五のプロファイリング、七悪のサンプリングなどを駆使して一家総出の捜索で、凶一郎を探し出した兄妹たち。

二刃は理由はあとでゆっくり聞いてやるので帰ろうと、凶一郎に向かって手を差し出します。

凶一郎は話すことはないと拒絶しますが、二刃は「帰るって言ったら帰るんだよ」と言いながら、彼に迫っていきました。

しかし凶一郎は鋼蜘蛛でバリアを作り、二刃の攻撃を防ぎます。

すると凶一郎の背後から複数の嫌五が体を拘束し、七悪が凶一郎の肩に注射器を刺しました。

それは凶一郎に唯一効くタチガレグモの筋弛緩剤です。

さらに七悪と嫌五が離れると、辛三と二刃が鬱金で凶一郎を閉じ込めます。

しかし凶一郎は鋼蜘蛛で鬱金を破壊しました。

思い出作りにちょうどいい、いい連携だと微笑む凶一郎。

そんな彼の体からは、黒い桜が浮かび上がっていました。

それを見た一同は驚きを隠せません。

すると七悪の手からも黒い桜が浮かび上がり、彼は素早くスパッと腕を切り落とします。

そして七悪が腕に注射を打つと、すぐに腕が再生しました。

切り落とされた七悪の腕は、どんどん黒い桜に浸食されて黒く変色し、やがて壊れて消えていきました。

それを見た一同は驚きます。

 

実は凶一郎は夜桜の当主と戦った時、毒を喰らっていました。

当主の体を砕いた時、つぼみの血が舞って彼の体に黒い桜が根を張ったのです。

ニノ前御前は旧い血と新しい血は反発し合い、宿った体を滅ぼし、逃げ道はないと凶一郎に告げます。

さらにその毒は草花のように広がり続け、凶一郎の家族も蝕み、つぼみから当主を守る者は一人も残らないのだというニノ前御前。

凶一郎はそれが企みならなぜ明かしたのかと問いかけましたが、ニノ前御前はニィッと笑いながら、知る必要はないと答えたのでした。

 

四怨は桜の花が増量するたびに凶一郎の容体が後退していくため、黒い桜が毒だと気づきます。

七悪は細胞破壊が早すぎて自分の免疫でも中和できなかったので、今の自分たちでは凶一郎を救えないと言いました。

凶一郎は兄妹たちのために、彼らを拒絶していたのです。

それでも二刃は行かせないと言いますが、凶一郎はすまんと謝りながら、誰も近寄らせないように鋼蜘蛛で岩を降らせて逃げ出そうとします。

しかしそんな彼の前に太陽が現れました。

太陽は凶一郎に、帰りましょうと告げるのでした。

夜桜さんちの大作戦124話感想

凶一郎は毒を喰らって兄妹たちを守るために拒絶していたようですね。

出雲は太陽の万花繚乱が凶一郎を救うと言っていましたが、果たして凶一郎を救えるのでしょうか?

次回の夜桜さんちの大作戦125話が掲載される週刊少年ジャンプ19号は4月11日に発売されます。

夜桜さんちの大作戦125話ネタバレはこちら