女神のカフェテラス

女神のカフェテラス61話ネタバレ!秋水が祖母と再会するも・・・

2022年6月8日発売の週刊少年マガジン28号掲載の「女神のカフェテラス」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

ファミリア全員で来た温泉地は、実は秋水の地元でした。

そして病気で自分のことを忘れてしまった祖母に会う決心がつかない秋水に、隼は自身の経験から言葉をかけました。

女神のカフェテラス60話ネタバレはこちら

女神のカフェテラス61話ネタバレ

昔のファミリアにて、若き日の隼の祖父は食器を割った秋水の祖母である勝代に「何をしている龍田二等兵・・・」と声をかけます。

転んじゃったと笑って誤魔化す勝代を叱る祖父。

そこへ隼の祖母がやってきて「勝代ちゃんのこと、よろしくお願いね。隼」と告げました。

 

それは隼の夢でした。

隼がそんな夢から目を覚ますと、昨日とは打って変わって元気な秋水の姿が。

隼は不思議に思いながら、朝ごはんに向かいます。

そして秋水はみんなの前で、祖母の勝代に会いに行くことを打ち明けました。

秋水は正義の味方は逃げちゃダメだと思う、絶対おばあちゃんを笑わせて自分のことを思い出させてみせると意気込みます。

隼は恵里に面会の予約を取っておいてくれと頼んだらしく、自分がついていくから駅で待っててもいいと桜花たちに伝えます。

しかし彼女たちも、家族なので一緒に行くと言い張りました。

 

その後、一同は老人ホームを訪れました。

するとそこへ車椅子に乗った勝代と恵里がやってきました。

しかし秋水は思わず立ちすくんでしまいます。

桜花は心配して秋水の元へ行こうとしますが、隼は大人しく見てろと彼女を引き止めます。

恵里や介護士が、秋水が来てくれたと勝代に声をかけますが、勝代は何も反応せず、虚ろな目で秋水を見ていました。

それでも秋水は意を決して勝代の前に歩み寄り、おもちゃの眼鏡をかけて笑わせようとします。

しかし勝代は何の反応もしません。

それでもしつこく声をかける秋水。

恵里は今日はとりあえず顔を見せられただけでも良いと秋水をなだめますが、秋水はいつまでボケたふりしてるの!我慢しないで笑っていいんだよ!?と声を荒げ、勝代の肩を揺さぶりました。

すると勝代は秋水を突き飛ばしました。

秋水は驚きながら勝代を見つめます。

そんな彼女を無視する勝代。

その時、秋水は幼い頃、学校で先生に怒られたといじけて帰ってきたときに、勝代がいつもニコニコ笑っている秋水が大好きだと励ましてくれたことを思い出します。

そして秋水は、おばあちゃんが自分のことを忘れてしまったと泣き出しました。

白菊、流星、紅葉は悲しい顔で俯き、桜花はよく頑張ったねと秋水を抱きしめます。

そんな中、隼は夢の中で若い頃の祖母が、勝代のことをよろしくと言っていたことを思い出します。

すると隼はおもむろに勝代の前に立つと「・・・何をしている。龍田二等兵」と声をかけました。

そんな彼の言葉に、勝代は初めてピクっと反応します。

そして隼の祖父と隼の姿が重なり、明らかに動揺する勝代。

さらに隼が、孫の顔を忘れるとは何事だ!と叱ると、勝代はすみません隊長!と謝りました。

その光景を見た秋水はキョトンとするのでした。

女神のカフェテラス61話感想

祖母は完全に秋水のことを忘れていて、とても切なかったですね。

しかし隼の言葉で祖母が初めて反応を見せました。

果たして祖母は秋水のことを思い出すのでしょうか?

次回の女神のカフェテラス62話が掲載される週刊少年マガジン29号は6月15日に発売されます。

女神のカフェテラス62話ネタバレはこちら