週刊少年マガジン

死神サイ殺ゲーム【3話】最新話ネタバレあらすじ確定&感想!

こんにちは。2019年12月25日発売の週刊少年マガジン4号・5号より、死神サイ殺ゲーム【3話】のネタバレ考察予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

2話では、萌香を助けた正心。しかし、萌香には死神のバッチが見えていました。サイコロを手にした者の説明をするものの封印の仕方を教えなかった萌香。

そして父親を助けるためと自分の寿命を知るために死神賭博に挑戦しようとして増常寺に向かうのでした。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

死神サイ殺ゲーム【3話】最新話ネタバレあらすじ

12月18日は合併号のためお休みですので、次回、週刊少年マガジンは12月25日発売まで楽しんでください。

死神サイ殺ゲーム【3話】能力の決め方について

今回の最後に次号で能力確定と大々的に載せています。能力の決め方ですが、各々がサイコロを振って決めるのもだと思います。

その証拠となるのが、増常寺に向かう正心とバッチの会話です。そこでは「引けって」と正心がバッチに話しかけるところがあります。この会話から、各々がサイコロを振って決めるという事がわかります。

また、バッチが推すな出目について説明をしているので死神ごとに得意な能力があるようです。果たして、それぞれどんな能力が当たるのか、とても楽しみです。

死神サイ殺ゲーム【3話】ルール説明

次回は能力確定のほかにルール説明もあると思います。賭けがお金から寿命になったこと以外は通常のルールと同じなのか、死神能力の使用ができるという事で何か特別なルールがあるのか気になります。

また、勝利条件は最終的に相手の寿命を多く取ったなのか、それても勝者以外の死亡なのか。さらに、漫画のジャンルがギャンブルの場合、本戦前によく予行演習がありますが、この作品でもあるのか。

死神の代打ちと寿命を賭けること以外不明点だらけなので、そこもわかるように展開が進むことを期待したいです。

死神サイ殺ゲーム【3話】正心がカモにされる

ギャンブルがテーマの漫画の場合、最初のゲームでは主人公がよく試合の最初のほうはカモにされる傾向があると思います。そのため、今回も正心はカモにされる可能性が高いと思います。

また、増常寺に集まっていた他の死神の様子から、契約者は何度か死神賭博をやっていそうな雰囲気です。

例えば島木のセリフから彼は何度かやっていそうな方のようですし、三条も同じような雰囲気です。さらに、山野内は正心と握手していますが、優しい人に限って主人公を裏切る傾向が強いと思うので、彼が強敵なのだと思います。

死神サイ殺ゲーム【3話】感想

発売後に記載します。

まとめ

2019年12月25日発売の週刊少年マガジン4号・5号より、死神サイ殺ゲーム【3話】のネタバレ考察予想についてまとめました。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む