カッコウの許嫁

カッコウの許嫁【9話】最新話ネタバレ感想|一緒に朝活できるかな…?

こんにちは。2020年3月25日発売の週刊少年マガジン2020年17号より、カッコウの許嫁【9羽目】「一緒に朝活できるかな…?」を読みましたのでご紹介します。

8話では、エリカと同居生活を継続することになった凪のもとに荷物を運んできた幸は、そこで血のつながった実の姉であるエリカと対面しますが、お互いガチガチに緊張してろくに話せない始末。

しかしその仲を凪が取り持ち、一緒に料理や食事をすることで、ふたりは無事打ち解け合うことができたのでした。

カッコウの許嫁【9話】最新話ネタバレあらすじ

ひろに振られて間もない凪は、月曜の朝、学校に行くのを渋っていました。しかし何故かエリカは、とにかく行くべき、と有無を言わさず凪を学校へ送り出します。

許嫁がいるというひろの言葉を思い出し、それは許嫁から奪ってほしいという意味なのか、それとも関わってほしくないという意味なのか、悶々としながら登校する凪。

いつものように始業まで勉強するべく図書室に向かうと、そこには先に来たひろが待っていました。凪の行動を調べ、一緒に勉強するために来たというひろ。

それを聞き、やはり許嫁の存在をわざわざ明かしたのは、自分に奪ってほしいという意味なのだ、と凪はひとり合点します。

一緒に席につくも、勉強にまるで身が入らず、なんとか場をリードして会話を弾ませようと空回りする凪。しまいにはトイレに立とうとして、盛大にすっ転んでしまいます。

するとひろは、凪がまき散らした荷物の中にあった御朱印帳に、顕著な反応を見せます。それもそのはず、彼女はバイト代をつぎ込んで休日に全国を回るくらい、本格的な御朱印のコレクターなのでした。

負けず嫌いのひろは、集めた御朱印の数で張り合って、だいぶ勝っていると分かると得意げにしたり、今朝も自分の方が早く来た、などと追い打ちをかけたり、明日は負けないと応じつつも凪は、これからも一緒に朝活できるかなとのひろの言葉に、喜々として頷くのでした。

教室で始業を待ちながら、ひろとの間に思わぬ共通点を得たことを喜ぶ凪。登校前とは打って変わり、ひろとの関係の順調な進展を信じて疑いません。

しかしそのとき、教室に入ってきた先生が、突然の転校生を紹介します。

その転校生とはなんと他でもない、凪の許嫁にして同居相手でもあるエリカだったのでした。

➡「週刊少年マガジン2020年17号」を『試し読み』からいますぐチェック

カッコウの許嫁【9話】感想

生みの親に翻弄され、育ての親に翻弄され、好きな人にも翻弄され、許嫁にもまた翻弄される、凪くんはほんと忙しいですね

今回のことでひろとはぐっと距離が縮まったようにも思いますが、彼女の本当の胸の内は未だ分かりません。結局のところその一挙手一投足に、凪くんがひとりできりきり舞いしてるだけという話も……。

エリカもまた人を振り回すことには長けてますしねー。朝、凪くんを強硬に送り出したのは、前触れなく転校してきてびっくりさせるためだったわけですね。

ともあれ、ついに学校生活の場までエリカとクロスすることになり、いよいよ役者が揃ってきたなー、という感じです!

カッコウの許嫁【10話】考察予想

個人的には、ひろが許嫁の存在を明かしたことに隠れたメッセージを読み取るのは、単なる深読みなんじゃないかという気もするんですよね。

でもひろが凪のことをおもしろい存在、無視しがたい存在だと感じてるのは間違いないと思います。そこに凪にとってのプラス材料があるかどうか。

またエリカの転校の原因が、凪と同衾してる写真を間違えてアップしてしまったことだったというのも気になるところです。

スクショを撮られて通報された、ということなので、画像はその人の手元に残ってるんですよね。のちのち悪い材料にならなければいいですが……。許嫁だということは学校では絶対に秘密だというエリカの念押しも、どうにもフラグに思えてしまったり。

ただ、エリカとひろが直接接触しうる環境になったことで、今後ますます面白くなってくるのは間違いなさそうです。次回も非常に楽しみですね!

➡カッコウの許嫁【10話】へ

まとめ

2020年3月25日発売の週刊少年マガジン2020年17号より、カッコウの許嫁【9羽目】「一緒に朝活できるかな…?」をご紹介しました。

➡「週刊少年マガジン2020年17号」を『試し読み』からいますぐチェック