そのモガリは熱を知らない

そのモガリは熱を知らない29話身元不明の子供のメッセージ

2022年2月10日発売のモーニングより、「そのモガリは熱を知らない」29話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

被害者が語ったのは犯人の利き腕。

逮捕された政治家は犯人の利き腕とは違っていた。

真犯人は被害者の相談にいつも乗っていたあの人だった。

 

そのモガリは熱を知らない 28話のネタバレはこちら

<h2>そのモガリは熱を知らない29話ネタバレ!</h2>

どうやら公園で誰かが倒れているのを発見されたようです。

勝間田教授は結局病院を辞めてしまったそうです。

おそらくはこうなることも本人は覚悟していたのでしょう。

そして次の教授はおそらく南先生がなるのではないかと言う見方が強かったのでした。

そんなことを話しているとランから電話がかかってきました。

被害者が発見されたのは朝の7時。

それは身元不明の子供だったのでした。

近くの児童相談所や近辺に聞き込みをしていますがいまだに身元がわからないそうです。

ランは真実を解明するためにまずは写真を撮っています。

身体的な特徴は5歳か6歳ですが、どうやら歯の並びを見たところこの子供は8歳のようでした。

いったいこの子供は自分で公園まで歩いてそのままなくなってしまったと言うことなのでしょうか。

被害者からはタバコの匂いもしていたので不衛生な環境に置かれていたと言うことが想像できました。

ランは冷静にメスを使って解剖していきます。

解剖の結果被害者の子供はすごくストレスに晒された環境で育ってきたと言うことがわかりました。

あまりにも酷たらしい状況ですが、こういう状況であっても医者と言うものは涙を見せてはいけないのです。

ただ真実を解明するためにひたすら解剖を続けていきます。

大方の解剖の結果やはり子供は公園で寒さのためになくなってしまったようです。

南先生も初めてのこういった解剖にさすがに肩を落としています。

 

 

<h2> そのモガリは熱を知らない29話の感想</h2>

これはやっぱり最近すごく問題になってあの事件をもとにしてますよね。

しかし現実の責任のなすりつけ合いと違い、やはり漫画作品なのですからどこかで決着をつけなければいけません。

こうやって取り上げると言う事ですから子供は何か事件に巻き込まれてなくなったのだと思います。

8歳の子供が公園でなくなっているのは尋常なことではありません。

そしてこんなテーマを漫画として取り扱いきることができるのか、作品の未来に関わってくると思います。