モーニング

リエゾン-こどものこころ診療所-77話ネタバレ!支援が必要な人を発見するにはどうしたらいいのか

2022年2月3日発売のモーニングより、「リエゾン-こどものこころ診療所-」77話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

身近に迫る産後うつ。

病状を把握して助けを必要としている人を見つけなければいけないのは医者の役目だ。

言葉で言うのは簡単だが果たしてそんなことができるのだろうか。

 

リエゾン-こどものこころ診療所-76話のネタバレはこちら

リエゾン-こどものこころ診療所-77話ネタバレ!

高穂さんの奥さんが佐山先生の診察を受けています。

圭吾が最近癇癪を起こすようになったことについて佐山先生に相談したようでした。

実は奥さんも旦那さんも体調がすぐれなかったり忙しかったりしてなかなか自分の息子の面倒を見る時間を取れないと言う事だったのです。

さらにふたりめの子供のほのかちゃんも生まれたばかりなので今まで以上に生活が窮屈になってしまうことが予想されていました。

佐山先生はその相談を受けて、お母さんのカウンセリングも同時にやっていったらどうだと言う意見を出しました。

高穂さんは家に帰ってノートパソコンでママ友と通話をしています。

子育てはなんだかんだでいろんなことがあって大変さがある事は重々わかっています。

それでもなんだかんだで子供のために母親は頑張れてしまうのだと言うことを友人は伝えたかったようです。

そんなたわいもない話をしながらその日の通話を終了しました。

しかし高穂の奥さんの目にはいつしか一筋の涙が流れていたのでした。

佐山先生たちは産後うつ病の発見についてのミーティングを交わしているようです。

この産後うつ病を発見するためにはエジンバラ産後うつ病質問票と言うものが用意されています。

しかしこれはあくまで自己申告、その精度は一体どこまで高いものなのでしょうか。

 

リエゾン-こどものこころ診療所-77話の感想

自分も常々思ってたんですけど、そういう心理的な状態に関するアンケートってどこまで通用するんだろうと考えてしまっていました。

自動車学校とかでも似たようなことあるから誰でも1度は経験したことあると思うんですけど、あれって必ずしも自分の本心を書く必要は無いですからね。

だからといって見栄を張って書くと、自分をよく見せる傾向があるとか書かれて返却されたりしてね。

じゃあどうかけって言うねん、とか思った人は少なからずいるんじゃないでしょうか。

ましてこういう病院で渡されたアンケートならなおさらそうです。

何か発見器みたいなものがあるといいんですけどそんなに単純なものでもないんでしょうか。