Dr.STONE

ドクターストーン230話ネタバレ!共益共存

2022年2月21日発売の少年ジャンプより、「ドクターストーン」230話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

ホワイマンは人類に永遠の幸福を与えたつもりだった。

しかし人類は次々に目覚めて勝手なことをやり始めた。

ホワイマンはそれを理解できず思う、ホワイと‥。

 

229話のネタバレはこちら

Dr.STONEドクターストーン230話のネタバレ!

生命が必ずいつか終わりを迎えるように、ホワイマンのその命には限りがあるのでした。

彼らにとって人間にとって必要な酸素は毒だったのです。

石化装置は酸素と結合することでサビてほろんでしまうのでした。

ホワイマンは人類の調査を行っていくうちにとあることがわかりました。

それはまだ人類が自分たちの存在にすら気づいていないと言うことです。

ホワイマンは電波を震わせることで人間たちに信号を送ってみることにしました。

そして再び地球は石化光線に包まれたのでした。

しかしまたしても人間は石から回復しようとしています。

千空たちが石化装置の真空パックを開こうとした時がありました。

その時に暴発したホワイマンの行動こそ人間たちに対するメッセージだったんです。

千空はホワイマンに対して怒っているようでした。

人間が何千年も動けなくなってしまったら肝心の科学は進歩していかないと言うことを伝えています。

ホワイマンはなぜ人類に対して不易なことをやるのかと問いかけました。

ホワイマンは月に建てられた星条旗を見て、人類はそれだけ知能の高い生物なのだと考えていました。

しかし人類が起きるまでに何千年もかかったので非常にがっかりしたのだと言っています。

千空はそれを聞いて確かに人類の科学は遅れていると言うことを認めました。

その上で千空はこれから解明していくことの楽しさを目を輝かせて説明するのでした。

千空はここでホワイマンと交渉のテーブルにつくことを決意します。

千空はその交渉の内容は地上にいる人たちにも聞かれたくないようで、通信を遮断するのでした。

 

 

 

 

Dr.STONEドクターストーン230話の感想

最終的にはホワイマンと人類が共益共存できるようにしていくというのがこの漫画のラストシーンなんでしょうか。

ドクターストーンが終わりと現在激戦区であるジャンプも、少し余裕が出てくるかなと言う気がします。

というかしゅごまるってギャグ枠で1年間ぐらい続くのかなと思ったら、普通にもう終わりそうになっててピンチだったんですね。